カードローンの金利を比較!お得に借入したい人が比較の際に注意すべきポイント

カードローンの申込みを考え比較する際に、よく目にする言葉が「カードローンの金利を比較しましょう」という言葉です。

「カードローンの金利」の比較を以下の表を参考に比較して、低金利な銀行や消費者金融を選んで申し込み・審査を受けてみましょう!!

銀行名

下限金利

上限金利

みずほ銀行

4.0%

14.0%

三井住友銀行

4.0%

14.5%

新生銀行

4.5%

18.0%

イオン銀行

3.8%

13.8%

東京スター銀行

4.5%

14.6%

りそな銀行

プレミアムカードローン 3.5%

プレミアムカードローン 14.6%

クイックカードローン 12.475%(一律)

セブン銀行

15.0%(一律)

↑こんな感じの表があります。

確かに、金利の比較はできます。
上記の表からみれば下限金利が最も低いのはりそな銀行のプレミアムカードローンですし、上限金利が最も低いのはりそな銀行のクイックカードローンです。

単純に金利だけを見るのであればこれで十分なのですが、金利を比較するときに注意したいことがあります。

1、自分がいくらの借入をしたいのか。

基本的に借り入れした金額によって金利は変わってきます。
どの商品もそうですが4.6%~14.6%などと幅があります。

例えばですが、10万円借りたら14.6%の金利ですし、500万円借り入れしたら5.8%の金利。と借入した金額が多いほど金利は一般的に低くなります。もちろん、セブン銀行などのように一律の金利もあります。

なので、自分が〇〇万円借り入れしたらどれくらいの金利になるかを比較しないと金利の比較にはならないということです。

自分がどのようにカードローンを利用してどの位の金額が必要なのかを考えて、比較することが大切です。

例えば、みずほ銀行で10万円以上100万円未満の借入をしたら金利は14.0%です。同じ金額を三菱UFJ銀行で利用すると13.6%~14.6%の間で審査によって金利が決まります。また、みずほ銀行や三菱UFJ銀行のように予め金額によってある程度金利が決まっていなくて、審査によって確定する場合もあります。

この場合、クレヒスに自信があるのであれば、三菱UFJ銀行に申し込みをするべきですし、クレヒスにあまり自信もないのであればみずほ銀行に申し込みするのが良いと言えます。

2,返済方式も同時に確認

返済方式によって金利が低くても結局支払い金額が多くなってしまったり、長期間にわたり返済をし続けないといけない場合もあります。
ですから、金利と同時に返済方式も確認しましょう。

詳しい返済方式の内容はまた別ページで紹介していますが、
「元金均等返済方式」
「元利均等返済方式」
「リボルビング方式」
の順番で長期間の返済になります。

yubisashi返済方式まで理解して利用するのは少しむずかしいことかもしれませんが、しっかりと理解をして、利用する様にしないと無駄なお金を支払いするはめになってしまいますから、よく勉強して下さい。

もしくは、返済方式別にシュミレーションできるページもあります。そういったページを利用するのも方法です。

例 100万円借入して、1年間で返済する場合

「元利均等返済方式」

ローン総額 1,000,000円
支払い回数 12回
金利 14.0%
月利 1.167%
返済方式 元利均等返済方式
月間返済額 89,787円
返済総額 1,077,445円
利息総額 77,445円

「元金均等返済方式」

ローン総額 1,000,000円
支払回数 12回
金利 14.0%
月利 1.167%
返済方式 元金均等返済方式
返済総額 1,075,833円
利息総額 75,833円

シュミレーションにはこちらのサイトが参考になります。
「不動産投資分解ソフト」

http://www.reifa.jp/loancalculator
※元利均等返済方式と元金均等返済方式のシュミレーションができます。

「キャッシングローン・カードローン POINT」

http://12cashing.com/hensai_00.html
※残高スライド元利定額リボルビング方式・元利定額リボルビング方式・元金定額リボルビング方式・元金定率リボルビング方式のシュミレーションができます。

 

以上の2つのポイントをよく考えて、金利を比較する様にすることが大切です。結局、一番上に紹介した金利の比較表はかなり幅の広い金利ですから、自分がいくら借りたらどれくらいの金利になるのかまではわからないということです。

金利を上手に比較するには、まず利用条件を確認(年齢制限や年収、住所等の簡単な条件をみたいしているか)その後に、おおまかな金利を比較し、借入したい金額で返済方式を確認した上でシュミレーションしてみる。

この流れで金利を比較して、自分にあったカードローンを見つけてください。

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。