主婦もお金を借りたい!主婦でも借りれるキャッシング – キャッシングのマネカフェ

karanosaihu

主婦もお金を借りたい!

やりくりが上手な主婦でも、予想外の急な出費に対応できないこともありますよね。給料日前はどこの家庭もあまり余裕がないものです。

そんなときに頭に浮かぶのがキャッシングやカードローンです。

しかし、2010年の法改正の影響で、それ以前に比べると主婦がお金を借りづらくなったという話も耳にします。

そこで、主婦でも借りられるキャッシングやカードローンについて調査しました。

借りづらくなったと言われるのはどうしてなの?
私が借りられるところはある?
主婦が気を付けなきゃいけないことは?

主婦のみなさんが気になっている内容が書かれていますので、ぜひ参考にしてみてください。

主婦をとりまくキャッシングの状況

saraarai

2010年に貸金業法が改正され、貸金業者からは年収の3分の1までしか借りられないという“総量規制”が設けられました。

これによって消費者金融やクレジットカードを使ったキャッシングでの借入が制限されるようになりました。

例えば、年収300万円のひとは100万円までしか借りることができません。
もし既にA社から40万円借りていたら、新たにB社から借りられるのは60万円までということになります。

それまでは、専業主婦でも業者がOKと判断すればお金を借りられていたのに、この改正が施行されたために、収入がないひとは借りられなくなってしまったのです。

あなたはどんな主婦? 専業or収入あり

総量規制が設けられたせいで専業主婦はどこからもお金を借りられなくなってしまったの?

と思われたかもしれませんね。でも、そんなことはありません。

総量規制には、専業主婦(主夫)は配偶者の年収の3分の1までの借入ができるという例外があります。この例外を適用した貸し付けを「配偶者貸付」といいます。

例えば、夫の年収300万円、妻の年収0円の場合、2人とも借入がなく、夫婦であることを証明できれば、妻に収入がなくても100万円まで借りることができます。(もしも、既に夫に100万円の借入があったら借りることができません。)

また、総量規制を定めた貸金業法の対象は、消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどです。
銀行は対象となっていないため、銀行のカードローンのなかには専業主婦でも借りられるものがあります

収入のない専業主婦がお金を借りるには、「配偶者貸付」か「銀行のカードローン」を利用しましょう。

一方、パートなどに働きに出ていて安定した収入がある主婦は、年収の3分の1までの制限はありますが消費者金融、クレジットカードのキャッシングも利用することができます。

収入のない専業主婦が借りるなら

配偶者貸付

配偶者貸付を利用するには、本人確認書類以外に次のような書類を提出します。

◆配偶者の同意書
◆婚姻関係を示す書類(住民票や戸籍抄本、事実婚は未届の配偶者と記載があるもの)
◆配偶者の年収を証明する書類(一定金額以上の借入の場合)

huuhu提出書類が多く手続きに手間がかかり、業者側としても業務が煩雑になることもあり、配偶者貸付を行っている業者はあまりありません
残念ながら、テレビCMを流しているような大手消費者金融では対応していません。

クレジットカードのセディナや、中小規模の消費者金融であるエレガンス、ベルーナノーティス、レディースフタバは、配偶者貸付を行っている数少ない業者です。

銀行のカードローン

総量規制の対象外となっている銀行では、専業主婦も申込みができるカードローンを取り扱っています。

銀行 商品名 金利 限度額
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 1000万円
(専業主婦は30万円)
新生銀行 レイク 4.5~18.0% 500万円
イオン銀行 カードローンBIG 3.8~13.8% 800万円
(専業主婦は50万円)
東京スター銀行 スターカードローン 4.5~14.6% 500万円
セブン銀行 ローンサービス 15.0% 50万円
楽天銀行 スーパーローン 4.9~14.5% 500万円
(専業主婦は50万円)
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5~18.0% 1000万円
(専業主婦は50万円)
 

消費者金融に比べて金利が低く設定されていますので、数少ない配偶者貸付している業者を探すよりも、まずは銀行のカードローンを検討してみてはどうでしょうか

パートなどの収入があるなら

hatarakujosei

パートやアルバイトをしていて安定した収入がある主婦の方は、銀行のカードローン、消費者金融どちらも申し込みをすることができます。

専業主婦の方に比べるとぐんと選択肢が広がりますね。

ただし消費者金融からの借入は総量規制がありますので、年収の3分の1までとなります。

消費者金融 商品名 金利 限度額
アコム カードローン 4.7~18.0% 500万円
プロミス フリーキャッシング 4.5~17.8% 500万円
モビット カードローン 3.0~18.0% 800万円
アイフル キャッシングローン 4.5~18.0% 500万円

主婦がお金を借りるときに気をつけること

最後に、主婦がキャッシングやカードローンを利用するときに気を付けたいことについてお話しします。

自宅への郵送物があるか?

家族に内緒でお金を借りたいというときに自宅へ郵送物が届いたら困ります。

日頃から付き合いのある銀行からでしたら怪しまれることもないかもしれませんが、消費者金融からだとちょっと・・

ほとんどの消費者金融が送り主の表記を〇〇センターなどといった名称にして、一見しただけでは分からないように配慮をしていますが、それでも心配なときは「家族に知られたくないんですが、どうしたらいいですか?」と申込み前によく確認しておくことをおすすめします。

審査にマイナスになるのはどんなこと?

主婦であるかに関係なく、誰でも、融資をしてもらえるか審査を受けることになります。
審査の基準は各社異なりますが、どこに申し込んでも次のようなことはマイナスになると言われていますので十分気を付けましょう。

◆ウソの申告、記入に間違いがある
◆短期間にたくさんのキャッシングやカードローンに申し込んでいる
◆他社からの借入件数が多い
◆過去にクレジットカード、ローン、公共料金の支払いを長期間延滞した
◆過去に債務整理、自己破産をした

下の3つについては審査に通るのは難しいかもしれません。