キャッシング用語解説!申し込みブラックとは

kaisetu_dansei

 

「申し込みブラック」ということばをご存知ですか?

インターネットなどでキャッシングやクレジットカードの審査について調べてみると目にすることがあるかもしれません。

ここでは「申し込みブラック」とはどういうことをいうのかを分かりやすく解説していきたいと思います。

 

そもそも「ブラック」とは?

 

申し込みブラックについてお話しする前に「ブラック」ということばについて理解しておく必要があります。

ここでいうブラックというのはいわゆるブラックリストのことです。

しかし、実はブラックリストという一覧は存在せず、個人信用情報に事故情報(長期間の延滞・強制解約・債務整理などをした情報)が登録された状態のことを指しています。

 

審査における個人信用情報の役割

 

キャッシングやクレジットカードに申し込みをすると審査があります。

審査では、あなたの返済能力がどのくらいあるのか?きちんと返済してくれそうか?を様々な情報を元に判断しています。

 

<一般的な審査の流れ>

申告内容の項目を点数付け
   ↓
個人信用情報の照会
   ↓
勤務先へ在籍確認
   ↓
本人確認書類の確認

 

審査で照会される個人信用情報には、氏名、生年月日、住所、連絡先などの個人を特定する情報と、ローンやクレジットカードの利用実績が登録されていて、あなた返済能力やお金に対する性格を見てとることができるのです。

もしも個人信用情報に事故情報が登録されていたら審査にマイナスに働いてしまいます

 

申し込みブラックの正体は!?

 

ここまで読んでいただいた方には「ブラック」ということばをご理解いただけたかと思いますので、あと「申し込みブラック」の解説は簡単です。

個人信用情報に登録されるローンやクレジットカードの利用実績には次のようなものがあります。

・申し込み内容
・契約内容
・支払い状況
・遅延情報
・強制解約の事実
・債務整理の事実

申し込み内容も登録されることに注目してください。 あなたが申し込みをした情報は、たとえ審査に落ちてもすぐに削除されることはありません。

gironsuruhito

信用情報に複数の申し込み情報が残っていると
「この人は何かまずい事情があるんじゃないか?」
「他社がNGなのにOKとして大丈夫か?」
審査が慎重になり、より通りにくくなってしまいます

 

審査に落ちたからといって立て続けに申し込みをしたり、どこかしら通るだろうとたくさんの会社へ同時に申し込んだりすると、
申し込み情報がいわゆるブラック状態を生み出してしうまうのです。

これが「申し込みブラック」です。

 

何社までならセーフなのか?

 

1社目に落ちたからといって絶対に2社目の申し込みをしてはいけないかというとそうではありません。

どうしてもお金が必要な状況もあるでしょう。
その場合は、申込先をよく検討して申し込んでください。

2社なら問題ないという意見や、3社までなら大丈夫という人もいますが、どちらも確実なものではありません。

 

すぐに借り入れしたいという事情がないのならしばらく期間を置くほうがベターです。

延滞や債務整理の情報が5年から10年の間登録されるのに対し、申し込み情報は最長6か月ですのでできれば半年以上は待つことをおすすめします。