返済日に間に合わないときはどうなる?どうする?対処法

 

返済期日に遅れるかもしれない…

こんなときはどうするのがいいのでしょうか。

「急な出費があったから仕方ない」「どうしてもお金を用意できないんだし、できることはないでしょ」と、何もしないまま返済期日が過ぎてしまうのは絶対NGです。

ここでは

・返済期日に遅れるとどうなる?
・間に合わないときはどうしたらいいの?
・返済期日を過ぎないようにするためには?

についてお話していきたいと思います。

もしかしたら遅れちゃうかも?!というかたにぜひ読んでいただきたい内容です。

 

 

返済期日に遅れると損。

 

もしも返済期日を過ぎてしまったらどうなるのかとても気になります。

 

◇督促連絡

denwa_business_woman

キャッシング会社によって対応は違いますが、大手の消費者金融や銀行の場合はマニュアル通りの対応がとられます。

まずは、電話か郵送で“返済期日が過ぎているけど支払いが確認できません。いついつまでに支払ってください。”といった内容の連絡がきます。電話でも郵送でも、他の人に借金の延滞を気付かれることがないよう一定の配慮がなされますのでそこまで心配し過ぎる必要はありません。

それでも延滞が続くと頻繁に電話連絡がくるようになったりと督促の段階が進み、最終的には利用できなくなり、法的措置をとられることになります。

 

◇遅延損害金

money_bag_yen

返済が遅れたときに支払うのが「遅延損害金」です。

遅延損害金がいくらになるかは、各社が決めた利率と延滞した日数で決まります。

 借入残高×遅延損害金利率(年率)÷365日×遅れた日数

キャッシングにおける遅延損害金の利率は、利息制限法で20%までと決められていて、多くのキャッシング会社が上限いっぱいの利率(20%)を設定しています。

返済期日に遅れると、このような高い利率の遅延損害金を“利息とは別に”支払わなければなりません。

 

キャッシング会社 遅延損害金利率(年率)
アイフル 20.0%
アコム 20.0%
プロミス(実質年率) 20.0%
モビット 20.0%
新生銀行カードローンレイク 20.0%
みずほ銀行カードローン 19.9%
じぶん銀行カードローン 18%
セブン銀行カードローン 不要
オリックス銀行カードローン お借入残高に対して借入利率+2.1%
イオン銀行カードローン 19.8%
楽天スーパーローン 19.9%

 

 

間に合わないと思ったらすぐ連絡!

 

pc_phone

 

失った信頼を回復するのはとても難しいものです。一度の延滞で、融資枠の増額や返済期日の変更などに応じてもらえなくなるなど、その後の関係に影響が出てしまいます。

そんなことにならないためにも、返済期日に遅れそうなときはなるべく早くキャッシング会社へ連絡しましょう

事前に連絡すれば返済期日を延長してもらえることが多いようです。
延長できるのは最長でも1ヶ月ほどですが、次の給料日まで待ってもらえたらなんとかなりそうですよね。
それまでの利用実績が悪いと延長に応じてもらえないこともありますので日頃から良好な実績を積んでおくよう心がけたいものですね。

返済期日の延長手続きは、電話の自動音声もしくはオペレーター対応、自動契約機、インターネット上のマイページなどからできます。どこで手続きをしていいのか分からないひとは、キャッシング会社のフリーダイヤルへ電話するのがいいでしょう。

連絡する前に、少しでもいいので支払える分だけ返済しておくと印象がかなり違います。こちらの誠意が伝われば柔軟に対応してもらえることもあり得ます。

 

 

返済期日に遅れないようにするためには

 

毎月のことですから、ついうっかり返済期日を忘れてしまうということもたまにはありますよね。手帳やスマホのスケジュール帳にメモをしてくのも有効です。返済期日が近づくとメールしてもらえるサービスを行っているキャッシング会社もありますので便利ですよ。

それでも忘れてしまうというひとは、返済方法を口座振替にして自動で引き落とされるしくみに変更してみてはどうでしょうか。

なかには、返済期日は忘れていないのだけどお金がなくて支払えないというひともいると思います。返済期日を給料日の後すぐの日に変更しましょう。銀行系は日付が決められているところが多いので変更できないこともありますが、返済期日までにお金を使ってしまって困っているのなら、一度、キャッシング会社へ変更可能かを確認してみましょう。

 

okaneninayamu

 

また、毎月、毎月、返済が間に合わないような延滞が習慣化してしまった場合は、おまとめローンで整理して金利を下げられないか検討してみるのもいいかもしれません。

状況がもっと悪く、返済の見通しがつかなくなってしまったのでしたら、債務整理で借金そのものを減らす方法も考えなければならないでしょう。