大手消費者金融から借りるハズだったのに詐欺に遭った – キャッシングのマネカフェ

 

法律に反する高い金利で貸し付けを行う“ヤミ金”と呼ばれる悪徳業者がいることは、ご存知ですよね。(ご存知でない方はこちらをお読みください。)

 

ヤミ金にひっかからないために、広く名が知れている大手キャッシング会社のなかから業者選びをするひとも多いのではないでしょうか。

 

しかし、大手キャッシング会社から借りるハズだったのに詐欺に遭ってしまったという事例が発生しています。

ここでは、そんな事例を体験談形式でご紹介していきたいと思います。

 

 

ファッションとエステ費用をキャッシング

 

kamibukuro

 

初めてキャッシングを利用したのは、25歳のときでした。

 

仕事に余裕ができ、そろそろ彼氏がほしいな~と思うようになったわたしは、洋服やバッグを最新の流行に合わせて買うようになりました。
もっときれいに見られたいと、エステにも通い始めました。

そうなると、必然的に給料だけではお金が足りなくなります。

 

通勤電車のなかでふと目に留まった大手消費者金融の広告・・これだ!
そしてA社のキャッシングに手を出したのです。

 

給料日までにお金が足りなくなると数万円借りて、給料が出たら完済するという感じで3年程利用していました。ときには残高が10万円以上になることもありましたが、ボーナスで一括返済するようにしていましたので、返済に困ることはありませんでした。

 

 

結婚し専業主婦に。借りられるところがない!?

 

sentakubasami

 

間もなく彼氏ができ、29歳で結婚しました。

 

結婚を機に会社を辞めて専業主婦になったために自由になるお金がなくなり、次第にストレスが貯まっていきました

 

そこで再び消費者金融から借りようと申し込んだのですが、専業主婦は貸してもらえないとの回答・・。

 

収入がない専業主婦は、お金を借りられないんだ!と、そのとき初めて知りました。

※貸金業者(消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど)は、収入がないひとへの貸し付けが認められていません。銀行、信金などでは、専業主婦も対象としたカードローンを扱っているところもあります。

 

 

専業主婦OKと書かれたダイレクトメールがA社(?)から届く

 

yubinuke

 

そんなある日、A社からのダイレクトメールが届きました。

シール式のハガキになっていて、開いてみると“専業主婦の方もご相談ください”と書かれていたのです。しかも、5%~13.5%と金利も低く、電話1本で借りられるとのこと。

 

かつて利用していたA社で信用できるし、金利も低いから旦那に内緒でも返済に困ることはないだろうと思い、すぐに電話をかけました。

 

「専業主婦なんですが、借りられますか?」と最初に確認し、「大丈夫ですよ。」と即答されたのでほっとしたのを覚えています。

そのあと、契約内容などについて丁寧な説明があり、こちらが家族に知られないようしたいといえば、アドバイスをくれたりしました。

 

そして、最後の最後に、契約手数料として3万円を振り込むよう言われたのです。

そこでアレ?と思ったのですが、それまですっかり信用しきっていましたし、「専業主婦の方は手続きが複雑なので」とのことで納得して振り込んでしまいました。

 

結局のところ、A社だと思っていた相手はまったく別の業者で、手数料3万円を騙し取られてしまったのでした。

 

 

本物っぽいダイレクトメールに騙されないで!

 

自宅に届いたダイレクトメールには、大きくA社のロゴが載っていました。
シール式のハガキということも本物っぽく感じさせたのだと思います。

 

よくよく確認してみたら、A社とよく似た別の社名が記載されていました。

 

詐欺業者のなかには、まさかと思うような手の込んだダイレクトメールを送る業者もいます。

『大手なら安心』という気持ちにつけ込まれないよう、十分注意しないといけないと思い知らされました。

 

今思うのは、3万円で良かった・・ということです。

 

※日本貸金業協会のホームページに、注意が必要なダイレクトメールの実例が公開されています。参考にしてみてください。
http://www.j-fsa.or.jp/personal/damage/example.php