消費者金融についての正しい知識を身につけよう! – キャッシングのマネカフェ

消費者金融にあまりいい印象を持っていないひとも多いようです。
それは、どうしてなのでしょうか?

おそらく・・

消費者金融に対する正しい知識を持たず、いつの間にか植えつけられたイメージで判断しているから

ではないかと思います。

誤解したままでいると「消費者金融からお金を借りるのは抵抗があるから、持っているクレジットカードを使って現金化しよう」など、違法色の強い方法を選んでしまうことにもなりかねません。

こんな事態にならないために、ぜひ、消費者金融の正しい知識を身に付けましょう!

消費者金融のいいところもご紹介していきます。
もちろん!いいところばかりでなく、気を付けるポイントなどについても、公平な立場でお話していきますね。

 

お金を貸す業者の呼び方による違い

 

お金を貸している業者にはさまざまな呼び方があります。
まずはそれぞれの違いを整理してみましょう。

 

サラ金 サラリーマン金融。かつてサラ金の悪いイメージを払拭しようということで消費者金融という呼び名に移行した。
コンシューマーファイナンス コンシューマー=消費者、ファイナンス=金融。つまり消費者金融のこと。
街金 街金融。限られた地域でお金を貸している小規模貸金業者。違法業者の可能性もあり。
ヤミ金 闇金。法律に則らずにお金を貸す業者。

 

サラ金は消費者金融の昔の呼び名ですね。
コンシューマーファイナンスは、消費者金融と同じ意味で使われていることがほとんどです。
街金については、違法業者である可能性もありますので少し気を付ける必要があり、ヤミ金はどんな理由があっても絶対に関わってはいけません。

 

 

初めてなら大手消費者金融で

 

blue_heart

 

それでは、どの消費者金融なら安心して利用できるのでしょうか?
簡単にいえば次のような、いわゆる大手消費者金融です。

・プロミス (SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)
・アイフル (アイフル株式会社)
・アコム  (アコム株式会社)
・モビット (株式会社モビット)

ここに挙げた大手の消費者金融は、法律に反するような貸し付けはまずしません。
中小の消費者金融にも法律に則って健全に営業しているところがたくさんありますが、見分けるのは簡単ではありません。初めて消費者金融を利用するときは、上記のような大手消費者金融を選ぶほうが安心ですね。

 

 

消費者金融のいいところ

 

消費者金融のサービスといえば、カードローン(キャッシング)です。

カードローンという名前は、専用のカードをつかって借り入れや返済ができることからきています。“ローン”とついていますが、無担保・無保証でお金を借りられ、決められた限度額の範囲内であれば何度でも借り入れができるので、一般的なローンとは少し違いがあります。

 

◇スピード感

同じようなカードローンのサービスは、銀行や信販会社でも扱われるようになりましたが、消費者金融は、長年に渡って蓄積してきたノウハウを活用して審査にかかる時間を短縮する努力をしてきました。そのため今では最短30分というスピードで借り入れができます。

 

◇利便性

インターネット、電話、郵送の他、各地に設置された窓口や自動契約機から申し込みすることができます。どこにいてもいつでも申し込みができます。
借り入れや返済についても、コンビニや銀行などにある提携ATMを利用でき、その際の手数料がかからない消費者金融が多いのもうれしいですね。(借り入れ・返済方法は、他にも用意されています。)

 

 

気を付けることは?

 

いいことばかりではなく、デメリットについても触れておきたいと思います。

 

◇イメージが良くない

消費者金融に対して悪いイメージを持っているひとが多いので、利用していることは知られたくないというひともいます。これについては、顧客からの要望もあり、さまざまな配慮がなされています。そこまで神経質になりすぎる必要はないようです。

 

◇金利が高め

消費者金融の金利は、銀行などのカードローンに比べると高めです。金利が高いと支払う利息が多くなりますので、金利は低いに越したことはありません。

 

◇総量規制

消費者金融などの貸金業者(※)から借りられる総額は年収の3分の1までと決められています。年収300万円のひとは、貸金業者からすでに60万円借りていたら、借りられるのは40万円までです。
※信販会社、クレジットカードのキャッシングも含まれますが、銀行のカードローンは含まれません。

 

◇借りすぎに注意

借金をする上で一番気をつけなければならないのは、あなたの返済能力を超えて借りすぎないということです。これは消費者金融に限ったことではありませんが、あえてお話したいと思います。

カードローンは、最初の審査に通ったら以降は何度でも借りられ、場合によっては限度額の引き上げも可能です。カードを使ってお金をおろす感覚で借り入れするので、借金という意識が薄れやすいこともあります。

カードローンを賢く使えるかは自分次第ということを忘れないようにしましょう。
もしも借りすぎて返済できなくなってしまっても、ヤミ金に手を出さずことは絶対にやめてください。債務整理などの解決できる方法があります。

 

 

消費者金融にかかわる法律

 

最後に、消費者金融に関係する法律をご紹介しておきます。
トラブルに巻き込まれないように、万が一巻き込まれてしまったときに役に立つはずです。

 

◇貸金業者登録

貸金業として営業するためには、国や都道府県に登録しなければなりません
登録している業者には「貸金業者登録番号」が交付されます。
(アコムの場合:関東財務局長(11)第00022号)

違法業者を見分けるのに役立ちます。ただし、貸金業者登録番号があるからといって絶対安全ということにもなりませんのでこれだけで判断するのは危険です。

 

◇金利

貸金業者がお金を貸し付ける場合、金利の上限が決まっています。下記の金利を超えた貸し付けは違法です。

元金 上限年率
10万円未満 20.0%
10万円以上100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

 

違法業者は、金利についての説明があいまいだったり、年率が分かりにくいように10日で何割というような説明をします。年率を明示していない業者には気を付けましょう。

 

◇取り立て

約束の期限までに返済が確認できないと、貸した側から支払いを促す連絡がきます。消費者金融は決まりに従った取り立てをしています。
主な禁止行為は次のようなものですので、もしもこのような取り立てをされたら悩まず警察などに相談しましょう。

yakuza

・正当な理由がない、夜中や早朝の取り立て
・正当な理由なく勤務先への連絡、訪問
・借りていることを他人に知らせる
・他から借りて返させようとする
・連帯保証人でないひとへの取り立て
・債務手続きを進めていると連絡を受けた以降の取り立て

 

 

消費者金融とヤミ金は違います

 

ここまで読んでいただけたら、消費者金融のイメージが変わったのではないでしょうか。

消費者金融=ヤミ金ではありません。正しい知識を持った上で、消費者金融を賢く利用してくださいね。