多重債務者ってどんなひと?陥るきっかけと解決策 – キャッシングのマネカフェ

 

atamakakaeru

 

多重債務・・なんだかひとごとのような響きでしょうか。
直面したことのあるひとにとっては、今後の人生が見えなくなるほど、とても深刻な問題なのです。

 

多重債務は、本当にちょっとしたことから始まる誰にでも起こり得ることです。
そして、陥ってしまうとなかなか抜け出せないひとが多い問題です。

 

ここでは、多重債務について、できるだけ分かりやすく解説していきます。
決してひとごとではないことを知って、多重債務の原因や解決策について、一緒に理解を深めましょう。

 

 

多重債務者とは、複数の借金を抱え返済に困っているひとのことです。

 

複数の業者からお金を借りていて、返済が困難になっている状態を多重債務といい、多重債務に陥っているひとを多重債務者と呼びます。

 

多重債務者の多くは、下のような厳しい状況に置かれています。

 

◇借金の返済のための借入を繰り返し、借金がどんどん増えつづけています
◇正規の業者から借りられなくなって闇金手を出してしまうひともいます
◇返済に追われ、こころに余裕がなく冷静な判断ができなくなっています
誰にも相談できずに苦しんでいます
◇追い詰められて自殺を選んでしまうひともいます

 

 

およそ140万人が3社以上から借りています。

 

suuti

 

信用情報機関のひとつである日本信用情報機構が発表しているデータによると、貸金業者からお金を借りているひとは、およそ1,146万人います。そのうちの約140万人が3社以上の貸金業者から借り入れをしています。

3か月以上にわたって延滞しているひとは約386万人もいます。

 

貸金業者貸付残高 約7.4兆円
貸金業者利用者 約1,146万人
3社利用者 約95万人(一人当たり残高110.2万円)
4社利用者 約32万人(一人当たり残高140.7万円)
5社以上利用者 約13万人(一人当たり残高198.0万円)
3か月以上延滞者 約386万人

※株式会社日本信用情報機構 各種統計データより(平成27年9月末現在)

 

 

多重債務に陥るきっかけは身近にあります。

 

借りたお金を返せなくなるきっかけはどんなことがあるのでしょうか。
事例をいくつか見てみましょう。

 

◇勤務先の経営が悪化し給料が減ってしまい、一時的な不足をうめるために借り入れ。しかし、給料はいっこうに上がらず、支払いも厳しくなった。
こどもの遠足代のために借りてから、生活費のためにちょこちょこ借りるようになり、いつしか返済できないほどの金額になってしまった。
急なリストラに遭い、住宅ローンや学費に生活費が必要な状況なのに、妻は病気で働けない状態。あっという間に返済のために借入していた。
◇友人の連帯保証人になってしまった。絶対大丈夫と言われていたのに、友人は夜逃げ同然に消えてしまい、自らが借金をするはめになった。
◇社会人になって、新生活の準備付き合いにと、給料をあてにしてクレジットカードを使い過ぎた結果、キャッシングも利用するようになり、気付いたら多重債務になっていた。

 

ご覧のように、多重債務は一部の浪費家だけの話ではないのです。
きっかけは本当に身近に存在することを忘れてはいけませんね。

 

 

返済に困ったらすぐに相談。解決策は「債務整理」です。

 

tewoawaseru

 

借金の返済に困ったら、早に相談して解決しましょう。
多重債務を解決するための、法で守られた方法が「債務整理」です。

債務整理には、特定調停任意整理個人再生自己破産の4つの手続きがあります。

 

詳しくは、
CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~債務整理の概要と任意整理編~
CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~特定調停編~
CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~個人再生編~
『CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~自己破産編~』

を読んでみてくださいね。

 

どの方法でも、借金の請求を止めさせることができ、返済の負担を減らすことができます。
専門家に依頼しなくてもできる手続きもありますが、助けをかりたほうが精神的な負担は少なくて済みます。

 

 

多重債務問題の相談窓口

 

soudan

◇日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/

◇日本司法支援センター(法テラス)
http://www.houterasu.or.jp/

◇国民生活センター、消費生活センター
http://www.kokusen.go.jp/

◇日本クレジットカウンセリング協会
http://www.jcco.or.jp/

◇日本貸金業協会
http://www.j-fsa.or.jp/index.php

◇自治体の相談窓口

 

無料で相談にのってくれるところも数多くあります。誰にも相談できないと悩まずに、ぜひこのような機関を利用してくださいね。

あなたの借金問題を無料で解決します!
まずは、借金がどれだけ減るか、無料で今すぐ診断 ⇒ 診断スタート!