103万円の壁

ここでは特に主婦の方に有益な情報として、働き損にならないための税金の基礎知識をお伝えします。

せっかく家計のためを思って頑張って働いたとしても、年収103万円以上の収入を得てしまうと税金を払わなければいけません

もし働くとしても雇用形態によっても税金の収め方が違うので、社員・パート・派遣社員など、

どの働き方がいいのか働き先を決めるまえに雇用形態について考えたほうが良いかもしれませんね。

年収103万円と年収130万円の壁

現在、旦那の扶養の範囲内で働くとなると「年収103万」と「年収130万円」という2つの区切りがありますよね。

主婦の方が年収103万円を超えると所得税負担が発生すると共に、旦那さんの配偶者控除が受けられなくなってしまいます。

また、年収が130万円以上だと、旦那さんの社会保険の扶養枠から外れてしまい、主婦の方自身の社会保険料が発生してしまいます。

これらは、それぞれ「103万円の壁」「130万円の壁」と呼ばれているのです(笑)

「総支給額(額面)」-「社会保険」-「税金」=「差引支給額(手取り金額)」
という風に、基本給から色々と差し引かれて手取り金額になります。

主婦の方は中途半端に働くと働き損になってしまうかもしれません。

年収がいくらまでなら税金の対象にならないのか、その辺を見やすい表にして紹介します。

生活費のために働き始めたつもりが、返って家計を圧迫することになった・・・なんてならないように、しっかりと覚えてください。

 

働き損にならないためのワンポイント

部屋でスマートフォンを見る女性

せっかく生活費のために働いたとしても、年収がある一定の値を超えてしまうと税金が発生します。

◯年収103万円を超える場合 → 所得税が発生

◯年収130万円以上の場合 → 社会保険料が発生

 

この2つを頭に入れて、賢く働きましょう!

 

年収別・雇用形態別に見る、税金の支払い義務

雇用形態
年収103万円以下
年収130万円未満
年収130万円以上
141万円未満
年収141万円以上
パート
パート
パート
派遣社員・正社員
保険料・税金の種類 雇用保険料 1週間に20時間以上働いた場合 払う必要あり 払う必要あり 払う必要あり
社会保険料 払う必要なし 正社員の3/4以上働いた場合 払う必要あり 払う必要あり
住民税
(東京都23区)
年収100万以下は払う必要なし 払う必要あり 払う必要あり 払う必要あり
所得税 払う必要なし 払う必要あり 払う必要あり 払う必要あり
旦那の配偶者控除 控除が受けられる 控除が受けられない 控除が受けられない 控除が受けられない
旦那の配偶者特別控除 控除が受けられない 段階的に控除が受けられる 段階的に控除が受けられる 控除が受けられない

 

その他の壁

gp_checkbox_a138万円の壁・・・在宅ワークなど勤めに出ない働き方の場合は、収入から経費を引いた所得が38万円を超えると所得税がかかります。

gp_checkbox_a1103万円の壁・・・負債の所得税の負担が増加する

gp_checkbox_a1130万円の壁・・・妻の社会保険料の負担が発生する(ただし、夫が自営業の場合は130万円の壁はありません)

gp_checkbox_a1150万円の人・・・150万円を目安として手取り額は確実に増加します。

生活費の為の賢い策とは?

主婦の方の年収が150万円を超えると、夫婦合算の世帯年収は上向きます。子供が小さい方はあまり大きく稼ごうとせず、子供の成長とともに150万円以上の年収を目指すと良いかもしれませんね。

生活費が足りないからと、中途半端に稼ぐのはあまり良くないかもしれないので、もしお金が足りない場合はカードローンなどを上手に使っていく方法も考えてみると良いかもしれません。