ACマスターカードの商品概要を解説

【ACマスターカードの特徴】

ACマスターカードは「カードローン付き」と「ショッピング専用」の2種類から選ぶことができます。最短即日発行も可能で、コンビニやスーパー、世界中のMasterCardRの加盟店で利用が可能なカードです。
ショッピング専用のカードは海外キャッシングには利用できません。海外で利用を希望の場合はカードローン付きの商品を選んでください。

【メリット】

最短即日発行

アコムの自動契約機(むじんくん)で、その場でカード発行手続きが可能です。

利用明細書の郵送なし

利用明細書の郵送がないので、プライバシーを守ることもできますし、利用明細書が必要な場合は店頭窓口・ATMで受け取りが可能です。

【デメリット】

ポイントなどが付かない

クレジットカードの特有のポイントなどが一切使ないので、ポイントなどを利用してお得に利用したいと思う方には不向きです。

消費者金融のカード

あくまでも消費者金融のクレジットカードですから、審査の時点でアコムへの申込みという形になります。クレヒスなどが気になる方は利用しない方がいいかもしれません。

【ショッピングについて商品詳細】

利用限度額 10万円~300万円
手数料率/実質年率 10.0%~14.6%
返済方式 定率リボルビング方式
各回の支払期日 35日ごとの支払・毎月支払(口座振替・口座振替以外)
共済金の算定方法 利用金額の3.0%以上、利用金額の2.5%以上、利用金額の2.0%以上。各々千円単位。
共済金の算定例 手数料率 実質年率14.6%、リボルビング残高10万円、利用日数30日、支払い金額3,000円の場合 内訳 手数料充当額 10万円✕0.146÷365日✕30日=1,200円 リボルビング残高充当額 3,000円-1,200円=1,800円

【カードローンについて商品詳細】

融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.7%~18.0%
必要書類 運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等) ※借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
返済方式 定率リボルビング方式
返済期間・回数 最終仮りえから最長6年9ヶ月・1回~80回
治験損害金(年率) 20%
担保・連帯保証人 不要

※カードローンとショッピングの利用合計の上限は500万円まで

【ショッピング枠利用方法】

支払い回数は「1回」

利用時に支払い回数を聞かれたら「1回」と答えてください。1回と答えても、自動的にリボルビング(分割)払いになっています。

ボーナス一括払いは利用不可

加盟店にボーナス一括払い、ボーナス2回払いなどと案内があっても、取扱はしてません。

その他

カードの裏面には署名、利用後は利用明細書の確認をしてください。

【便利な使い方】

カード利用限度額の中で、カードローンでもショッピングでも使い道に合わせて自由に利用が可能です。
※ACマスターカード(カードローン付き)のカード利用上限は、「カードローン契約極度額」または「ショッピング限度額」のどちらか高いほうの金額になります。

<<利用例1>>
■カードローン契約極度額とショッピング限度額が同じ場合

acmatuta-1

カードローン契約極度額…50万円

ショッピング限度額…50万円

カードの利用上限額は50万円

 

~~~利用イメージ~~~

1,カードローンに30万円利用
⇒残り20万円はカードローン・ショッピングどちらにでも利用可能acmatuta-2

 

2,カードローンに10万円・ショッピングに30万円の利用
⇒残り10万円はカードローン・ショッピングどちらにでも利用可能acmatuta-3

3,カードローンに20万円・ショッピングに30万円の利用
⇒カードの利用上限額に達しているため、追加利用不可acmatuta-4

<<利用例2>>
■カードローンと契約極度額とショッピング限度額が違う場合

acmatuta-5

カードローン契約極度額…15万円

ショッピング限度額…35万円

カードの利用上限額は35万円

~~~利用イメージ~~~

1,カードローンに5万円、ショッピングに20万円利用
⇒10万円はカードローン・ショッピングどちらにでも利用可能。acmatuta-6

2,カードローンに15万円利用
⇒20万円はショッピングで利用可能。
カードローンはカードローン契約極度額に達しているため利用不可。acmatuta-7

3,カードローンに10、ショッピングに10万円の利用
⇒15万円のうち、カードローンは5万円まで、ショッピングは15万円まで利用が可能。acmatuta-8

4,カードローンに15万円、ショッピングに20万円
⇒カードの利用上限額に達しているため、追加で利用不可。acmatuta-10

【返済方法】

35日ごとの支払い
毎月指定期日の支払い
口座振替

35日ごとの支払い

返済期日は前回の返済日の翌日から数えて35日目です。

初回支払期日:締日(毎月20日)の翌月7日から35日以内
2回目以降:前回の支払日の翌日から35日以内

※取り引きの途中で追加借入をしても、返済期日は延長されません。

毎月指定期日の支払い

返済期日は自身で希望した毎月指定日です。
・返済期日より15日以上前に入金の場合は、前月の追加入金扱いになります。
・毎月指定日がアコムの休業日(土・日・祝日、年末年始)にあたる場合は翌営業日が返済期日です。
※取り引きの途中で追加借入をしても、返済期日は延長されません。

口座振替

締め日(毎月20日)の翌月6日、以降毎月6日に口座振替(自動引落し)がかかります。
・6日が金融機関の休業日の場合は、翌営業日が口座振替日になります。
・口座振替以外の任意の返済はアコムの店頭窓口またはATMで受付け。

【手数料について】

手数料はリボルビング残高の経過日数に応じてかかります。

・毎月20日までの利用分(新規利用残高)を翌月の6日までに支払いする場合、手数料はかかりません。
・新規利用残高で一括で支払いの場合は、一般的なクレジットカードの1回払いと同様の扱いになります。

<<新規利用残高とリボルビング残高>>
新規利用残高とは
締日(毎月20日)までに、新たにショッピングを利用した分の集計金額。新規利用残高は翌月6日にリボルビング残価だになり、翌月7日から経過日数分の手数料がかかります。

リボルビング残高とは
手数料がかかるショッピングの利用残高。
新規利用残高が締日翌月の6日を過ぎると、ここに加算。

acmatuta-12

【申込み方法】

ACマスターカードの申込みはアコムのカードローンと同じ方法で申し込みが可能です。
インターネットや電話、自動契約機(むじんくん)など都合の良い方法で申し込みが可能です。

を申し込みの際にはカードローンを申し込みする際にACマスターカードを希望している旨を担当者に伝えます。インターネットなどから申込の場合は、「申し込み完了のお知らせ」のメールが届いたら電話連絡しても良いですし、本人の意思確認の電話の際に伝えても良いです。

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。