節約の敵!衝動買いを抑える7つの方法

 

『衝動買い』は節約の敵

 

tatakauhitobito

 

1万円の節約をするのにどのくらいの時間と我慢が必要だと思いますか。

 

例えば、毎日100円ずつ出費を抑えられたすると約3ヵ月かかります。

 

ひと箱20本入りで500円のたばこを吸っているとして、1本25円ですから4本我慢しなければなりません。1日10本のたばこを吸うひとなら、約半分です。

毎日、缶コーヒーを朝夕1本ずつ飲んで一息つく習慣があるひとなら、どちらかは缶コーヒーなしにしなければなりません。

 

しかし、衝動買いをしてしまうと1万円なんて簡単に使ってしまいますよね。

そのときはすごく魅力的に見えたのに、自宅に帰ってみたらなんだかつまらないものを買ってしまったと後悔することも少なくありません。

 

せっかくコツコツと節約してきたお金が、一瞬で無意味なものに消えてしまっては、もう節約をやめちゃおうと思うのも無理はありません。

 

『衝動買い』をいかに抑えるかが、節約を成功させるカギなのです。

 

 

衝動買いをしてしまうのは脳のせい?!

 

body_nou

「なんでこんなもの買ってしまったのだろう・・」

自分でも不思議なくらい購買欲をコントロールできなくなることがあります。

 

衝動買いは、意思の弱い性格が原因だと思っていましたが、そうではないようなんです。

 

◇これは買う価値があるのか?という“経済観念”とこれが欲しい!という“欲求”の相反する感情が脳の同じ箇所で処理されているので、混乱して欲求に勝つのが難しくなっている。

◇衝動買いは、通常の買い物と違う脳の箇所でより素早い判断が行われていて、商品そのものよりも楽しい経験に大きく影響されている。
(ショッピングモールなどのワクワクする場所はつい衝動買いしてしまう、等)

◇脳には、マンネリ化していると違う刺激を欲しくなるクセがあり、その欲求が掻き立てられて衝動買いをしてしまう。

◇1つ物を買うと脳に買い物をする回路ができて買い物に対するハードルが下がり、買った時の快感によって次々と買い物をするパターンにはまってしまう。

 

さまざまな考え方がありますが、上記のどれも脳のしくみやクセが原因だとしています。

 

 

衝動買いを抑える7つの方法

 

ネットショッピングは、買い物かごでしばらく放置

ネットショップで欲しいものを見つけたときは、買い物かごに入れてすぐに購入手続きをするのではなく、いったん放置してから買うかどうか決めるようにしましょう。

その日、買わずに寝かせておくことで買い物熱が冷め、必要かどうかを冷静に判断することができます。

 

実店舗での買い物は、現金で払う

genkinbarai実店舗で買い物をするといろんな誘惑があり、ついのせられて買ってしまうなんてことがありますので、要注意です。

お金を使うイメージを脳に与えるために、クレジットカードではなく現金で支払うようにしましょう。

 

わざとマイナス意見を言う

買おうとしている商品に対して、あえてダメ出しをしてみましょう

本当はそう思っていないようなことでも構いません。無理にでもマイナスな意見を並べて欲求に反発することで、買いたい気持ちを抑えることができます。

 

別の系統の脳を動かす

利き手と逆の手で商品を持ってみる、後ろ向きで歩く、買い物以外でしたいことを考える、など、買い物とは別の脳を刺激することで、反射的に買い物をする脳になるのを防ぐことができます。

 

ストレスを開放する習慣を持つ

tobiagaruonnanoko月に1日は欲求を満たす日をつくって脳をリフレッシュさせてあげましょう。

欲求が満たされることで脳はまた頑張ることができるようになります。

我慢し続けていると脳が疲れて一気に無駄遣いしてしまいますので、自分なりの脳のストレス解放習慣を見つけてみてください

 

強制的なルールを作るのも

・コンビニでの買い物は月3000円まで(QUOカード)
・1つ買ったら1つものを捨てる
・財布に千円しか入れない
・買い物には行かない、ネットのみ
・5000円以上のものは1週間考えてから買う

等々、強制的に衝動買いができないようなルールを作っているなんてひともいます。

ストレスが貯まり過ぎて爆発してしまっては意味がありませんが、ある程度の強制力があったほうがいい場合もありますから、試してみるのもいいのではないでしょうか。

 

明確な節約目標を立てる

「旅行したいから夏休みまでに5万円貯金する」「2年間で結婚資金100万円を貯める」など、より明確な目標を持つほうが脳が順応しやすくなりますので、目標は具体的に立てましょう

 

 

節約をしていると頭も心も疲れてしまいますので、上に紹介したような方法を使って脳を味方につけた節約ができたら、無理なくスムーズにお金が貯まっていくかもしれませんね!