今さら聞けない!!「以下」「以上」「未満」「超える」の違い

hazukashi

金融商品を見ていると「300万円以下」とか「300万円を超えた場合」「35日未満」など「以下」や「以上」「超」などの表現があります。

300万円以下って300万円は含むの含まないの?なんて今更誰にも聞けない疑問にお応えします。

「以下」について。

以下はその数字を含んで下です。

つまり300万円以下は0万円から300万円までです。

「以上」について。

以上も以下とどうようにその数字を含んでで上です。

つまり、300万円以上は300万円を含む上の金額となります。

「未満」について。

未満はその数字を含みません。

つまり、300万円未満は0万円から299,999円までです。

「超える」について。

超えるも未満同様にその数字を含みません。

つまり、300万円を超えた最少の金額は300,001円です。

まとめ

「以下」「以上」はその数字を含む。
「未満」「超える」はその数字を含まない。

これを機会に、もう一度覚えなおして頭に入れておくようにしましょう!!

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。