年末ジャンボ宝くじの当選確率が低くなっていた!各種宝くじの当せん確率は?

 

kirakira_woman

宝くじには夢がありますよね。

 

まず当ることはないと分かってはいても、結果が出るまでの間はワクワクしちゃいます。
これだけのワクワク感を味わえるのですから、ハズれても損はしていないような気もしちゃいますね。

 

そうはいっても、ハズれる前提で、ワクワク感のためだけに買っているのではないですから、どの程度当たる可能性があるのか気になります。

 

そこで、宝くじの当せん確率がどのくらいなのかを、調べてみました。

 

 

ジャンボ宝くじの当せん確率は??

 

一番なじみがあるのが、ジャンボ宝くじですね。

 

 

ジャンボ宝くじの種類

 

ジャンボ宝くじは、年に5回発売される大型の宝くじで、「グリーンジャンボ宝くじ」「ドリームジャンボ宝くじ」「サマージャンボ宝くじ」「オータムジャンボ宝くじ」「年末ジャンボ宝くじ」の5種類があります。

 

  発売・抽選時期
グリーンジャンボ宝くじ 2~3月頃
ドリームジャンボ宝くじ 5~6月頃
サマージャンボ宝くじ 7~8月頃
オータムジャンボ宝くじ 9~10月頃
年末ジャンボ宝くじ 11~12月頃 (12月31日抽選)

 

当せん番号は抽選で決まりますので、同じ回の宝くじなら、1枚あたりの当せん確率は同じです。
当然のことですが、たくさん買えば当せん確率があがります。

 

 

宝くじの販売単位「ユニット」

 

ジャンボ宝くじには、ユニットといわれる単位があり、1等は1ユニットに1枚です。

 

当せん確率を計算するには、1ユニットが何枚かが分かればいいことになりますね。

1ユニット100枚なら100分の1

1ユニット1000枚なら1000分の1 となります。

 

それでは、1ユニットには何枚の宝くじがあるのでしょうか。

 

≪通常は・・≫

takarakujiunit

1ユニットのなかには、01組から100組までの100組、それぞれの組に、100,000番から199,999番の番号が振られており、合計1000万枚あります。

 

つまり、1等が当たる確率は『1000万分の1』ということですね。

 

この数字がどのくらいなのかイメージがわかない方へ・・

1日342枚のくじを、80年間毎日引き続けて1枚当たりがでるくらい

の確率です。

 

≪2015年 年末ジャンボの場合≫

実は、2015年の年末ジャンボ宝くじ(第688回全国自治宝くじ)は、もっと厳しい確率になっていました。

 

通常は、1ユニットに100組だったのが、200組に増えたため、合計2000万枚

1等が当たる確率は『2000万分の1』でした。

 

上で挙げた例でいうと、

1日684枚のくじを80年間毎日引いて1枚当たるくらい になりました。

 

知らない間に当せん確率が下がっていたなんて・・もう当たる気がしませんね。

 

ちなみに、一緒に発売された「年末ジャンボミニ7000万」は、通常通りの1ユニット1000万枚です。
1等7000万円の当選本数は、1ユニットあたり10本で、当せん確率は100万分の1となります。

 

 

ジャンボ宝くじの、1等以外の当せんは??

 

iroironaokane

 

もちろん、賞金がもらえる“当たり”は1等以外にもあります。

 

2015年の年末ジャンボ宝くじ(第688回全国自治宝くじ)の場合は、1等の前後賞、1等の組違い賞、2等から6等までと、宝くじ発売70周年を記念した特別賞「70周年記念賞」がありました。

 

等級 当せん金 本数(1ユニット当たり) 当せん確率
1等 7億円 1本 2000万分の1
1等の前後賞 1億5000万円 2本 1000万分の1
1等の組違い賞 10万円 199本 約10万分の1
2等 1000万円 20本 100万分の1
3等 100万円 200本 10万分の1
4等 5万円 2000本 1万分の1
5等 3000円 20万本 100分の1
6等 300円 200万本 10分の1
70周年記念賞 70万円 400本 5万分の1

 

 

その他の宝くじの当せん確率

 

1to10

 

現在、日本国内で販売されている宝くじには、ジャンボ宝くじ以外にも、スクラッチ、ロト、ナンバーズなど様々な種類があります。

 

スクラッチ くじの指定箇所を削ると、当たり・ハズれがわかる宝くじです。全国の宝くじ売り場が開いている時間なら、いつでも購入できます。価格は1枚100円のものと200円のものがあり、1等3000万円の高額なものもあります。
ロト7 1~37の37この数字から異なる7個の数字を選ぶ、数字選択式宝くじです。1口300円で、1等当せん金は最高4億円です。当せん者がいなく次回に繰り越された場合は、8億円になることもあります。
ロト6 1~43の43この数字から異なる6個の数字を選びます。1口200円で、1等最高当せん金は2億円です。当せん者がいないと最高4億円になります。
ミニロト 1~31の31個の数字から異なる5個の数字を選びます。1口200円で、1等最高当せん金は約1000万円です。
ナンバーズ3 000から999までの中から、好きな3ケタの数字と、「ストレート」「ボックス」「セット」「ミニ」と呼ばれる申込タイプを選びます。1口200円で、ストレートで当せんした場合は約9万円(理論値)です。
ナンバーズ4 0000から9999までの中から、好きな4ケタの数字と申し込みタイプを選んで購入します。1口200円で、ストレートで当せんした場合は約90万円(理論値)です。

 

 

このうち、ロト7、ロト6、ミニロト、ナンバーズ3、ナンバーズ4の、当せん確率を計算してみましょう。

 

◆ロト7
ロト7は37この数字から7個の数字を選びますので、組み合わせは 10,295,472 通りあります。

1等の当せん確率は、理論上、10,295,472分の1ということになり、通常のジャンボ宝くじよりも低い確率です。

 

◆ロト6
ロト6は43個の数字から6個の数字を選びますので、組み合わせは 6,096,454 通りで、1等当せん確率は、6,096,454分の1です。

 

◆ミニロト
ミニロトは31個の数字から5個の数字を選ぶので、169,911通りの組み合わせがあり、1等当せん確率は、169,911分の1です。

 

◆ナンバーズ3
000から999のなかから選ぶので、全部で1000通りあります。各数字と並び順が一致したストレート当せんが当たる確率は、1000分の1です。

 

◆ナンバーズ4
0000から9999のなかから選ぶので、全部で10000通りあります。各数字と並び順が一致したストレート当せんが当たる確率は、10000分の1です。