保証会社ってどんな会社なの?その役割を解説しちゃいます。

hatenasora

 

銀行のカードローンの商品説明のなかに「当行指定の保証会社の保証を受けられる方」というような文言を見かけたことはありませんか。

これはイメージですがこのような感じで書かれているかと思います。

syohinsetumei_img

 

保証会社って何?
わたしは保証会社の保証を受けられるの?

初めて利用する方にとって「保証会社の保証を受けられる」というのはどういう意味なのかよく分かりません。もしかしたらカードローンを利用中の方でもあまり理解していないかもしれません。
気にかけなければずっと知らないままになってしまいそうなことですが、銀行のカードローンを検討しているのならぜひ知っておいていただきたいと思います。

ここでは、保証会社とはいったいどんな会社なのか、その役割について分かりやすく解説していきたいと思います。

 

カードローンに保証人はいりません

hanko_natsuin
かつては、借金をするときには必ずといっていいほど保証人を立てなければなりませんでした。借りたひとが返済できなくなったときには保証人が代わりに返済していくことになります。

しかし、現在では保証人が不要な場合が増えています。
特にカードローンについては、保証人を立てる必要はありません。(ただしごくまれに保証人を求められるケースもあるようです。)

保証人を頼むのは近しい間柄でも言いにくいものですから、保証人が要らないというのは助かりますね。

 

保証会社の役割とは?

 

保証人を立てないのは借りやすくなっていいのですが、もしも返済できなくなったときはどうなるのでしょうか。

ここで登場するのが保証会社です。
保証会社は、契約者の返済が滞ったときに代わりに返済します。一般的には3~6ヶ月ほど延滞が続くと保証会社が返済し、その後、契約者は立て替えてもらった分を保証会社に返済していくことになります。

保証会社があなたの保証人になってくれるということですね。
もちろん保証料を支払うことになりますが、金利に含まれていますので別途支払いを求められることはありません。

 

保証会社の保証を受けられる=保証会社の審査に通る

 

okanenouenitatuhito

 

保証会社のもう一つの役割に、審査があります。
そのひとがきちんと返済できるひとかどうかを見極めて、保証を引き受けるかどうかを判断します。保証会社がこのひとは保証できないというジャッジを下したら借りることはできません。

つまり、銀行のカードローンでお金を借りるためには、「銀行の審査」と「保証会社の審査」の両方に通る必要があるのです。

銀行の審査が厳しいといわれるのはこういったことも関係しているのですね。
ダブルの信頼性によって、低い金利を実現していると言うこともできるでしょう。

審査が厳しいからといって銀行のカードローンを選択肢からはずしてしまうのはもったいないくらい、銀行の低い金利は魅力的です。
また、銀行なら総量規制を受けないので、年収の3分の1を超える金額を借りることもできます。

高額な資金を借りる必要があったり、長期間に渡って返済していくことを考えているのなら、ぜひ銀行のカードローンも検討しましょう。

 

保証会社は消費者金融や信販会社

 

主な銀行カードローンの保証会社を一覧にしました。

 

カードローン 保証会社
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
アコム株式会社
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
りそな銀行
りそなプレミアムカードローン
オリックスクレジット株式会社
オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
住信SBIネット銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
楽天銀行スーパーローン 楽天カード株式会社または株式会社セディナ
じぶん銀行カードローン(じぶんローン) アコム株式会社
イオン銀行カードローンBIG イオンクレジットサービス株式会社またはオリックスクレジット株式会社
セブン銀行ローンサービス アコム株式会社

 

SMBCコンシューマーファイナンスはプロミスなどを展開している会社ですし、その他を見ても消費者金融や信販会社が保証会社として銀行と提携していることが分かります。

長年に渡って蓄積してきた審査や債務管理のノウハウを提供し、保証会社としての役割を果たしているという関係が築かれているのですね。

 

tewoawaseru