債務整理の基礎知識 – キャッシングのマネカフェ

キャッシング基礎知識

債務整理とは?初めての人でも分かる債務整理の基礎知識を紹介しています。

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」を徹底比較!どちらの手続のほうが返済金が少ない? – キャッシングのマネカフェ

個人再生は自己破産まではしなくても借金そのものが減額になればなんとか返済できる方向けの手続きです。 特定調停や任意整理は利息制限法に基づいて、金利を引き下げ計算をし直す方法なので借金そのものの減額はされにくいことがデメリ…

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

債務整理は弁護士に依頼?司法書士に依頼? どちらにメリットがあるのか徹底解析! – キャッシングのマネカフェ

借金や過払い金の悩みを相談するのに、相談先の中で「弁護士」と「司法書士」があります。 弁護士と司法書士、どちらに相談するべきなのか。弁護士と司法書士の違いは何かを詳しく解説します。 弁護士の司法書士のできることの違い 弁…

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

官報に載ることによって身に起こる事とは?! – キャッシングのマネカフェ

「債務整理とは・・・」「信用情報とは・・・」などと調べていると、よく目にする言葉「官報に載る」 「官報に載る」ってどんなことか知っている人が少ないと思います。そもそも、官報に載るってしまうとどんなことがおこるのか、官報っ…

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

個人再生をしたら、マイカーは差し押さえの対象に?! – キャッシングのマネカフェ

個人再生を行うのに気になるポイントが「資産の差し押さえ」です。 個人再生の場合、自己破産とは異なってマイホーム(持家)は維持したまま、借金を減額できます。これは「住宅ローン特別条項」という決まりがあり、それによって住宅ロ…

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

債務整理の種類ってこんなにあった!アナタにピッタリの借金問題の解決方法は? – キャッシングのマネカフェ

「債務整理」という言葉をよく耳にする時代になってきました。 債務整理が一般的になってきたのはここ数年の出来事かもしれません。 ・どうやったら借金問題を解決できるのか。・弁護士に依頼するとどうなるのか。・借金をなくすには自…

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

債務整理のメリット・デメリット おまとめローンも同時に比較 – キャッシングのマネカフェ

債務整理は様々な方法があります。また、債務整理を行う前に検討したいのが「おまとめローン」などと呼ばれるローンの1本化です。 債務整理のメリットとデメリット。そして、おまとめローンと債務整理はどちらが良いのかを比較し、どの…

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

債務整理に必要な書類 特定調停・任意整理・個人再生・自己破産 別に紹介 – キャッシングのマネカフェ

債務整理に必要になる書類をまとめました。 特定調停・任意整理・個人再生・自己破産の必要書類です。参考にしてください。 【特定調停の手続きに必要な書類】 ~個人が申し立てする場合~ 到底調停申立書 2部(正本・副本) 複数…

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~自己破産編~

自己破産の概要 自己破産は借金が0円になり、支払いをしないでも良くなる手続きです。借金がなくなることによって、全てが綺麗になり新たな生活のスタートを踏み出すことができますが、その分、失うものも多く車や住宅などの自分の所有…

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~個人再生編~ – キャッシングのマネカフェ

個人再生の概要 個人再生は、裁判所を介し借入金額を減額してもらう手続きです。原則として、債務(借金)は5分の1程度まで減額され、その減額された金額を3年から5年間かけて返済していきます。 任意整理との違い 任意整理も借金…

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~特定調停編~ – キャッシングのマネカフェ

特定調停の概要 特定調停は弁護士などの専門家に依頼せずに、債務整理を行います。簡易裁判所にいる調停委員と債権者(金融会社の担当者)と債務者(借金をしている人)で今後の支払いについて話し合いをし、借金を整理し生活を立て直す…

債務整理について - キャッシングのマネカフェ

CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~債務整理の概要と任意整理編~ – キャッシングのマネカフェ

【債務整理とは】 債務整理には4つの種類(方法)があります。 ・任意整理・特定調停・個人再生・自己破産 自分の借金の返済状態や仕事の有無等によって4つの中からどの手続を行うべきかが変わってきます。 どの方法でも、借金の額…