大手銀行カードローンの金利を比較!!詳細返済シュミレーション付きでわかりやすく解析

大手銀行 下限金利&上限金利一覧表

まずは、自身が借入したい銀行の金利を確認してみましょう。
金利はやはり低いほうがお得ですが、下限金利で借入をしたいのであれば、それなりに大きな金額の借入(融資)が必要になります。

また、日頃からお世話になっている銀行であれば「住宅ローンの利用で金利-0.5%」などのサービスもありますから、上手に活用するのも方法です。

銀行名

下限金利

上限金利

みずほ銀行

2.0%

14.0%

三井住友銀行

4.0%

14.5%

イオン銀行
カードローンBIG

3.8%

13.8%

東京スター銀行

4.5%

14.6%

りそな銀行

プレミアムカードローン 3.5%

プレミアムカードローン 12.475%

クイックカードローン9.0%

クイックカードローン12.475%

セブン銀行

15.0%(一律)

上限金利、下限金利共にりそな銀行のプレミアムカードローンとクイックカードローンがお得になっています。

りそな銀行の場合「住宅ローンのり用中の方なら-0.5%金利を引き下げ」をしてくれるので活用してもっとお得に借入することも可能です。

また、利用目的別に申込みすることも可能で、プレミアムカードローンはまとまった金額を用意したい時、クイックカードローンはスピーディーに対応等の利用者視点のサービスが豊富です。

新生銀行の上限金利18.0%は一番高く、業界一の高金利ですが、実は新生銀行は無利息期間が充実しています。なのである程度金利が高くても、返済時期などの目安があるのであれば、利用したいカードローンになります。

比較的、金利のバランスがとれていて、誰でも利用しやすいという部分ではイオン銀行がお勧めです。

銀行別、借入金額に対する金利と公式サイト返済シュミレーションページ案内

自身が借入したい金額で金利がどれくらいかかるかを確認してみましょう。
(金利は基本的に借入金額よって決まってきます。)

そして、その金利で月々の返済金額がいくらになるのか、返済期間がどれくらいになるのかをリンク先の公式サイト返済シュミレーションで確認してみましょう。

みずほ銀行

借入金額

借入利率

800万円

2.0%

600万円以上~800万円未満

4.5%

500万円以上~600万円未満

5.0%

400万円以上~500万円未満

6.0%

300万円以上~400万円未満

7.0%

200万円以上~300万円未満

9.0%

100万円以上~200万円未満

12.0%

10万円以上~100万円未満

14.0%

返済シュミレーションページ URL http://www.mizuhobank.co.jp/loan/card/term.html

「返済期間シュミレーション」「返済回数シュミレーション」「返済金額シュミレーション」が可能です。

三井住友銀行

借入金額

借入利率

700万円超800万円以下

4.0%~4.5%

600万円超700万円以下

4.5%~5.0%

500万円超600万円以下

5.0%~6.0%

400万円超500万円以下

6.0%~7.0%

300万円超400万円以下

7.0%~8.0%

200万円超300万円以下

8.0%~10.0%

100万円超200万円以下

10.0%~12.0%

100万円以下

12.0%~14.5%

返済シュミレーションページ URL http://cardloan.smbc.co.jp/pc/payment_simulation/top

「毎月返済額シュミレーション」「返済期間シュミレーション」「借入可能額シュミレーション」が可能です。

イオン銀行 カードローンBIG

借入金額

借入利率

30万円~90万円

13.80%

100万円~200万円

8.80%

300万円

7.80%

400万円~600万円

4.80%

700万円~800万円

3.80%

返済シュミレーションページ URL https://www.aeonbank.co.jp/service/loan/kakusyu_loan/simulation/hensai.html?id=443501

入力された条件に基づき、毎月の返済額をシミュレーションします。

東京スター銀行

約定利率は、お客さまのお借り入れ状況などに応じて東京スター銀行が決定。

4.5%~14.6%

返済シュミレーションページなし。

りそな銀行

<<<プレミアムカードローン>>>

借入金額

借入利率

800万円型

3.5%

700万円型

4.0%

600万円型

4.5%

500万円型

4.9%

400万円型

5.5%

300万円型

7.0%

200万円型

9.0%

150万円型

11.5%

100万円型

11.5%

50万円型

12.475%

<<<クイックカードローン>>>

借入金額 借入利率
200万円型 9.0%
150万円型 11.5%
100万円型 11.5%
70万円型 12.475%
50万円型 12.475%
30万円型 12.475%
10万円型 12.475%

返済シュミレーションページなし。

セブン銀行

一律 15%

返済シュミレーションページなし。※返済金額固定

<<<100万円を借入した場合の各銀行の金利>>>

みずほ銀行

12.0%

三井住友銀行

12.0%~14.5%

イオン銀行 カードローンBIG

8.80%

東京スター銀行

4.5%~14.6% ※審査をうけないと不明

りそな銀行

プレミアムカードローン 11.5% クイックカードローン 11.5%

セブン銀行

借入限度額は50万円まで。※金利は一律15%

100万円の借入という部分だけで考えると、金利条件が良いのは8.8%のイオン銀行が金利が低く借入が可能です。

東京スター銀行に関しては、審査をうけないと金利が不明なのでなんとも言えない部分でもありますが、他の銀行から11%前後と言えそうです。

固定金利はりそな銀行のクイックカードローンとセブン銀行です。
りそな銀行のクイックカードローンは11.5%と他銀行と比べても比較的安く、少額融資を希望しているのであれば利用がし易い商品です。

セブン銀行は15%の決して低くはないのですが、返済金額も固定であったりと利用しやすい部分では大きなメリットがあります。

返済シュミレーションですが、公式サイトに用意されていない場合もあります。
当サイト内にも返済シュミレーションができるページを用意していますから、そちらを利用していただくと便利に活用できるかと思います。

当サイト 返済シュミレーションページヘ

無利息期間やその他サービスも比較

返済金額や期間の目安ができたら最後にチェックしたいポイントとして、無利息期間やその他サービスも視野にい入れるとより良い自分に合った商品を選びだすことができます。

みずほ銀行

・無利息期間なし
・口座開設必要
・女性専用ダイヤル(商品)がある

みずほ銀行は口座開設が必要ですが、カードローンの申込みと同時に開設することができるので利用がしやすくなっています。
申込み方法や返済方法などの利用方法も電話やスマートフォン、パソコンなど自由に選ぶことができるので利用の幅が広い商品です。

三井住友銀行

・無利息期間なし
・口座開設不要
・ATM手数料、時間外手数料無料

三井住友銀行のカードローンは、即日審査で即日融資も可能です。
住宅ローンを利用していれば金利が引き下げになるサービスがあり、利用者にやさしいカードローンです。極度額、300万円までなら収入証明書の提出が不要で余計な書類収集をしないでも良いので気軽に申し込みが可能です。

イオン銀行 カードローンBIG

・無利息期間なし
・口座開設必要
・イオン銀行ATMなら手数料無料

イオン銀行のカードローンBIGは専業主婦も申し込みができて、人気が高いです。
利用までに少し時間がかかってしまうのですが、金利も低く、提携しているATMも数が多いので、全国どこでも便利に活用できるメリットがあります。

東京スター銀行

・無利息期間なし
・口座開設不要
・パート、アルバイトでも申込み可能

全国の都市銀行のATMでも利用が可能ですし、地方銀行でも利用が可能です。
ネットローンタイプなら東京スター銀行の口座開設は不要ですし、最短即日で審査結果の回答をもらうことができます。ほとんどの手続きをインターネットで完了させることができます。

りそな銀行

・無利息期間なし
・口座開設必要
・住宅ローン利用で金利特典

プレミアムカードローンとクイックカードローンの2つにわかれ自分の利用のしやすい方を選ぶことができるのがポイントです。口座開設は必要ですがカードローンの申込みと同時に開設できます。

セブン銀行

・無利息期間なし
・口座開設必要
・返済は定額

気軽に簡単に利用したいのであればセブン銀行がお勧めです。
専業主婦でも申込み可能ですし、全国各地にあるセブン銀行で気軽に利用ができます難しい利用規定もあまりなく簡単に使えるのが特徴です。

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。