キャッシング用語解説!ブラックリストとは – キャッシングのマネカフェ

「ブラックリスト」とはいったいどういったリストなのでしょう?

聞くだけでなんだかとっても怖いイメージですよね。

訳ありの要注意人物の一覧?
ブラックリストに載っているとあらゆることが制約される?

こんなリストだと思っていませんか?

ここでは「ブラックリスト」の本当の姿をつぎのような項目に分けて解説していきたいと思います。

◇ブラックリストは存在するのか?
◇3つの信用情報機関
◇個人信用情報の中身を解説
◇事故情報はどのくらい残るの?
◇ブラックリストのウソ・ホント
◇事故情報を残さないために

これからカードローンの利用を考えているひと、カードローンを利用しているひとにぜひ読んでいただきたい内容です。

 

ブラックリストは存在するのか?

 

実は、いわゆる「ブラックリスト」という要注意人物の一覧表は存在しません

では何を指してブラックリストと呼んでいるのでしょうか?

世間一般に言われているブラックリストとは、個人信用情報に事故情報というマイナスの内容が登録されている状態のことです。

ローンを組んだり、クレジットカードを持ったりすると取引履歴が個人信用情報に登録されます。

長期間の延滞を繰り返したり、債務整理をしたといったようなマイナスの内容も登録されることになっていますので

事故情報が登録されている状態=ブラックリストに載っている

ということなのです。

ローンやクレジットカードなどの審査の段階で個人信用情報に事故情報が登録されていると、それだけで審査に落ちてしまうこともあります。

ブラックリストという一覧は存在しませんが、要注意人物という認識はあながち間違いではありません。

 

3つの信用情報機関

 

個人信用情報は信用情報機関という組織が管理しています。

ローンやクレジットカードの申し込みがあると、金融機関は信用情報機関へ申込情報を登録します。審査の段階では申込者の個人信用情報を照会して判断材料にします。

 

sinyoujoho_riyourei

 

これは申し込み時の例ですが、こんな風にして金融機関と信用情報機関は個人信用情報を提供しあっています。

また、信用情報機関は3つありそれぞれが持っている情報は共有されています。

sinyojoho_kikan

 

個人信用情報の中身を解説

 

個人信用情報には、「個人を識別するための情報」と「取引内容に関する情報」が登録されています。

個人を識別するための情報というのは

・氏名
・生年月日
・性別
・住所
・電話番号
・勤務先
・運転免許証等の記号番号

などです。

取引内容に関する情報は、金融機関へ申し込んでから契約を解除するまでの履歴です。カードローンの利用シーンに沿って登録される主な項目を挙げてみました。

申し込み
申し込みをしたという事実が登録されます。たとえ審査に落ちてしまっても記録は残ります。
・申込日
・申込商品(どのローンやクレジットカードか)

契約
契約手続きを終えると契約内容が登録されます。
・契約日
・契約商品
・契約金額(利用限度額)

借り入れ
・借入日
・借入金額

返済
・返済日
・返済予定日
・残高
・完済日

延滞
2~3ヶ月支払いが遅れると延滞情報が登録されます。実際にどのくらいで登録されるかは各金融機関の判断ですので、延滞を繰り返すような場合はすぐに登録されることもあるようです。
・延滞の状況
・延滞発生日
・延滞解消日
※ローンやクレジットカードだけではなく公共料金やスマホ代金などの支払いも含まれますので気を付けましょう。

強制解約
金融機関側から強制的に契約解除された場合に登録されます。
・強制解約の事実

債務整理
債務整理というのは借金の負担を減らすための手続きのことで、任意整理、自己破産、個人再生などがあります。債務整理を行った場合にその事実が登録されます。
・債務整理の事実

 

 

事故情報はどのくらい残るの?

 

個人信用情報で事故情報として扱われるのは、延滞、強制解約、債務整理の情報です。
事故情報がどのくらいの期間、残るのかを一覧にまとめました。

事故情報 登録期間
延滞 延滞が解消されてから最長5年間
強制解約 強制解約の発生日から最長5年間
債務整理 最長5年間(自己破産、個人再生は最長10年間)

 

参考までに、通常の取引履歴についてもどのくらいの期間記録が残るのかを調べてみました。
申し込みについては最長6ヶ月間、その他の履歴については契約終了から最長5年間です。完済してもカードローンの契約自体を解約しないとずっと残ることになりますので気を付けましょう。

 

ブラックリストのウソ・ホント

 

その1.ブラックリストに載ると一生お金を借りられない

batu個人信用情報の事故情報は最長でも10年間で削除されます。また、事故情報があるからといって絶対にお金を借りられないというわけではありません。最終的には各金融機関の判断となります。

 

 

その2.家族がブラックリストに載っているとローンが組めない

3kaku個人信用情報はあくまで個人のものですので家族とは関係がありません。ただし事故情報があるひとが保証人になる場合は審査に通らない可能性もあります。

 

 

その3.ブラックリストに載ったら就職できない・選挙権がない

batu全くそんなことはありません。一般の企業が採用活動のために信用情報を照会することはできません。選挙の投票はがきも届きます。

 

 

その4.お金を払えばブラックリストが消える

batu明らかに間違いで事故情報が登録されてしまった場合は削除請求をするができますが、お金を支払ったからといって消すことはできません。「〇〇円でブラックリストを消します」といった詐欺もありますので気を付けましょう。

 

 

その5.スマホ代の延滞でブラックリストに載る

maruスマートフォンの機種代金を分割払いにしていて毎月の支払いが遅れたというようなケースでも事故情報が登録されることがあります。公共料金の支払いなども同様です。

 

 

事故情報を残さないために

 

個人信用情報に事故情報があるとローンやクレジットカードの審査に通るのが難しくなります。

事故情報を残さないためにも、無理な借り入れはしない毎月の支払い期日をしっかり守りましょう

借金をしたことは胸を張れることではありません。利用履歴を一生残さないためにも利用しなくなったカードローンは解約しておくといいですね。