国保の支払いができない相談 知っておくべき国保の基本と分納・差し押さえについて

国民健康保険料が払えません。
はじめはカードローンで借り入れをして、それでとりあえず納付してしのいでいたのですが、カードローンの返済もあるし限度額もいっぱいまで借り入れをしてしまったのでこれ以上借りる余地もなく・・・。

国民健康保険料を払わないとどうなってしまいますか。
また分割払いなどはできませんか?
滞納した場合は財産の差し押さえなどはあるのでしょうか?

わからないことが多くて不安です。
よろしくお願いします

 

sazaeringokanrinin58ver

こんにちは。管理人58号です。

とある日、カフェで仕事なんて良いかな~と外出することに。
パソコンを持ってカフェに到着。

財布を自宅に忘れた、愉快な管理人58号さん。

リアルなサザエさん現象。
おとなしく自宅で仕事をしました。

 

 

さて、お悩み相談室のご利用、ありがとうございます!

まず、、カードローンを使ってまで支払いをしていたこと。
とっても偉いと思う反面。

なんでこのように努力する方を救ってあげられないのか・・・と悲しみさえも。

今までよく頑張ってきたと思います。はい。

まずはですね。。不安もいっぱいということですから、国民健康保険について知っていきましょう。

国民健康保険とは・・・

日本国民は必ずいずれかの保険制度に加入する義務があります。
なので・・・国民健康保険に加入していない方は会社の健康保険や船員保険、官公庁の共済組合などに加入しないといけません。

なので、任意で国民健康保険を脱退することはできません。
もちろん、就職などによって国民健康保険を脱退し新たに会社の健康保険に加入する等の場合は手続きが可能になります。

<<保険の種類>>

制度

被保険者

保険者

給付事由

国民健康保険 健康保険・船員保険・共済組合等に加入している勤労者以外の一般住民 市区町村 病気・怪我・出産・死亡
健康保険 健康保険の適用事務所で働く民間会社の勤労者 全国健康保険協会・健康保険組合 業務外の病気・怪我・出産・死亡
共済保険 国家公務員・地方公務員・私学の教職員 各種共済組合 病気・怪我・出産・死亡
船員保険 船員として船舶所有者に使用させる人 全国健康保険協会 業務外の病気・怪我・出産・死亡

上記表以外に退職者医療向けの国民健康保険や高齢者医療として後期高齢者医療制度などがあります。

 

国民健康保険に加入することによって何があるの?

hokensyou

身近なことからいきましょう。

例えば、、風邪になってしまい病院にいく場合。
治療費がかかりますね。

「病院代がかかって・・・今月ピンチ!」
「医療費って馬鹿にならないよね。」
「大して診察もしてくれないのに、診察料とって・・・」

と医療費に関する愚痴も多くありますが、通常の風邪程度の医療費であれば殆どの医療費を国が負担してくれています。

 

例えば医療費が1000円かかったとしましょう。

すると、義務教育就学後から69歳までの国民は3割の医療費負担になります。

1000円の医療費の中の300円分を支払いすることによって医者にかかれるということになります。
しかし、これが国民健康保険などの保険に加入していない場合。
1000円を全額自己負担しないといけないことになります。

1000円だとあまり高額なイメージがないかもしれませんが、これが5000円の医療費だと1500円で済みますし、10000円なら3000円です。

そして、この負担する割合は年齢によって分けられています。

75歳以上 1割負担(現役並み所得者は3割負担)
70歳から74歳 ※ 2割負担(現役並み所得者は3割負担)
義務教育就学後から69歳 3割負担
義務教育就学前 2割負担

※4月以降に新たに70歳になる者・・・2割
 同年3月待つまでに既に70歳に達している者・・・1割

と・・・
身近な(?)国民健康保険を利用している時の仕組みですね。

それから、国民健康保険は加入していると、まだまだ使いみち・・・というか受けられる制度が多くあります。(その他の会社の健康保険、船員保険や共済組合も同様)

 

入院に備えて・・・

入院といっても3日程度の軽度の入院なら医療費もそこまでかさみませんが、手術を行っての長期入院や骨折などになるとお金はどんどん出ていきます。

その際に利用できるのが「高額療養費制度」です。
医療機関や薬局の窓口で支払った額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。※入院時の食費負担や差額ベッド代等は含みません。

所得によって、ひと月あたりの自己負担限度額が異なります。

所得区分 ひと月あたりの自己負担限度額
年収約1160万円~ 健保:標報83万円以上 国保:年間所得901万円超 252,600+(医療費-842,000)✕1% <多数回該当:140,100>
年収約770~約1160万円 健保:標報53~79万円以上 国保:年間所得600~901万円 167,400+(医療費-558,000)✕1% <多数回該当:93,000>
年収約370~約770万円 健保:標報28~50万円以上 国保:年間所得210~600万円 80,100+(医療費-267,000)✕1% <多数回該当:44,400>
~年収約370万円 健保:標報26万円以下 国保:年間所得210万円以下 57,600 <多数回該当:44,400>
住民非課税者 35,400 <多数回該当:24,600>

と、、、( *゚∀゚)・;’.、ブッ

一体、いくら負担なのよ?とこの表からわかりにくくなってしまいましたね。。

例を、用意っ

70歳未満、年収約370~約770万円とします。
100万円の医療ひがかかり、窓口の負担が3割。  つまり30万円の自己負担額。

上記表の上から3番目にあたります。

ひと月あたりの自己負担限度額計算式は

80,100+(医療費-267,000)×1%

ですから。。。
医療費は100万円。

80,100+(1,000,000-267,000)×1%=87,430円

はい。

100万円かかる医療費が87,430円で済む!というお話になります。

コレも国民健康保険に加入しているからこそ、受けられる制度なんですね。

と、、、その他、色々。

◇高額医療・介護合算制度
◇後期高齢者医療制度
◇葬祭費支給
◇出産育児一時金

などなど、加入しておくと病気や怪我、死亡、出産で保険を活用できます。

以上が、ざっくりとした国民健康保険の仕組みやら何やらですね。

‚¢‚¶‚ß

 

さて、前置きが長くなりました。

相談者様の相談内容は。。。

1,国民健康保険料を払わないとどうなってしまいますか?
2,分割払いなどはできませんか?
3,滞納した場合は財産の差し押さえなどはあるのでしょうか?

となっています。

順番が狂いますが、2,の分割払いについて先に説明します。

少し冷たい書きようになりますが、本来は分割払いは駄目!認められない行為です。
なぜか・・・
真面目に納付している人との間に不公平が生じます。
すると、真面目に納付している人は「分割でのうのうと納付している奴らに同じ医療制度を受けさせたくない」「ちゃんと払っている自分と平等に扱われているのは気に食わない」

と、、なってしまいます。
すると国民健康保険制度自体の存続を危うくする行為だからです。

だれだって月々の負担額を減らして楽に納付できたら・・・
むしろ、納付しないで医療費を軽減できたら・・・

そう、思いますよね。はい。

 

しかし、経済的な理由でどうしてもできない場合。
管轄の市区町村役場に問い合わせし手続を行うことで分納も可能になります。

ただ、国民健康保険制度は市区町村で管理しているものになりますから、一概に何回払いに分割できるとか、月額○○円になる!!!
といった情報ないので、相談次第。となります。

市の公式サイトで国民健康保険料の相談について電話番号の表示が多い中大阪府阪南市の公式サイトでは、相談に必要なものとして。。

・印鑑
・収入と支出の内訳がわかる書類(直近3ヵ月程度) (様式1「収支内訳表」PDF形式)
・資産の状況(預貯金、不動産などの内訳)がわかる書類 (様式2「資産一覧表」PDF形式)
・負債の状況(各種ローンなどの内訳)がわかる書類 (様式3「債務一覧表」PDF形式)

※様式は公式サイトで取り寄せしてください。

と明確に書かれていたので例として紹介しますね。

阪南市公式サイト 「国民健康保険料を滞納すると(=滞納者対策について)」のページはココをクリック。

ページ下の方に「ご利用ください納付相談」とあります。
参考にしてください。

確かに、「不公平」と言われてしまうと、相談するのも、、、、と思ってしまいますが、このまま納付をカードローンなどを使って支払い続けていたとしても破綻してしまうだけですから勇気をもって相談するようにしてくださいね。

nazonohi-ro-

次に、1,支払わないとどうなるか。3,差し押さえは。
の部分ですね。

差し押さえはありえます。
ただ、すぐに差し押さえにはなりません。

それなりの手続などを踏まえてになりますから、きちんと分納なら分納の手続をして納めていれば問題はありませんし、経済的に本当に保険料の納付が無理なのであればそれはそれで免除してもらう方法もあります。然るべき手続を行わないでの滞納や支払い能力があるのに支払わない場合の滞納の場合のみ、差し押さえとなります。

支払いしないと・・・

◇保険料の滞納が多額になった場合は通常の被保険者証よりも有効期限が短い「短期被保険者証」が交付されます。
◇さらに、特別の事情もなく滞納が続いた場合は被保険者証を返還していただき、代わりに「被保険者資格証明書」が交付されます。
※「被保険者資格証明書」で医療機関にかかった場合は、医療機関の窓口で、医療費の10割を負担。

もちろんこの際に督促状が届いたり、市区町村からの連絡などがあると思います。
それに応じず、無視し続けると、最終的に差し押さえですね。

 

まずは、市区町村に相談してみましょう。

役場の「健康部 保険年金課」や「福祉部 保険年金課」などが窓口ですが、よくわからない場合は役場の代表番号に電話をして「国民健康保険の納付について聞きたいのですが・・・」といえば電話を回してくれますよ。

相談に直接伺う場合も先に電話をしておくとスムーズだと思います。
相談者様が何故、国民健康保険料を支払いできないのか。
どういった生活をしているのかなど、わからないことも多いのでこれくらいの回答しかできませんが・・・。ぜひ参考にしてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。