上京してすぐ学生ローンで借りることになったときの話。そして今思うこと。

daigaku

 

今回は、上京してすぐ学生ローンで借金をすることになった大学生の体験談をご紹介します。

何のためのお金が必要だったのか?初めて借りたときの気持ちや完済した方法、卒業後の今についても語っていただきました。

huku体験者 福野 豪(仮名)
年齢  19歳(当時)
職業  学生
借入先 学生ローン
借入額 合計50万円

 

 

女の子と待ち合わせしたら知らない男性が来た

 

cafe

上京して間もない頃の話です。渋谷の街を歩いていた自分に声をかけてきた女の子がいました。

「すみません、東京に出てきたばかりで・・」

どうやら待ち合わせの店が分からなくて困っている様子。自分も渋谷の道なんて全然知らないくせに、彼女が可愛かったので一緒に探すことにしました。しばらくして店が見つかり、あ~もうちょっと話したかったなと思っていたら、なんと

「連絡先を教えてもらえませんか?」

彼女の方から聞いてくれて、驚きながらも喜んで連絡先を交換しました。

それからメールや電話で連絡を取り合い、数週間後、ついに会う約束を取り付けました。このときの自分は、思い出すと恥ずかしいくらい浮かれまくっていましたね。

約束の日、待ち合わせ場所へ行くと彼女のとなりには男のひとが座っていました。

ん?いったいあの男性は誰なんだ?!

 

自己啓発セミナーの勧誘が目的だった

 

memo

「こちらはTさん。福野さんにお話を聞いてほしくて来てもらったの。」

全く状況がのみ込めないままTさんと彼女のペースに流され、気付けば1時間も話を聞いていました。

自分は変えられる、自分を変えて可能性を切り開こう、そしてステキな人生を送ろうという内容で、そのためにセミナーを受けてみないか?ということでした。

いつの間にか2人の話に魅了されていた自分は、セミナーを受けてみたいと思うようになっていました。

しかし、参加費が10万円という高額。そんな大金は払えません。

「すみません。残念ですが、費用を用意できないので参加できそうにありません。」と断りました。

 

学生ローンでセミナー費用を借りる

 

mansatu

「大丈夫よ。学生ローンで借してもらえるから。私も使っているし。」

彼女も使っているならと、すぐに学生ローンに一緒に行って10万円を借り、セミナーに申込みました。

自分ひとりだったら借金してまでセミナーを受けたりしなかったと思います。彼女も同じように利用していることで安心感がありましたし、断って彼女との連絡が途切れるのが嫌だったのもありました。

学生ローンの借入自体は、難しいことはなくすんなり借りることができました。借金ってこんなに簡単にできちゃうんだとびっくりしたくらいです。

 

セミナー参加のために借金を重ねる

 

kaigisitu

自己啓発セミナーは、ひとことでいうなら「とても楽しかった」です。今までにない自分を感じることができ、セミナーの後はとてもすがすがしい気持ちになっていました。

やる気に満ち溢れていた自分は、連日バイトに励み、学生ローンの借金は3ヵ月で完済することができました。

そしてある日、彼女から連絡があり「今度、2泊3日のセミナーがあるんだけど一緒に参加しない?」と、再びセミナーの勧誘を受けたのです。

今回は、参加費が18万円と高額だったのですが、またバイトすれば返せるだろうと軽い気持ちで参加を決め、学生ローンで借金を重ねることとなりました。

セミナーは、毎回、人生に良い影響を与えてもらえた(気がしていた)ので、その後も何回か参加し、結局、在学中に合計50万円程の借金をしました。

 

卒業後の今は・・?

 

学生ローンで作った50万円の借金は、就職して最初のボーナスで完済しました。

最初に借りた10万円と同じようにすぐに返せるだろうと思っていたんですが、セミナー効果は次第に薄れていき、在学中に返すことができなかったのです。

今は就職して普通に働いていますが、実は、また借金をしてしまいました。

学生ローンで借りたことで、借金に対するハードルが低くなり、癖になってしまったのかもしれません。足りなければ借りればいいんだという、こころの声を抑えることができません。

借金をしてまでセミナーに参加するもんじゃないということが、やっと今になって分かった感じですね。