東京都民銀行のローン – キャッシングのマネカフェ

東京都民銀行について

東京都民銀行は、東京都港区六本木に本店のある地方銀行です。設立は、昭和26年で、中小企業の金融難を緩和するのが目的で東京都民銀行が設立されました。当初の目的どおり、「首都圏における中小企業の発展と個人のしあわせのために、企業市民として金融サービスを通じ社会に貢献する」という経営理念を掲げています。東京都民銀行のシンボルマークは、遠くからみると、花びらの下半分のようなマークに見えます。

シンボルマークには、人と人とのあたたかなふれあいを表現しており、「人」という文字と東京都民銀行の頭文字である「T」が交わっているデザインです。また、そのデザインが、矢印の形になっていて、地域社会との一体的発展を印しています。イメージキャラクターにはサンリオ商品である「シナモンロール」が起用されています。

子犬のシナモンとその仲間達のキャラクターで子供達を中心に愛されています。東京都民銀行では、通帳やキャッシュカードにイメージキャラクターシナモンが使われています。東京都民銀行は、国内に77店舗をもっており、連結子会社もあります。

子会社には、ローン保証業務のとみん信用保証株式会社、事務代行業務のとみん銀事務センター株式会社、コンサルティング業務の都民銀商務諮詢有限公司、コンピューターシステムの開発などのとみんコンピューターシステム株式会社、各種経営相談などの株式会社とみん経営研究所、クレジットカード業務のとみんカード株式会社、リース業務のとみんリース株式会社などがあります。

東京都民銀行の個人向けのサービスの中で、特徴的な「前給」という商品があります。他の銀行サービスでは聞かれない商品名なのですが、前給は給料日前に働いた範囲内であればお金を受け取れるというサービスです。給料はまだ先なのにお金がピンチ・・・などという時にとても便利なサービスです。審査もなく金利も0%で借りられるのが特徴です。手続きも簡単で、携帯電話などから簡単に申込みをすることができます。前給のお金は、受け取りに行かなくても給料振込用の口座に振り込んでもらえます。

ただし、前給はお勤め先会社が導入していなければ利用することはできません。利用する際には上司の承認などの必要もありません。利用できる金額などは、企業ごとに取り決めがあるので個々に異なります。金利はないのですが、振込の際に振込手数料はかかります。

それでも、消費者金融などでお金を借りるよりもはるかに低コストで借入れができるので、いざという時にはとても便利で心強いサービスです。他の個人向けサービスには、総合口座などの口座をひらくもの、投資信託や外貨預金などのお金を貯めるためのもの、各種ローンのお金を借りるためのもの、保険などの将来にそなえるためのものなどがあります。ローンの中にはメディカルサポートローンというものもあり、医療や福祉事業を展開する個人の人への融資や支援を積極的に行うという商品です。返済期間もゆとりある設定になっているなど、地域の活性化や地元中小企業誘致のために扱っている商品の1つです。

パーソナルカードローンの詳細

東京都民銀行のパーソナルカードローンは銀行、駅、デパートなどのキャッシュコーナーでも利用できる便利なパーソナルカードローンです。また、公共料金の自支払いや給料自動受取または年金自動受取 ・財形預金 ・クレジットカードなどの利用で、1項目につき0.5%、最大2.0%金利優遇されます。
申し込めるのはご自宅またはご勤務先が東京近郊の方で、勤続(営業)年数1年以上の方です。限度額は30万円、50万円から選択できます。

銀行カードローン名 パーソナルカードローン
融資限度額名 30万円、50万円
金利 9.80%
申込み方法 店頭窓口・FAX
融資スピード 数日
保証人・担保 不要(とみん信用保証(株))

東京都民銀行各取り扱いローンの詳細

東京都民銀行の「住宅ローン」

住宅ローンエコスタイルの詳細
ローン名 融資金額 変動金利 固定金利3年 固定金利5年 固定金利7年 固定金利10年 その他金利1 その他金利2 融資期間 担保
住宅ローンエコスタイル 最高1億円 2.475% <2.675%> 2.850% <3.050%> 3.150% <3.350%> 3.300% <3.500%> 3.350% <3.550%> 固定15年3.900% <4.100%> 固定20年4.100% <4.300%> 最長35年 不動産
利用条件
つぎの(1)~(6)に該当し、かつ当行の審査に適合し、とみん信用保証株式会社(以下「保証会社」といいます。)の保証が受けられる方。(1)お借入時の年齢は満20歳以上満70歳以下、最終ご返済時の年齢が満75歳以下の方。(2)原則として日本国籍または永住権のある方。(3)ご返済に見合う安定継続した年収が250万円以上あり、租税公課の滞納がない方。(4)勤続(営業)3年以上の方。(5)個人信用情報センターに事故情報の登録がない方。(6)団体信用生命保険に加入できる方。(保険料は当行負担)。
使い道
ご本人がお住まいになる住宅の資金で、次に該当するもの。(1)環境配慮型住宅の新築・増改築資金、住宅(土地付を含む)、分譲マンションの購入資金。(2)宅地の購入資金、店舗併用住宅(住宅部分が50%以上) の新築・購入資金。※ただし、木造連棟式住宅、借地上の中古住宅、2年以内に住宅を建てる予定のない宅地の購入は対象になりません。<お借り替えの場合>●ご本人の居住される環境配慮型住宅に対する当行以外の住宅ローンの肩替わり資金。●上記肩替わりに伴う不動産登記関係費用等の諸費用。※環境配慮型住宅:「太陽光発電システム」「オール電化」「ガスコージェネレイションシステム」「潜熱回収型給湯器」「地熱を利用した空調システム」を備えた住宅。
借り替え専用住宅ローンの詳細
ローン名 融資金額 変動金利 固定金利3年 固定金利5年 固定金利7年 固定金利10年 その他金利1 その他金利2 融資期間 担保
借り替え専用住宅ローン 最高1億円 2.475% <2.675%> 3.150% <3.350%> 3.450% <3.650%> 3.600% <3.800%> 3.650% <3.850%> 固定15年4.200% <4.400%> 固定20年4.400% <4.600%> 最長35年 不動産
利用条件
つぎの(1)~(6)に該当し、かつ当行の審査に適合し、とみん信用保証株式会社(以下「保証会社」といいます。)の保証が受けられる方。(1)お借入時の年齢は満20歳以上満70歳以下で、最終返済時の年齢が満75歳以下の方。(2)原則として日本国籍または永住権のある方。(3)ご返済に見合う安定継続した年収が250万円以上で租税公課の滞納がない方。(4)勤続(営業)3年以上の方。(5)個人信用情報センターの事故情報の登録がない方。(6)団体信用生命保険にご加入できる方。(保険料は当行負担)
使い道
ご本人の居住住宅に対する当行以外の住宅ローンの肩替わり資金。上記肩替わりに伴う不動産登記関係費用等の諸費用
3大疾病&5住宅ローンの詳細
ローン名 融資金額 変動金利 固定金利3年 固定金利5年 固定金利7年 固定金利10年 その他金利1 その他金利2 融資期間 担保
3大疾病&5住宅ローン 最高1億円 2.475% <2.675%> 3.150% <3.350%> 3.450% <3.650%> 3.600% <3.800%> 3.650% <3.850%> 固定15年4.200% <4.400%> 固定20年4.400% <4.600%> 最長35年
利用条件
つぎの(1)~(6)に該当し、かつ当行の審査に適合し、とみん信用保証株式会社(以下「保証会社」といいます。)の保証が受けられる方。(1)お借入時の年齢は満20歳以上満70歳以下で、最終返済時の年齢が満75歳以下の方。(2)原則として日本国籍または永住権のある方。(3)ご返済に見合う安定継続した年収が250万円以上で租税公課の滞納がない方。(4)勤続(営業)3年以上の方。(5)個人信用情報センターの事故情報の登録がない方。(6)団体信用生命保険にご加入できる方。(保険料は当行負担)
使い道
対象商品:住宅ローン選択上手、借り替え専用住宅ローン。上記肩替わりに伴う不動産登記関係費用等の諸費用

東京都民銀行の「教育ローン」

教育ローンの詳細
ローン名 融資金額 変動金利 融資期間 担保
教育ローン 最高500万円 3.150% 最長10年 不要
使い道
幼稚園・学校および塾・予備校・語学スクール等(個人経営の塾・家庭教師は不可)に係る教育費用(受験料、入学金、授業料、講習費用、等)。教育に付随する費用(入学一時金としての下宿費用、制服代、書籍代、等)。留学(原則1週間以上)に関する費用(渡航費用、滞在費用、等)。

東京都民銀行の「マイカーローン」

マイカーローンの詳細
ローン名 融資金額 変動金利 融資期間 担保
マイカーローン 最高500万円 3.050% 最長7年 不要
使い道
新車または中古車(二輪車を含みます)の購入資金。※個人間の売買や営業用の車両購入にはご利用いただけません。車検・修理に要する費用。当行以外の金融機関および信販会社等の自動車ローンの借換え資金。※対象となる自動車がすでに売却されている場合、これから売却・下取りに出すためにローンを借換える場合にはご利用いただけません。

東京都民銀行の「フリーローン」

東京都民銀行のフリーローンの詳細
ローン名 融資金額 変動金利 固定金利 融資期間 担保
東京都民銀行のフリーローン 最高200万円 6.60% 最長5年 不要
使い道
個人の健全な生活設計資金。
(注)事業資金および旧債返済資金にはお使いいただけません。