みずほ銀行カードローンとみずほマイウィングの比較と違い

目次~この記事に書かれていること~

みずほ銀行のカードローンは、満20歳以上、66歳未満の安定した収入があればほとんどの方が申し込みできるカードローンです。専業主婦も申し込みが可能で、配偶者の収入も安定した収入とみなされるので、利用が可能です。

専業主婦や女性の方にお勧めできるみずほ銀行のカードローンの商品があります。
それがマイウィング(My Wing)です。
女性専用の問い合わせ窓口が設置されていて、電話をかけると女性スタッフが対応してくれ、女性同士安心してお金の相談をすることができます。

そんな便利に 活用できそうなみずほ銀行マイウィングとみずほ銀行カードローンの違いって・・・という疑問にお応えするページです。

商品内容の比較表

比較項目

みずほ銀行 カードローン

みずほ銀行 マイウィング(My Wing)

最大融資限度額 1000万円 100万円(200万円まで増額可能)
実質年率 4.0%~14.0% 9.0%~14.0%
収入証明書必要の限度額 200万円 提出不要
融資速度 最短即日 ※みずほ銀行に口座開設がある方のみ 最短即日 ※みずほ銀行に口座開設がある方のみ
在籍確認 あり あり
専業主婦の申し込み 可能 ※30万円まで 可能 ※30万円まで
無利息期間 なし なし
返済方式 残高スライド方式 残高スライド方式
返済日 毎月10日 毎月10日
申し込み可能年齢 満20歳以上、66歳未満 満20歳以上、66歳未満
保証会社 株式会社オリエントコーポレーション 株式会社オリエントコーポレーション
遅延損害金利 19.9% 19.9%

商品内容で、みずほ銀行カードローンと異なるのは

「最大融資限度額」
「実質年率」
「収入証明書必要限度額」

の3つで、その他、申し込み方法や返済方法に違いはありません。

最大融資限度額

最大融資限度額は1000万円と100万円ですから、かなり大きな差があります。
マイウィングは200万円増額可能とありますが、これはすでにみずほマイウィングを契約されている方で、利用限度額を総額する場合のみの設定です。選択は不可能となっていて、銀行から増額のお知らせなどがハガキなどで知らせてくれるような仕組みになっています。

なので、基本的に100万円までの融資限度額だと理解していてください。

実質年率

実質年率は差があります。
ただ、マイウィングの場合は10万円・20万円・30万円・50万円・100万円の中から利用限度額を選ぶことができ、それに合わせて金利が9.0%~14.0%となります。
一方、みずほ銀行カードローンは10万円以上100万円未満というくくりになっていて金利は年14.0%です。

なので、100万円までの少額融資希望で女性であればマイウィングのほうがお得に利用ができますし、高額融資も気になる・・・となればみずほ銀行カードローンがオススメとなります。

収入証明書必要限度額

申し込み金額が200万円以下なら、収入証明書は不要です。マイウィングの場合は200万円の申込みはできませんから、不要となっています。

主な違いを紹介

マイウィングならではのサービス

マネーコンサルフォンやおさいふアプリ、自分磨きセミナーやプレゼントなど女性が嬉しい!と思うようなサービスが豊富にあります。
契約完了後にはハローキティのあぶらとり紙がプレゼントもあります。

みずほMy Wing専用デスク

専用デスクは女性のオペレーターが対応してくれます。
女性がでてくれるというだけで安心ができます。

0120-324-168
※携帯電話からも利用可能
<受付時間>
月曜日~金曜日
9時00分~20時00分
12月31日~1月3日 祝日・振替休日を除く

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。