30代のサラリーマン 4人家族。「個人再生」に踏み切ったワケ

orekanaishi

私が個人再生をした理由と個人再生に踏み切るまでの体験談をここに書き留めておきます。

 

danseinoushirosugata私は、30代のサラリーマンです。

20代のうちに結婚し、子供二人にも恵まれ、奥さんと二人で一生懸命ためた頭金を使い、思い描いていたマイホームも手に入れ住宅ローン・それから自動車ローンの支払いをしながら、生活をしていました。

借金こそあったものの、住宅ローンと自動車ローンですから、そんなに不安になることもなく毎日仕事と家の行き来をしていました。
子供がまだ小さいので奥さんは、仕事を一旦やめて育児に専念していました。
貯金も少しあったし、ある程度子供が大きくなったら働いてくれるということだったので、それまでの間少しずつ貯金は切り崩しながらも、人並みの生活をしていけました。

 

 

ところがある日、子ども部屋にと用意していた、まだ未使用の部屋のクローゼットを開けると大量のブランド物のバックや宝石、洋服などが・・・

奥さんに聞いたことろ、貯金を切り崩しながら購入。そしてカードローンで借金をし、クレジットカード(家族カード)も限度額いっぱいまで借入と利用。
そして返済のための借金を繰り返し、住宅ローンや自動車ローンもカードローンで借り入れしたお金で返済。

どうにもならない状況になっていました。

 

実は、不景気ということもあり、ボーナスが減額され、住宅ローンの当てにしていたボーナス払いもできそうになかったので、その件で妻や銀行に相談しようと思っていた矢先の出来事でした。

妻と話し合い、離婚はせず、支払いをしていく決意をしました。

もう一度、やり直しをするためです。

ただ、もう、このままではどうにもならないので、まずは任意整理を検討しましたが、平日のみしか手続ができないこと。また手続に時間がかかることからやめ、自己破産はマイホームを失うのが嫌だったので、あいだの手続「個人再生」を選びました。

kenka弁護士に依頼しておけば、大丈夫だと思う人も多いと思いますが、どこの会社から借りれしているのかさえもわからなくなってしまっている状況だったので、とても大変でした。

個人再生をすると、借金は確かに減額します。かなり減りました。
ただ、家族の溝はなかなか埋まりません。

妻を信用出来ないし、お金の管理は私がするようにしましたし、なんとなくギクシャクしてしまいます。子供が小さいのであまり夫婦のそういった姿は見せたくないのですが・・・・

「個人再生」はとてもいい借金の解決方法だと思います。
でも、家族のことをよく考えて、信頼を失う事のないようにして生活をしないといけない。本当に。そう思います。

あなたの借金問題を無料で解決します!
まずは、借金がどれだけ減るか、無料で今すぐ診断 ⇒ 診断スタート!

 

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。