支払い期日に返済ができません。別のカードの支払金額を勘違いしてしまい・・・

支払い期日に返済ができません。
別のカードの支払金額を勘違いしてしまい、支払い期日に返済が出来ませんでした。なんとかお金の工面もしてみたのですが、どう考えても3ヶ月後にしか支払いができなさそうです。

以前、同じようなことがあって、支払い期日に間に合わない旨を伝えたら、どうにかしてお金の集めてくださいの一点張りで、何も対処してもらえず、なんとか両親に借りて返済したのですが、もう両親に借りることもできません。

また、支払いが出来ないなんて情けないのですが、借入先に連絡はしないといけないものなのでしょうか?同じように対処されるのもわかっていますし・・・
裁判所等から催促状などがくるのも怖いです。

sakebuotoko管理人58号は今日も元気です。
だんだん小ネタにも飽きてきたとう声も聞こえるのですが、それでも世界の中心で小ネタを叫ぶ!・・・世界の中心はどこなのか?答えはきっと心のなかに。

さて、またまた、質問ありがとうございます。

こうやってある程度自分の状況などを詳しく話していただけるとこちらも回答しやすくなります。はい。

まず、支払いができない場合。
基本的に借入先に電話するのは当たり前です。

で、今回の場合、3ヶ月後に返済ができるのであればその旨を伝えましょう。この時に曖昧に「3ヶ月後に入金します」ではダメです。

3ヶ月後の○月○日に返済します。
もっと言えば、平成〇〇年〇月〇日○曜日にと明確にしてください。

支払いができないからどうにかしてください。と言うのは、電話をもらった借入先も困ってしまいます。
自分がお金を貸している立場になってみるとわかると思います。
「支払いができないから、どうにかしてください!」と言われても、「じゃあ、いつ払えるの??」という話です。

支払いが出来ないのなら、可哀想だから借金はなしにしてあげるよ。なんて世の中あまくないです。
もしくは、借金をなしにしなくても、減額してあげる!!
なんて簡単にできるはずはありません。

お金を借入する際に、契約書を書いたのですから返済する義務も発生しています。その上で借り入れしているのですから返済は必ずしてください。

ちなみに、借金の減額や借金をなかったことにする法的措置もあります。債務整理と呼ばれ手続きの方法は様々です。自己破産や任意整理、特定調停、個人再生などがあり、これらを行うときには弁護士などの専門家に依頼をして行うことになります。

 

また、別の方法として返済金額を最少返済額にしてもらえるかどうかを確認してみてください。
契約の種別や返済方法の種類によって異なりますが、一般的に借金の残高に対して最少返済額は変動してきますから、今、借金がいくらあるのかを確認していつもの返済金額ではなく、最少返済額で対応してもらえるかを確認しましょう。

大抵の場合、最少返済額以上の返済が求められていて、最少返済額以上なら返済金額はいくらでもOKとしている金融機関が多いので最少返済額で返済ができるのであれば数ヶ月間はそれで対応してみてください。

 

他には、払える分だけでも支払いしたい旨を伝えてみてはどうでしょうか。借り入れしている金融機関にもよるのですが、電話で相談すると最少返済額以下での返済も受け付けてくれる可能性があります。

利息分だけでも・・生活費を残して少ないけど少しでも支払いができる。返済したいという気持ちがあるのであれば、相談する価値はあります。

例えば最少返済額が1万円だったとしましょう。
手元には5千円しか返済出来ないけど、5千円でも入金したいのであれば聞くべきです。

延滞をした場合、電話連絡をしても「遅延損害金」というペナルティは発生します。殆どの金融機関が遅延損害金利率を20%としていますから、金利はかなり高くなってしまいます。

※遅延損害金は20%上限です
※それまでに合った通常の利息が20%に変更という形になります。
※利息+遅延損害金ではないです。

だとしたら、1円でも残金は減らしておいたほうが遅延損害金は少なくて済むので少額でもいいからなんとか入金してください。

できる限りのことをして、しっかりと借入先と連絡が取れている場合の延滞に関しては裁判所等からの催促状はこないです。
なので、質問者様も連絡をするべきですね。

連絡もとれずに、延滞が続いている(一般的には3ヶ月以上)となると裁判所等からの催促状が届くこともあります。

ganbare少し厳しい言い方かもしれませんが、もうしばらくはお金を借入することやめて、収入を増やす努力をしてみては如何でしょうか。
身体的な問題や精神的な問題がない限り働くことはできるかと思います。

延滞を繰り返している様子が伺えるので、収入を増やして生活を豊かにする方法を考えてくださいね。

まずは、借入先に電話連絡!!
とっても勇気のいることですが、がんばってくださいね!!

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。