自己投資から依存症に、クレカのキャッシングで130万の借金。

 

クレジットカードに付帯しているキャッシング機能は、ATMを使ってお金を借りることができるため、急場しのぎのお金として上手く利用しているひとも結構います。

しかしその手軽さから借金がどんどんかさんでしまう危険性を秘めています。

 

haraandahuku今回は、買い物依存症になったことからクレジットカードキャッシングであっという間に130万円の借金を背負うことになってしまった女性の体験談をご紹介します。

 

 

キャリアアップのための自己投資から買い物依存症に

 

yamadumihon

 

初めてキャッシングをしたのは27歳くらいだったと思います。

 

就職して何年かたった頃、同期が責任ある立場を任されるようになり、わたしは少し焦っていました。

そのせいで、もっと仕事ができるようにならなくちゃ!と意気込み、講座を受講したり本を買って勉強したりして、月に10万円以上スキルアップのための自己投資をしていました。

 

結果、派手な生活をしていたわけではないのに、生活費が足りなくなり、クレジットカードで支払いをするクセがついてしまったのです。

 

その後、勉強のかいあって昇格を果たし、同期たちと肩を並べて仕事ができるようになったのは良かったのですが、クレジットカードで買い物をする習慣で徐々に感覚が麻痺し、ちょっと欲しいと思うと買わずにはいられなくなってしまったのです。

 

ショッピング枠だけでは全然足らず、キャッシングに手を出すまでに時間はかかりませんでした。

 

 

増枠を繰り返して借金が130万円まで膨れ上がる

 

kuraicard

 

キャッシングというと響きがいいですが、『借金』なんですよね。

そのときのわたしにはそんなことすら分かっていなかったのだと思います。

 

最初、キャッシングの限度額は10万円だったのですが、ATMから限度額の増枠ができることを見つけ「ためしにやってみようかな」くらいの気持ちで手続きをしたら、すんなり30万円に引き上げられてしまいました

 

相変わらず買い物依存症だったわたしは、本来返済すべきお金まで使ってしまうので、結局返済に困り、またキャッシングでお金を借りる、足りなければ増枠するというパターンにはまっていったのです。

 

最終的に、2枚のクレジットカードで合計130万円の借金をつくってしまいました。

 

 

銀行のカードローンに借り換えて地道に返済中

 

oyakonosugata

 

130万円の借金をするのは簡単でしたが、返済は簡単ではありません

金利の低い銀行のカードローンに借り換えて、今現在も返済中です。

 

買い物依存症と多額の借金の深刻さに気付いたきっかけは、友人の家に遊びに行ったときのことでした。

 

家の様子から、家族4人(夫と子ども2人)でつつましやかな暮らしをしているのが分かりました。

初めは「このこも苦労しているんだな。大変そうだな。」と思ったのですが、時間が過ぎるにつれ、友人や子どもたちの笑顔やことばからそうではないことを悟りました。

 

その瞬間、わたしの中で何かがはじけたような感覚があり「このままではいけない。すぐに変わらなきゃ。」と決意しました

このときのことは鮮明に覚えているのですが、何年たってもうまく説明ができません。

 

翌週にはカウンセラーに相談に行き、借金は、銀行カードローンひとつにまとめました。

自制のために、あえて月々の返済額は変えず1日でも早く完済することを選びました。

 

おかげさまで、あと少しで返済が終わるところまできました。

 

今は何でも気軽に手軽にできてしまうので、欲求を抑えるのが難しい社会だと言えます。

でも、そんな社会に流されることなく、自分の身近にあるしあわせに気づけるかどうかが、そのひとの人生を決めるような気がしています。