クレジットカード現金化を利用したらダメな理由

 

お金についての話は、親しい間柄でもなかなかしにくいですよね。
借金に関してとなると、さらに相談しづらくなり、多くのひとがひとりで悩んでいます。

 

そんなとき、

『クレジットカード現金化なら、安心・安全』
『業界トップのキャッシュバック率98%』
『クレジットカードがあればOK。審査はありません。』

こんな広告を見たら、当然のごとく惹かれてしまうのではないでしょうか。

 

しかし、クレジットカード現金化は、本当に安心なのでしょうか。

 

『ちょっと怪しい気もするけど、実際利用してるひともいるらしいし、何より今すぐ現金が必要なんだ!えいっ!』

 

ちょっと待ってください。
クレジットカード現金化を利用する前に、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

 

クレジットカード現金化のしくみ

 

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング機能を利用した換金行為のことをいいます。

 

よくある事例として、ネットショッピング式と買取り式があります。

 

ネットショッピング式

インターネットショッピングで、ほとんど価値のない商品をクレジットカードで購入し、購入金額の何割かがキャッシュバックされるもの。

 

net_shop

 

1.現金化業者のホームページなどで売られている商品を、クレジットカード決済で購入します。

2.現金化業者がクレジットカード決済が行われたことを確認したら、手数料を差し引いた金額が利用者の口座に振り込まれます。
  30万円の商品を購入し、キャッシュバック率80%だったら、24万円が振り込まれます。

3.購入した商品が送られてきます。
  商品の実際の価値はほとんどないので、商品を売って購入額とキャッシュバック額の差額に充てることはできません。

4.クレジットカード会社から利用者に請求がきます。

 

買取り式

実店舗で、商品をクレジットカードで購入し、すぐに購入金額の何割かで買い取ってもらうもの。

 

genkinkashop

1.現金化業者の店舗(事務所)などで、クレジットカードを使って商品を購入します。

2.その場ですぐに、手数料を差し引いた金額で業者が買い取ります。

3.クレジットカード会社から利用者に請求がきます。

 

ショッピング枠が残っているクレジットカードさえ持っていれば、審査などの手間がなく、現金を手にすることができるので、どこからも借りられないで借金に苦しんでいるひとにとっては、すごくいいサービスのように感じるかもしれません。

 

しかし、目先の利益(実際は利益はありません)にとらわれて、大変な事態になってしまう可能性を忘れないでください。

 

 

クレジットカード現金化を利用したらダメな理由。

 

広告に書いてあるより低いキャッシュバック率

 

広告やホームページに、90%・95%・98%などの高いキャッシュバック率を掲げていても、実際には、もっと低い率のお金しか返ってこないことが多いです。

 

聞いていたのと違うからキャンセルしたいと申し出ても、高額なキャンセル料を請求されたり、応じてもらえないこともあります。

もっと悪質な業者だと、現金がキャッシュバックされないということもあるようです。

 

計算してみると超高金利で借りたのと同じ

 

mokuhyou_mitatsu_man

手にした現金よりも多い額のクレジットカードの支払いが残ります。

例えば、30万円の商品を購入し24万円の現金が手に入っても、30万円のクレジットカードの支払いがまるまる残っています。

 

これは、6万円の利息を払って借りているのと同じことです。
30日後のカード支払日に一括で返済したとすると、およそ年304%もの長高金利になります。

あくまで一括で支払った場合ですから、リボ払いなどで返済していくとなると利息はもっと上乗せされることになります。

 

クレジットカードの会員規約違反

 

クレジットカード会社との規約には、ショッピング枠を換金目的で使用してはならない旨が書かれています。

規約違反が明るみになれば、強制退会となり残高を一括返済するよう求められる可能性があります

 

合法性を謳っているが、国が利用しないよう呼びかける危険行為

 

現金化業者は「景品表示法を遵守しています」「公安委員会の許可を得て営業しています」などと、あたかも現金化行為自体が合法であるように宣伝しています。

 

しかし、これらのことは、クレジットカード現金化自体のことをいっているのではなく、消費者庁や金融庁は、現金化を目的としたクレジットカードの利用をやめるよう啓発活動を行っています。

 

個人情報がヤミ金に流れる危険がある

 

money_yami_soshiki

クレジットカード現金化を利用すると、業者にあなたの住所、氏名、電話番号、クレジットカード情報などが知られてしまいます

 

こういった個人情報がヤミ金に流れ、あやしい業者からの勧誘がきたり、架空請求されるトラブルにつながります。

また、クレジットカード現金化業者を装っているが、実はヤミ金だったというケースもあるようです。