カードローン審査の救世主?!本当は危ない「アリバイ会社」を利用しての審査

カードローンには総量規制対象外と呼ばれる商品があり、この場合、専業主婦や学生の収入が無い人でもカードローンの申込み受付が可能となります。

よほどのクレヒスでない限りは審査に通りますが、総量規制対象外の商品は銀行しか取扱いがないため審査は消費者金融よりも厳しくなります。

しかも、無職の人への融資となれば銀行側も警戒はしますから、融資限度額も30万円や50万円までがほとんどです。

これだけあれば十分という方もいるかもしれませんが、実は融資限度額が高ければ高いほど利用できるお金も増えるのは当たり前ですが、それに加えて金利も低くなります。

例えば、

りそな銀行  借入れ金額」が30万円場合の金利は13.6%~14.6%です。

これが200万円までの枠だと、10.6%~13.6%ですし、最大の500万円までの枠なら1.8%~6.1%となります。

必要なお金が1万円などの少額単位であっても、500万円までの枠を持っているのであれば金利は1.8%~6.1%の中ですから、12.6%~14.6%に比べるとかなりの差になります。

基本的に、借り入れ利率は利用限度額に応じて変わるものですから、個人情報の信用が大きく、多い融資枠を持っていれば少額の融資であっても適用金利は低いということです。

kyabakura
そうなってくると、無収入であるのにもかかわらず収入があるようにしたくなるのが人間の心です。
例えば30代の働いている女性の年収は300万円前後。
300万円の収入があれば、融資限度額も多くなりそうですし、信用も大きくなること間違えないです。

収入のない専業主婦や学生の他にも、会社で働いている様にしたい人はおおくいます。

・水商売の方
・自営業の方
・現在パートやアルバイトの方
・日雇いバイトの方  などなど。

仕事はしていても、カードローンの審査に通りにくくなる可能性のある職業ってあります。

そんな時に利用を考えてしまうのが、「アリバイ会社」や「偽造会社」です。

これから、「アリバイ会社」や「偽造会社」について説明していきます。

【「アリバイ会社」「偽造会社」って・・・・】

birunosyashinそもそも、初めてそんな会社があることを知った!という方もいるかもしれません。「アリバイ会社」という名前からもなんとなく想像がつくかもしれませんが、アリバイ会社が用意している企業にニセの在籍登録をして社会的信用を得ることができるサービスです。

つまり、何ができるかというと、働いていない人やカードローンの審査に落ちやすそうな職業のかたでも、信用度の高い企業で働いているように見せかけることができてしまいます。

在籍確認の電話や源泉徴収票や給料明細書、在職証明書や社員証などの書類さえも作成してくれますから、カードローンの審査の社会的地位を完璧に作り上げてくれます。

カードローンなどの審査への対応以外にも、書類作成では保育園や学童へ通わせるため証明書の作成や申告関係等がありますし、在籍確認電話の対応の他にも様々なサービスがあります。

<<業務内容>>

・保証人の紹介
入居保証人を紹介しています。賃料によって料金が異なります。

・郵便物の転送サービス
郵便物や小包の受け取りの代行をし、任意の方法で転送するサービスです。

・在籍確認などの電話対応
様々な方法がありますが、多くは銀行や消費者金融からの在籍確認の電話に対して、「只今、席を外しております。」と対応してくれる商品が多いです。その他、かけてきた相手に「少々お待ち下さい」と伝え、その後保留中に自分のの電話に転送してくれるなどの方法もあります。

その他電話関係のサービスとして、逆転送サービスという商品もあり、自分の電話から誰かに発信する際に相手の電話機のディスプレイに在籍している会社の電話番号を表示させるサービスです。

・各種書類作成
在籍を証明する書類
☆在職証明書
☆内定通知書
☆社員証
☆名刺

収入を証明する書類
☆源泉徴収票
☆給料証明書
☆住宅手当証明書

その他、保育園等の申込みに必要な書類や持ち込み書類などの対応もしています

<<利用料金>>

利用料金はクレジットカード払いや振込で対応しています。

初回に登録する際に登録料がかかるシステムやサービス時間(日数)に応じての料金など、企業によってそれぞれです。

・初回登録料

男性の場合 8000円程度
女性の場合 5000円程度

・サービス時間(日数)に応じての料金

15日間の利用で 3000円~5000円
30日間の利用で 5000円~7000円
180日間の利用で 16000円~22000円
1年間の利用で 28000円~35000円

・書類発行手数料
給料明細書 2000円~5000円
源泉徴収票 5000円~33000円
雇用証明書 5000円~6000円
就労証明書 5000円~6000円

【すごく、便利そう!使いたい!!そう思ったら・・・】

上記の内容を見ると、とっても便利そうですし、カードローン以外にも使えそうなサービスがたくさんありますね。
今すぐ申込みをして早くお金を借りたい!!!なんて思う方もいると思います。

そんな時はこちらから!!なんて・・・リンクをつけるわけにはいきません。

no

カードローンなどの申し込みに「アリバイ会社」や「偽造会社」を利用するのは犯罪です。

アリバイ会社に源泉徴収票や給料明細書を発行してもらい、それを申し込みした銀行や消費者金融に提出したら、それは詐欺罪です。また損害賠償請求を受ける可能性もあります。

なので、絶対に利用しないでください!!!

アリバイ会社や偽造会社の公式ホームページはとても綺麗で、かなり信用が置けそうな作りになっていますから、安心して利用ができると思い込んでしまいます。
でも、よく考えてください。
アリバイ会社や偽造会社はペーパーカンパニーをたくさん持っています。ペーパーカンパニーを多く持っていることが果たしてどういうことなのか。

それを考えれば申し込みをするべきかどうかはすぐに判断が付きます。

ちなみに、源泉徴収票等の作成について、アリバイ会社には作成権限があるので文書偽造罪に問うことができませんし、源泉徴収票などは公文書ではなく私文書なので虚偽公文書作成罪にも問うことができず、摘発が難しいとされています。

【アリバイ会社・偽造会社を利用した事件】

”アリバイ会社が刑事事件化した事件として、東京都新宿区のアリバイ会社から「年収825万円」とする虚偽の源泉徴収票を購入して札幌市の無職女性が架空の勤務先が書かれた課税証明書を得て住宅金融支援機構から約5600万円の住宅ローンを組んだ2010年の詐欺事件において2009年12月に札幌市税務担当者から問い合わせられたアリバイ会社が「自分の会社で働いている」と嘘の説明をしたことについて、2011年9月にアリバイ会社幹部2人が地方税法違反(虚偽答弁)で逮捕、略式起訴となった例がある。

Wikipediaより、抜粋

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。