総量規制対象外のカードローン

総量規制のカードローンについて

tomatotyanyubisashi総量規制対象外のカードローンのメリットは収入のない専業主婦(夫)でも借入ができる。年収の3分の1以上の借入ができる。という点です。

収入が0円の専業主婦(夫)にとっては年収以上の借入ができるのは嬉しいポイントですし、総量規制の対象のカードローンの場合、年収が300万円の人が借り入れできるのは100万円までですが、150万円や200万円借入することも可能ということです。

しかし、一般的に総量規制対象外であっても、収入のない専業主婦(夫)などが年収以上の借入をする為の審査は可決しやすいですが、年収が300万円の人が年収の3分の1以上借り入れ希望で審査を受けても、大体が審査に落ちるか減額で年収の3分の1までの借入になることがほとんどです。

なので、総量規制対象外と言っても、専業主婦(夫)の借入ができるか。できないか。と言った点が注目視されます。

総量規制対象外のカードローン商品

 銀行名&商品名  金利  限度額  専業主婦の申込みと専業主婦の借入限度額
みずほ銀行
カードローン
4.0%~14.0% 1,000万円 可能(30万円まで)
三井住友銀行 4.0%~14.5% 800万円 不可 
イオン銀行
カードローンBIG
3.8%~13.8% 800万円 可能(50万円まで)
東京スター銀行
スターカードローン
バンクベスト
4.5%~14.6% 300万円 可能(設定なし)
りそな銀行
プレミアムカードローン
3.5%~12.475% 800万円 不可
りそな銀行
クイックカードローン
12.475% 100万円 不可
セブン銀行 15.0% 50万円 可能(50万円)
楽天銀行 4.9%~14.5% 500万円 可能(50万円)
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
2.5%~18.0% 1,000万円 可能(50万円)
住信SBIネット銀行  <プレミアムコース>
1.99%~7.99%
<スタンダードコース>
8.49%~14.79%
 <プレミアムコース>
1,000万円
<スタンダードコース>
300万円
 不可

総量規制対象外の金融機関は上記の表以外に記載された銀行以外にも、様々な銀行や地方銀行・農協・信用金庫で取扱があります。

逆に、信販会社や消費者金融などでは「総量規制対象外」の取扱はありませんから、総量規制対象外の商品を利用したい場合は銀行・地方銀行・農協・信用金庫の中から選ぶようにします。

また、総量規制対象外でも収入のない専業主婦(夫)からは申込みを受付していない商品や銀行もありますから、注意して申し込みすることが必要です。

上記表では、専業主婦でも申込みができるか、できないかを確認できますが、上記以外の銀行などを収入のない専業主婦が申込みしたい場合は、その銀行などの公式ホームページで確認することが必要です。

たいていのホームページでは、利用条件に記載されているので確認してみましょう。

利用条件への記載例

専業主婦申し込み不可三井住友銀行・カードローンの場合)

●お申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下で、原則安定した収入のある方
●当行指定の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方

この場合、「原則安定した収入のある方」とのみ記載されていますから、専業主婦(夫)の申込みは不可となります。

この他に、専業主婦は可能でも専業主夫(男性)の申込みは受付していない商品もありますから、よく確認するようにしてください。

「総量規制対象外」のみを注目して解説

みずほ銀行・カードローン 編

mizuhoginkourogo審査の方法や手続きの方法が昔ながらの方法で融資まで時間がかかります。
融資限度額が1000万円までと大きいので年収の3分の1以上の融資にも期待がもてます。

審査は厳しめですが、安定した収入や他社の借り入れがなければ審査には通りやすいです。また、専業主婦の場合は女性専用ローンのマイ・ウィングが利用できます。女性特有のサービスが受けられるのは嬉しいぽイントです。

三井住友銀行 編

mituisumitomorogo専業主婦(夫)は借入不可です。
かなりガチガチな状態の商品で返済方法もかぎられていますし、三井住友銀行の口座がないと利用できないサービスが多く、気軽に申し込みするということは難しそうですが、手数料無料のATMが多く、一度申込みして審査に通ってしまえばかなり利用のし易い商品です。

 

イオン銀行・カードローンBIG 編

ionginkourogo低金利で申し込みができます。
イオン銀行のATMは全国各地にあり気軽に利用ができそうですが、それに加えコンビニのATMでも簡単に利用ができるから安心です。
申込みから融資を受けるまでに時間がかかるので、余裕をもっての申込みが必要です。また専業主婦でも申込みが可能で専業主婦(夫)の融資限度額が50万円までと大きいのは嬉しいポイントです。

東京スター銀行・スターカードローンとバンクベスト 編

toukyousuta-ginkourogo専業主婦も申込み可能で、スターカードローンはカードローン型。
バンクベストはネットバンク型と分かれています。使い勝手の良い方を選んで申込みしてみてください。専業主婦(夫)の融資限度額が設定されていないので、申込みをして審査を受けるまでいくら借入ができるかわかりませんが、その分多く融資を希望している場合は申込みはできるので、審査を受けてみる価値はあります。
融資限度額は300万円までと低めの設定になっています。

りそな銀行・プレミアムカードローンとクイックカードローン 編

risonaginkourogo店舗型の銀行の中ではイオン銀行と同様に低金利な商品です。プレミアムカードローンは利用条件が厳しくりそな銀行の営業範囲内に勤務もしくは住居がある方で年収の制限もありますが、クイックカードローンは誰でも気軽に申込みすることができます。
専業主婦の申込みは受付していませんが、パートやアルバイトでも良いので安定した収入があれば申込みできます。

セブン銀行 編

sebunginkourogoセブン銀行は全国どこにでもあるセブンイレブンのATMを使って入出金ができる便利な商品です。
借入限度額は50万円までと、少額融資向けで専業主婦でも50万円の融資希望で申込みすることが可能です。金利は低くないのですが手軽さと便利さを考えれば、悪くない条件です。

楽天銀行・スーパーローン 編

rakutenginkourogo人気のネット銀行でも総量規制対象外の商品があります。
ネット銀行での利用は利用明細書や通帳などの心配がないのがポイントで、楽天銀行のスーパーローンの場合は利用額に応じて、楽天ポイントが貯まる仕組みなっています。ネットショッピングを楽しむ方にはかなりオススメできる商品です。また専業主婦への利用限度額は50万円と高めになっています。

ジャパンネット銀行・ネットキャッシング 編

jyapannextutoginkourogoプレミアムコースとスタンダードコースがありますが、どちらも専業主婦の申込みは受付していません。プレミアムコースに関しては利用限度額が1000万円までとかなり高額の融資がうけられます。プレミアムコースかスタンダードコースかは自分で選択することができず、審査を受けてからジャパンネット銀行が決めることになっています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。