ドロップシッピング詐欺とは?被害に遭わないための対処法

 

ドロップシッピングとは?

 

pcjosei

ドロップシッピング(Drop Shipping=直送)は、ネットショップ自体は商品在庫を持たず、注文を受けてから発注し、メーカーや卸売業者が発送を行う販売形態のことをいいます。

通常ですと、販売者が仕入れを行い、注文を受けて商品を発送するので、商品が売れるまでの間の在庫管理が必要ですし、売れなければ販売者の赤字となります。

一方、ドロップシッピングは、仕入れ、在庫管理、発送の手間がなく、リスクも少ないということで、2006年くらいから日本でも広く知られてきています。

現在は、ドロップシッピングサービスを提供する仲介業者(ドロップシッピング業者)を利用して、ドロップシッピングを行うのが一般的です。

ドロップシッピング業者は、多くのメーカーや卸売業者と契約を結び、商品の情報を販売者に提供します。販売者は、その中から取り扱う商品を選び、販売価格を決めてネットショップで販売すればいいのです。

ネットショップの作成や販売サポートを行っているドロップシッピング業者もいて、販売者にとってはとても便利なシステムといえますね。

 

 

ドロップシッピング詐欺の手口

 

satutaba

ドロップシッピング業者のなかには、高額な登録料やサイト作成費、SEO対策費(検索サイトの上の方に表示し、より多くアクセスしてもらうようにすること)、運用費などを騙し取ろうとするものがいます

2012年には、数百人から計7億円も集めたとみられる詐欺事件が報告されています。

「誰でも簡単にネットショップが開け、必ず儲けられる」
「サイト制作から仕入れ、在庫管理、発送まで、すべてこちらが行うので、あなたは何もする必要がない」
「登録料を払っても2ヶ月で元が取れるから心配いらない」
「1日1時間作業すれば、月収10万円」

などと偽って、お金を払わせるのが典型的な手口です。

手の込んだ業者だと、説明会を開いたり、実際に成功したネットショップを紹介したり、無料お試しコースを用意して儲かる体験させるようなことまでしているようです。

しかし、契約してみたら、売れそうな商品がほとんどない、まったく売れない、注文が入っても在庫がなくてキャンセルせざるを得なかったなど、結局、払った分は取り返せないケースが少なくありません。

 

被害に遭わないためには?

ドロップシッピング詐欺に遭わないために、どんなことができるのでしょうか?

 

<信頼できる業者を選ぶ

yotubahart

詐欺事件などがマスコミで取りざたされたことにより、悪質な業者などは減ってきてはいますが、業者選びは慎重にしましょう。

会員数が多く人気のあるところは安心して利用できるところがほとんどですので、そういった基準で選ぶといいかもしれません。

また、会員登録をする前に、業者の名前をインターネットで検索し、評判を確かめておくのも大切です。

その会社自体の情報すらなかなか見つけられないような場合は、疑ってかかりましょう。

 

うたい文句につられない

誰でも簡単」「必ず儲かる」といったおいしい話は信用しないようにしましょう。

楽して簡単に儲けられる方法はありません。

ドロップシッピングである程度儲けをだそうとしたら、人並み以上の努力や研究が必要だということを忘れないでください。

ドロップシッピング業者のサポートを受けられるにしても、ある程度の知識は自分で身につけておくくらいでないと成功しません。

 

高額な費用がかかるものは詐欺だと思う

utagauonnanoko
しっかりとした業者は、初期費用を必要としません。
かかるとしても数千円程度の初期費用や、月数百円の費用です。

数十万円も費用がかかるような業者は、普通ではありません。

詐欺と言い切ることはできませんが、詐欺だと思って避けておいたほうが賢明です。