知らないひとは損してる!?SMBCモビットの返し方

SMBCモビットはWEB完結で電話連絡・書類郵送がないということもあって人気の高いカードローン会社ですよね。そんな人気の高いSMBCモビットの返済方法について特集します。

知らないまま利用しつづけて損をすることがないよう、利用者&新規申込み者に詳しく解説していきます。
分かりやすい内容ですので、ぜひ参考にしてくださいね^^

SMBCモビットの返済方法「口座振替」「銀行振込」「提携ATM」

SMBCモビットで選べる返済方法は、

◇口座振替
◇銀行振込
◇提携ATM

の3つ。

都合に合わせて選ぶことができます^^

それぞれの返済方法の利点、注意点を見ていきましょう。

【口座振替】は、手数料無料!三井住友・三菱UFJ銀行から選べます!

利用者の預金口座から自動で引き落とされるのが、口座振替です。

利点 注意点
◇手数料無料
◇わざわざ返済に出向かないでいい
◇うっかり返済をし忘れることがない
◇一回の手続きであとはお金を口座に入れておくだけ
◇三井住友銀行か三菱UFJ銀行に預金口座を持っていないと利用できない
◇口座振替手続きが必要
◇返済日までに口座にお金を入れておかないといけない


yokintutyo手数料無料で返済できるので、三井住友銀行か三菱UFJ銀行に口座を持っているならぜひ口座振替がおすすめ
です。

新規で契約する場合は契約書と一緒に「預金口座振替依頼書」が送られてきますのでそちらに記入してその他の書類と一緒に送付してください。

現在利用中の方で口座振替での返済に切り替える場合は、モビットコールセンター(0120-24-7217 営業時間9:00~21:00)へ問い合わせ、口座振替依頼書を送ってもらいましょう。切り替わるまでには数か月かかります。

口座振替なら自動的に引き落とされますので、つい返済を忘れがちで、いつも遅延損害金を支払っているような方は、口座振替への変更がおすすめです!

【銀行振込】振込先は三井住友・三菱UFJ銀行のどちらでも可!

SMBCモビットが指定する銀行口座へ振り込みで返済するのが、銀行振込です。

利点 注意点
◇インターネットバンキングの利用で手数料無料
◇インターネットバンキングの利用でわざわざ返済に出向かなくてすむ
◇振込先は三井住友銀行・三菱UFJ銀行のどちらか
◇手数料は利用者負担

振込手数料がかかった場合は、利用者負担です。

他行窓口からの振込だと800円以上かかることもあるので注意が必要です!
1回数百円で済んだとしても、何回も返済していくと無視できない金額になり、気が付くと手数料だけで1万円以上支払うこともあるので振込返済の場合はよく注意して利用してくださいね^^

インターネットバンキングで振込手数料を無料に!

振込手数料をできるだけ抑えるには、他行宛ての振込手数料が無料になる銀行から返済しましょう!

銀行 備考
住信SBIネット銀行 商品・サービスの利用状況に応じて銀行が定めるランクによって月1~15回まで無料。
新生銀行 インターネットからの振込が、月1~10回まで無料。回数は、商品・サービスの利用状況に応じて銀行が定めるステージによって異なる。
SBJ銀行 月5回まで無料。(2016年7月31日までは月7回)
オリックス銀行 月2回まで無料。
ソニー銀行 月1回無料。Sony Bank WALLET をお持ちのかたは月2回まで。
楽天銀行 給与・賞与・公的年金を楽天銀行口座で受取れば月最大5回まで無料。
三井住友銀行 SMBCダイレクトで三井住友銀行宛てが無料。
三菱UFJ銀行 三菱UFJダイレクトで三菱UFJ銀行宛てが無料。

各銀行が実施している特典やキャンペーンなどによっては、インターネットバンキング以外でも手数料を無料にできる場合がありますから確認してみてくださいね。

銀行振込での返済がいいけど、できるだけ手数料を抑えたいというかたは、取引のある銀行の振込手数料無料サービスをチェックしてみるといいかもしれませんね♪

【提携ATM】が人気!気軽にいつでもは利用者の負担減。

銀行やコンビニの提携ATMから気軽に返済ができます。

利点 注意点
◇銀行やコンビニに行ったついでに返済できる
◇コンビニのマルチメディア端末は手数料無料
◇いつでも寄りやすくコンビニであれば24時間対応している
◇一部 108円もしくは216円の手数料がかかる
◇1回あたりの利用金額が制限され、何回かに分けて操作しないといけない場合がある

SMBCモビットの返済ができる主なATMは、次の通りです。
※地方銀行、信用金庫など、その他の金融機関は公式サイトでご確認ください。 コチラ

提携ATM 貸金業法に基づく利用明細・領収書の発行
都市銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
ネット銀行
セブン銀行
イオン銀行
コンビニ
イーネット(※1)
ローソンATM
コンビニマルチメディア
ファミリーマート Famiポート
ローソン、ミニストップ Loppi

※1
ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、コミュニティストア、デイリーヤマザキ、生活彩家、セーブオン、ポプラ、セイコーマートなどに設置されているイーネットATM。

提携ATM利用時の手数料は、利用者負担となり、利用金額が1万円以下は108円、1万円を超える場合は216円かかります。

コンビニ設置されているマルチメディア端末からは、手数料無料で返済ができますので、提携ATMから返済するときは、マルチメディア端末を利用することをおすすめです。ファミリーマートの「Famiポート」、ローソン、ミニストップの「Loppi」画面から支払い手続きを行った後、出力される紙をレジに持っていくと支払いができますよ。

SMBCモビットのオススメの返済方法は?!

手数料もかからない口座振替が一番お得(以下表参照)ですし、手数料もかけないで返済しやすい方法ですから、オススメは口座振替になります。

返済時の手数料に関して

口座振替 申込手数料等も一切不要!
銀行振込 振込手数料はお客様負担!
提携ATM 1万円以下の場合 108円 1万円超える場合 216円

SMBCモビットのために新たに口座開設するのもいいと思いますよ^^

三井住友・三菱UFJ銀行の口座開設

手続きの方法は簡単!以下にまとめておくので参考にしてSMBCモビットの申し込みと同時に口座開設もしてみてくださいね!!

三井住友銀行 三菱UFJ銀行

【Webから申込】
スマホアプリで口座開設
Webから申込書を請求
Webから申込書を印刷

【店頭で申込】
店頭窓口で口座開設
店頭ブースで口座開設

※Web通帳なら最短40分で開設可能。

【急いで口座開設したい場合】
テレビ窓口から申込
店頭窓口での申込
※両者1週間で開設

【来店不要で口座開設したい場合】
スマートフォンアプリ ※1~2週間で開設
Webから申込書を請求 ※3~4週間で開設

SMBCモビットの返済日は「5日」「15日」「25日」「末日」

hiduke_calendar
返済日は、5日、15日、25日、末日のなかから、都合に合わせて選ぶことができます。(選択した返済日を約定返済日といいます。)口座振替は指定した約定返済日に引き落とされます。

提携ATMからの返済は、前回の約定返済日翌日から約定返済日までの間ならいつ返済してもOKです。
また、初めて借入したときや借入残高がない状態で借入した場合は、1回目の返済日は次のルールで決定します。

約定返済日 借入日 1回目の返済日
5日 1日~19日 借入日の翌月の約定返済日
20日~末日 借入日の翌々月の約定返済日
15日 1日~末日 借入日の翌月の約定返済日
25日 1日~9日 借入日の同月の約定返済日
10日~末日 借入日の同月の約定返済日
末日 1日~14日 借入日の同月の約定返済日
借入日の同月の約定返済日 借入日の翌月の約定返済日

モビットコールセンター(0120-24-7217 営業時間9:00~21:00)へ問い合わせれば、約定返済日を変更することができます。
給料日が変わって約定返済日が合わないという場合は、問い合わせてみてください。

毎月の返済は、最低返済額以上から金額指定もできます!

月々の返済額は、最後に借入をした後の借入残高によって決められます。
※実質年率18.0%(利用限度額100万円以上は実質年率15.0%)の場合は以下になります。

最終借入後残高 返済額
10万円以下 4,000円
10万円超20万円以下 8,000円
20万円超30万円以下 11,000円
30万円超40万円以下 11,000円
40万円超50万円以下 13,000円
50万円超60万円以下 16,000円
60万円超70万円以下 18,000円
70万円超80万円以下 21,000円
80万円超90万円以下 24,000円
90万円超100万円以下 26,000円

例えば、借入残高が5万円の場合は 4,000円ですが、さらに10万円借りた場合は 8,000円となります。以降追加借り入れをしなければ、完済まで毎月8,000円を返済していくことになります。

追加返済を活用すれば、利息を大幅に節約できる!

月々の返済額に余裕があって、もう少し多く返済したいという方は、毎月の返済額を増額することもできます。

金利18.0%で10万円借りた場合に、毎月4,000円返済したときと10,000円返済したときでは、返済総額が約1万7千円も違ってきます。

返済額 4,000円 10,000円
返済回数 32回 11回
返済総額 126,260円 109,158円

毎月多めに支払うことは難しいというひとは、ボーナスなどのまとまった収入が入ったときに追加返済すれば、利息を抑えることができます。金利18.0%で30万円借り、毎月11,000を返済した場合は、

返済回数 36回
返済総額 388,683円

ですが、6、12、18回目の返済時に5万円を追加返済すれば、約2万8千円も節約することができます。

返済回数 19回
返済総額 360,568円

いずれの方法でも大幅に利息を抑えることができることがわかりましたね。追加返済は、提携ATM もしくは 銀行振込でできます。余裕があるのに追加返済しないのは、とってももったいないですので、ぜひ追加返済をしてください。

まとめ

SMBCモビットの注目ポイントは「WEB完結なら電話連絡なし」「書類郵送なし」の2点が殆どですよね^^

でも、実は返済方法も選択肢が豊富で利用しやすいカードローンになっていますよ!

なかなか紹介しきれませんでしたが、返済日のお知らせメールや繰り上げ返済を含めた返済シュミレーションや残高・利息額の確認、取引履歴の参照などもWeb上から気軽にできます。

返済に関してはフリーコールでいつでも相談できるように窓口も設けられてるので安心してください!

「返済に不安を抱えながら借入をしてしまっている」
「不安があるけど借入しないといけない!」

なんて方もSMBCモビットなら返済までしっかりとサポートしてくれるので安心して利用してみてくださいね^^

返済までしっかりサポートのSMBCモビットの申込みはこちらからどうぞ☆