クレジットカード現金化したらカードを不正使用された

atamawokakaeru

 

kozeni

 

近年、インターネット上には、「クレジットカードのショッピング枠を現金化できます」というようなホームページがたくさん存在し、

◇クレジットカードがあればOK
◇最短10分で現金化
◇驚きのキャッシュバック率

などのうたい文句が並んでいます。

 

借金を重ねていて、もうお金を借りる手段がなくなったひとが、このようなホームページを見たら 利用してみようかな・・? と思ってしまうかもしれません。

 

しかし、クレジットカードのショッピング枠を現金化しても、結局は、債務を増やすだけなので何の解決にもつながりません

 

また、この行為はクレジットカード会社との契約違反となり、最悪の場合、カードの利用停止や利用残高の一括支払いなど、厳しい対応を求められることがあります。

 

さらに、たった1回、クレジットカード現金化を利用しただけで、深刻なトラブルに巻き込まれてしまうことだってあるのです。

 

 

借金に抵抗があったので、クレジットカード現金化を利用

 

wakamononoretu

 

大学4年のときの話です。

無事に就職先が決まり、友人たちと卒業旅行にいくことになりました。

バイト代から旅費を支払う予定だったのですが、思うようにシフトを増やせず、3万円足りませんでした。

 

消費者金融のキャッシングを利用する勇気が持てず、どうしたらいいか悩んでいたところ、カードショッピングをするだけでキャッシュバックがもらえるというクレジットカード現金化業者のサイトを見つけました。

 

「公安委員会の許可を得ています」「景品表示法を遵守しています」とうたっていて安心感が持てたので、電話で問い合わせをしてみたところ、業者が販売している5万円のパワーストーンブレスレットをカードで購入すれば3万円のキャッシュバックがもらえるという話でした。

 

いつも使っているネットショッピングと同じ購入方法だったので、気軽な手続きで3万円を調達できると喜びました。

 

約束通り、翌日には3万円が口座に振り込まれ、数日後にパワーストーンブレスが配達されてきました

 

 

クレジットカードの明細書に身に覚えのない請求が!

 

cardhanzai

 

卒業旅行から帰ってきてしばらくしてから、クレジットカードの利用明細書が届きました。

内容を確認すると、パワーブレスの5万円以外にも複数回利用したことになっていて、そのすべてが使った覚えのない請求でした

 

実は、クレジットカード現金化の際に、「カード番号、有効期限、署名欄に書かれている数字が手続き上必要なので教えてください」と言われ、伝えていました

 

もしかして業者に利用されたのでは?と思ったわたしは、電話をかけましたが、取り合ってもらえず、3度目の電話から着信拒否をされ連絡手段がなくなりました。

 

card3mai

ここで話されている“署名欄に書かれている数字”は、セキュリティーコードのことですね。

多くのネットショッピングは、カード番号、有効期限、セキュリティーコード、名前などを入力すれば、カード決済が可能な仕組みになっています。

これらをクレジットカード現金化業者に知られれば、不正利用されるのは簡単です。

 

 

クレジットカード現金化の危険性

 

今回紹介したケースのように、借金をしたことがないようなひとでも、普段利用しているネットショッピングと同じ形式をとっているために安心してしまうことがあるようです。

 

クレジットカードの現金化は、バックにヤミ金などの違法業者が存在することも少なくなく、トラブルに巻き込まれたという被害が後を絶ちません。

 

また、債務を抱えているひとが、返済のためのお金を用意するためにクレジットカード現金化を利用しても、返済の見込みがない債務を増やすだけで、根本的な解決にはつながりません多重債務の相談窓口などで相談してみられることをおすすめします