静岡銀行(しずぎん)カードローン

「しずぎん」は静岡銀行の略称で静岡を中心に営業を展開している銀行です。
歴史も古く、明治10年に静岡第三十五国立銀行設立として開業しました。それから様々な銀行などを合併を繰り返し、現在の静岡銀行となっています。

地域の住民に愛され、信頼されてる銀行で、地域貢献活動などにも力を入れている地方銀行です。

そんな静岡銀行のカードローン「セレカ」をこのページでは紹介します。

【静岡銀行のカードローン「セレカ」の特徴】

全国の方も申し込みが可能で、地方銀行独特の営業地域のみに住居や勤務先がなくても利用が可能です。
主婦も方も申し込みできますし、最短30分で審査の回答があります。もちろん、インターネットからの申し込みで全て完了させることができたりと大手銀行や大手消費者金融と同様のサービスを受けることができます。

<<利用条件>>
次の条件を満たし、保証会社の保証を受けられる方
申込時および契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の方
※外国人の方は永住者または特別永住者の方に限ります。
※お申込み時点で既にセレカ(しずぎんカードローン「セレカ」)のご契約がある方およ
び学生の方はお申込みいただけません。
※当行出店エリア外からのお申込みも可能です(住所地不問)
※パートタイマー、アルバイト、派遣社員、主婦(夫)等の方は、50万円を上限とします。

利用限度額

下限金利

上限金利

審査スピード

500万円

4.0%

14.5%

最短即日

【メリット】

・全国どこの方でも

全国のどこに住んでいようと、申し込みが可能です。しずぎんのカードローンは金利が低いので申し込みしてみる価値はあります。

・ATM手数料無料

しずぎんとセブン銀行のATMなら時間外手数料も無料で利用ができます。

・最大45日間分の利息のキャッシュバック

新規契約なら、契約から最大45日間分の利息のキャッシュバックのサービスがあります。平成28年3月までのサービスになりますが、45日間と長い期間のキャッシュバックは嬉しいサービスです。

【デメリット】

・返済方法が引落しのみ

静岡銀行のインターネット支店の普通預金口座から自動引き落としのみの返済方法です。また返済日も毎月10日のみです。

・スマホ・携帯からのフリーダイヤルなし

細かい点ですが、フリーダイヤルはスマホ・携帯からは利用ができず、別の電話番号になります。通話料も無料でないです。
固定電話を設置する家庭が減っている時代にサービスが薄い感じがしてしまいます。

【借入利率】

年4.0%~14.5% ※変動金利
※利用限度額に応じて異なります

利用限度額

融資利率

400万円超500万円以下の場合

年4.0%

300万円超400万円以下の場合

年7.0%

200万円超300万円以下の場合

年9.0%

100万円超200万円以下の場合

年12.0%

100万円以下の場合

年14.5%

【申し込み方法】

・インターネット
・店舗窓口のメールオーダー

・インターネット

1,申し込み
静岡銀行公式サイトより審査申し込みから必要事項を入力して送信。
2,審査結果
登録したメールに審査結果が送られます(最短30分)
3,契約手続き
・本人確認書類のアップロード
・初回借入方法の選択 など
4,融資金の振込・カードの作成
・初回借入方法で口座振込を選んだ場合はこの時点で振込されます。(当日融資)
・ローンカードは本人限定郵便でで1週間程度で届きます

【借入方法】

3つの方法から借入ができます。
1,インターネットバンキングによる借入
2,専用カードによるATMでの借入
3,本人の銀行口座への振込(契約の初回のみ)

しずぎんATM・セブン銀行ATMなら手数料無料で利用可能です。

【返済方法・返済日】

返済方法

約定返済
インターネット支店の普通預金口座から自動引き落とし

随時返済
インターネットバンキング・ATM

返済日

毎月10日
※返済日が銀行休日の場合は翌営業日

【返済金額】

前月末の最終借入残高 約定返済金額
2千円未満の場合 限月末日の最終借入残高
2千円以上10万円以下 2千円
10万円超30万円以下 5千円
30万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超150万円以下 3万円
150万円超200万円以下 4万円
200万円超250万円以下 5万円
250万円超の場合 6万円

【利用可能ATM】

・しずぎんATM(手数料無料)
・セブン銀行ATM(手数料無料)
・イオン銀行
・ゆうちょ銀行
・E-net
・ローソンATM など

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。