なんでリボ払いなんていう怖いものがあるんでしょうか?

otiruokane

 

5、6年前に、リボ払いで35万円の買い物をしました。

「リボ払いなら支払い負担が軽くておすすめです」と強く勧められて契約したクレジットカードです。

たしかに、月々5000円の支払いで済んだので、負担はとても軽く、高価なものを買ったのに全く切り詰めることなく生活ができました。

しかし、よくよく計算してみたら、手数料が15万円以上かかっていたんです。
ほぼ支払いが終わってしまっていたのでどうにもなりません・・。

気付かない間にリボ払いになっていたせいで、借金(利用残高)が100万円にもなってしまった友人もいます。

 

komatta
ここで質問です。

なんでリボ払いなんていう怖いものがあるんでしょうか?
わたし達のようにリボ払いの被害に遭うひとが増えないよう、どうにかなりませんか?

 


 

 

リボ払いの一番の特徴は、買い物金額や件数に関わらず、月々の支払いが一定になることです。そのため、家計管理がしやすいと、活用しているひとも多くいらっしゃいます。

しかし、その一方で、

 

◇思ってもみなかった手数料を払うことになった
◇いつの間にか利用限度枠いっぱいまで使ってしまった
◇いつまでたっても支払いが終わらない
◇知らないうちにリボ払いになっていた

 

などの問題も起きているのも事実です。

 

 

◆リボ払いはクレジットカード会社の収入源

 

osatumaru

クレジットカード会社の収入源は、「加盟店からの手数料」「分割・リボ払いの金利手数料」が大きな柱です。

 

リボ払いは、分割払いよりも金利が高めに設定されていることが多い上に、月々の支払金額が少ないと支払いが長期化し、カード会社側からすると儲かるサービスといえます。

 

なぜリボ払いがあるのか?というご質問に対する答えとしては、

 

「支払いを一定にしたいひとにとっては便利だから」
「大きな収入源だから」

 

ということですね。

 

 

◆リボ払いについて注意すること

 

kiken

クレジットカードを利用する上で、リボ払いに関して気を付けておきたいことはどんなことでしょうか。

◇申込み時
契約内容や留意事項をよく確認しましょう。

支払い方法の初期設定がリボ払いになっていないか?
リボ専用カードではないか?

◇利用時
本当にリボ払いを利用しなければならないかよく検討しましょう。
リボ払いを利用する場合は、月々の支払額、払い終わる時期、最終的に支払うことになる総額はいくらかをシュミレーションしましょう。

 

◇利用後
利用明細の内容をしっかり確認しましょう。

支払残高はいくらか?
気付かないうちにリボ払いになっていないか?

 

支払残高の全額または一部を繰り上げ返済することも可能です。繰り上げ返済することで支払いを早く終わらせることができるので、支払総額を減らせます。

 

◇その他
リボ払いを勧めるキャンペーン(ポイント3倍、ポイント還元等々)には注意しましょう。
事前にリボ払い設定にするサービス名のなかには、分かりにくいものもありますので、キャンペーンなどで申込むサービスの内容はよく確認してください。