個人情報流出の不安につけこむ詐欺・詐取の事例

 

近年、個人情報の流出事件が多発しています。

事件の報道によって、個人情報流出に敏感になっているひとも多いのではないでしょうか。

 

shinpai_obaasan自分の個人情報も漏れているんじゃないかしら・・怖いわ。

このような不安感を持ったひとの心理を利用して詐欺や詐取を働く悪者が増えており、被害が拡大しています。

 

 

近年発覚した個人情報流出事件

 

pc_security

 

ここ数年間に発覚した個人情報流出事件の一部を、下表にまとめてみました。

 

2016年 江崎グリコ 江崎グリコが運営するネット通販サイトで、クレジットカード番号を含む個人情報が最大で 約8万3,000件が不正アクセスによって流出した。
2015年 大阪府堺市 2011年11月に実施された大阪府知事選挙の全有権者約68万人分の個人情報が流出。課長補佐が個人契約した民間のデータサーバへ保存していたデータが、2015年4月から6月の間ネット上で閲覧可能になっていた。
日本年金機構 年金情報権利システムサーバから、氏名、基礎年金番号、生年月日、住所などの個人情報が 約125万件 流出した。
東京商工会議所 事務局員のパソコンがウイルス感染し、共有サーバーに保存されていたセミナー参加者などの氏名、住所、電話番号、メールアドレス、会社名が1万2,139人分が流出したとされる。
2014年 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント ソニー米国子会社ソニー・ピクチャーズがハッキング被害に遭い、従業員やその家族の個人情報、電子メール、未公開の映画の脚本などが流出した。
日本航空 社内パソコンがウイルスに感染したことにより、最大で75万人の個人情報が流出している可能性があると発表された。その後、漏えいが確定されたのは、JALマイレージバンク会員 4,131人分の氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなど。
ベネッセコーポレーション データベースの顧客情報が、業務委託先元社員によって持ち出され、約3,504万件分の情報を名簿業者へ売却していた事件。
2013年 アドビシステムズ 米アドビシステムズの顧客情報とソースコードが不正アクセスを受けて、IDと暗号化されたパスワードやクレジットカード番号などが流出した。約3,800万人にもおよぶユーザアカウントに攻撃があったと発表された。

 

 

「流出した個人情報を削除してあげる」といわれお金を騙し取られた

 

shredder

 

あなたの個人情報が漏れていると公的機関から連絡があったら、どうしますか?
そして、こちらで削除してあげますよと言われたら・・?

 

こういった詐欺では、次々と人物が登場する“劇場型”という手口が使われるため、最初は疑っていても、徐々に信じ込まされてしまうなんてことも少なくなく、十分注意が必要です。

 

こちらの記事で、事例をご紹介していますので、ぜひご覧ください。
公的機関をかたった『個人情報を削除してあげる』は詐欺だ!!

 

 

「あなたの年金情報が漏れている」キャッシュカードを預けて300万円引き出された

 

money_tsuchou_cashcard

 

日本年金機構における個人情報流出が発生した際、「あなたの年金情報が流出しています」「流出した情報を削除できます」などとお金を騙し取ろうとする不審な電話が数多く報告されました。

 

神奈川県では、70代の女性が300万円を騙し取られる事件がありました。

「国民年金機構」の職員だという男性から電話があり、家族構成や預金額を聞かれた。

その後、弁護士を名乗る男性からも電話があり、「個人情報が流出している」「キャッシュカードのデータを元どおりにするので預かる」などと言ってきた。

後日、自宅を訪れた男性にキャッシュカードを渡し、あとで口座残高を確認したら約300万円が引き出されていた

 

 

ベネッセ情報漏えいに便乗した不審電話「このままでは口座凍結される」

 

ベネッセコーポレーションにおける個人情報漏えいが発覚後、それに便乗した詐欺が登場しました。

国民生活センターに寄せられた相談事例を2つご紹介します。

消費生活センターをかたり、
ベネッセの情報漏えいの件で、あなたの情報が流出していないか確認している
と電話があった。
特定の企業名をあげ、取引がないかを聞かれたが、途中で電話が切れた。不審だ。

ベネッセの名簿にあなたの名前が載っている。このままでは口座凍結される
という不審な電話が番号非通知でかかってきた。
「折り返し電話をする」と言ったら電話番号を教えられたが、どうしたらよいか。

 

 

不審な電話を受けたら?詐欺への対応

 

詐欺が疑われる電話を受けた場合は、なるべく早く電話を切ることが大切です。

ひとりで判断することはせず、消費生活センターや警察の相談ダイヤルへ連絡しましょう

 

消費者庁 消費者ホットライン

電話番号 188
地方自治体が設置している身近な消費生活相談窓口を案内してくれます。

 

全国の消費生活センター等

http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

 

警察相談専用電話

電話番号 #9110