債務整理のメリット・デメリット おまとめローンも同時に比較しました。

kaiketu債務整理は様々な方法があります。また、債務整理を行う前に検討したいのが「おまとめローン」などと呼ばれるローンの1本化です。

債務整理のメリットとデメリット。
そして、おまとめローンと債務整理はどちらが良いのかを比較し、どの手続が一番良いのかを探すことができるようにしました。
各債務整理の手続やおまとめローンなどの詳細内容を記載したサイト内のリンクも用意してありますから、借金で悩んでいるのであればこちらで解決してみてください。

それぞれの大まかな特徴

おまとめローンなどの借金の1本化 借金をまとめることによって、利息が低くなる可能性があり。また返済日の統一で楽になるが審査が厳しかったり、あまり利息が低くならない場合もある。また借金自体の減額にはならない。
任意整理 裁判所を介さず、債務整理を弁護士等の専門家と債権者、債務者と話し合い毎月の返済額などを調節してもらう方法。金利を再計算し見直す手続き。
特定調停 任意整理と似ているが、裁判所を通し、債務整理や和解交渉をする手続き。弁護士などの専門家に依頼をしないでもできるので費用がかからないが、手間はかなりかかる。
個人再生 持ち家がある場合、残したまま借金の減額ができる方法。原則的に借金は5分の1程度まで減額され、3年から5年程度で返済が可能な場合できる手続き。弁護士などの専門家に依頼して手続きを行います。
自己破産 借金が0円になり、新しいスタートをきることができる手続き。弁護士などの専門家の力をかり殆どの借金をなくします。手続きをすることによってマイホームや自動車を手放す必要があります。

メリット

おまとめローンなどの借金の1本化 金利の負担が軽くなり、返済日もまとまることで返済が楽になる。また、難しい手続もなく、申込みするだけで良い。個人信用情報にも傷がつかず利用ができる。
任意整理 これまでの未払いの金利や将来の遅延損害金がカットされます。裁判所を通さず行え、全ての借金ではなく一部の借金のみを任意整理する方法など自由度が高い。
特定調停 専門知識がなくても気軽にできる手続きで、弁護士費用などがかからず簡単にできる。裁判所を介して行い、間に裁判所の人間(調停委員)が入ってくれるので債権者との直接的なやりとりもなく手続を完了できます。
個人再生 マイホームを守りながら、借金の大幅な減額が可能です。同居している家族にも迷惑をかけることなく手続ができ、資格の停止等の制限もないまま借金が5分の1程度まで減額できます。
自己破産 税金や国民健康保険料の除く全ての借金が0円になります。取立てなどからも解放され、新たなスタートをきることができ、弁護士などの専門家の力を借りながら、手続を行うことができます。

デメリット

おまとめローン等の借金の1本化 金利負担分しか借金の軽減にならないので、返済は続く。また商品選びを間違えると月々の負担額は減るものの、総額的に膨大な金利負担がかかる場合も。審査も厳しく、追加の借り入れができないなどがある。
任意整理 取引開始時までにさかのぼり、利息制限法の上限金利である15%~20%に金利を引き下げて再計算する方法なので利息制限法内での借り入れの場合は減額されない可能性も。今後の借り入れは5年間程度不可。また任意整理に応じる業者は減ってきています。
特定調停 裁判所が平日のみしか手続ができないので仕事をしながらの手続きは難しく、時間もかかる。今後の借り入れは5年間程度不可。また裁判所が必ずしも自分の見方をしてくれるかどうかは不明(債権者と債務者の中立の立場のため)調停成立後、返済ができなくなると給料を差押等の強制執行手続きになる場合も。
個人再生 債務整理の中でも手間も時間も一番かかる方法。今後の借り入れは5年~10年程度不可。マイホームは残すことができるが自動車は引き上げの対象になる場合もあるので注意が必要。素人では手続きが難しいので弁護士などに依頼、費用もかかります。
自己破産 警備員や保険の外交等の一定の職業に破産が終了するまでは就くことができなくなりますし、マイホーム・マイカーは手放す必要があります。裁判所の許可がない限り長期の旅行や引っ越しも不可。郵便物は破産管財人に管理され、郵便物を管財人は開封する権限があります。信用情報にも記録され、今後の借り入れは10年程度不可。

債務整理の比較表

おまとめローン等の借金の1本化 任意整理 特定調停 個人再生 自己破産
借金をなかったコトにする × 金利負担の減額 × 金利負担の減額 × 金利負担の減額 △ 5分の1程度までの減額 ○ 税金・国民健康保険料以外の借金は0円になる
財産の手放し × × × △ 持家の維持は可能。その他自動車等は原則的に不可 ○ 持家、車、高価な家具・家電などは差押。生活に必要なもののみ手元に残せる
裁判所での手続き × ×
引っ越し旅行の自由 × × × × ○ 裁判所の許可がない限り海外旅行や長期の旅行、引っ越しはできません。
ブラックリストへの記載(事故登録) × ○ 5年程度残る ○ 5年程度残る ○ 5年~7年程度残る ○ 10年程度残る
会社に内緒で手続きが可能 ○ 退職金計算書の原本(会社発行の書類)が必要だが、退職金規程と陳述書で代用可) ○ 退職金計算書の原本(会社発行の書類)が必要だが、退職金規程と陳述書で代用可)
弁護士などの専門家の力が必要 × ○ 費用目安・・・1社につき2~4万円 × ○ 費用目安・・・30万円~60万円 ○ 費用目安・・・15万円~50万円
資格制限の職業へ就ける × 警備員・保険の外交員、弁護士、不動産鑑定士、公認会計士 等

おまとめローンお役立ちリンク集(サイト内リンク)

借金が数社から借入して400万円近くあります。おまとめローンか債務整理か・・・
全部で3社から借り入れしていて、おまとめローンの方がお得か?
アイフルのキャッシング・ローン以外の商品の紹介(おまとめローンや気軽に使える少額融資カードローンなど)
プロミス(おまとめローン・自営者カードローン・目的ローン)の商品詳細と解説
東京スター銀行 おまとめローン・のりかえローンの商品内容とメリット・デメリット
東京スター銀行のおまとめローン 商品内容を解説

債務整理お役立ちリンク集(サイト内リンク)

債務整理に必要な書類 特定調停・任意整理・個人再生・自己破産 別に紹介
CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~債務整理の概要と任意整理編~
CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~特定調停編~
CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~個人再生編~
CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~自己破産編~

ka-doixtupai

債務整理やおまとめローンは借金で困っていたり、返済で立ちゆかなくなってきた場合の方法です。なので、自分自身で情報を収集して調べることはとても良いことです。
それなりの知識も付きますし、返済への意識も高まります。

しかし、あくまでも情報だけであって、自分自身が動かなければ具体的な解決策でないことは忘れてはいけません。知識があっても、行動しないと何にもなりません。

借金の状態は十人十色。人それぞれです。
借金の金額も違えば収入も違いますし、家族構成や年齢、住んでいる場所に職業・・・様々です。ですから、借金問題の解決方法もそれぞれの異なって当たり前なのです。

ココに書いてあることはあくまでも情報であって具体的なあなたの生活にあった解決策でないので、なるべく多重債務問題の相談窓口等を利用し、自分の生活パターンや借金の状態などを全て話し、どうするべきかの道筋を教えてもらうことがオススメします。
もちろん、相談する前にどんな手続の方法があるかなど、調べ知る努力に価値はあるので、しっかり勉強もしましょう!

相談窓口の案内があるリンクはこちら↓
多重債務者ってどんなひと?陥るきっかけと解決策

あなたの借金問題を無料で解決します!
まずは、借金がどれだけ減るか、無料で今すぐ診断 ⇒ 診断スタート!

 

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。