【グズ女】過払い金請求で自己破産回避した体験談 – キャッシングのマネカフェ

もともと、借金も財産のウチ!なんて考えの親の元で育ったから、借金をすることに抵抗なんてなかったんです。

だから、20歳になったらすぐにクレジットカードやカードローンは作ったし、ちょっとお金に困れば気軽に借金をしていました。
「後で返せばいいやー。」なんて思っていましたからね。

そんな私の過払い金請求でお金が戻った話をします。

 

【クレジットカードとカードローンはスマホのようなもの】

hanashiwokikujyosei

お金が財布に入っていないと心配なのでカードローンは特に使いました。別に何も買う予定がなくてもお財布には3万円。常に入っていないと嫌だったので、引き出すお金が口座になくなればカードローンの借入枠から借入するという日々を送っていたのがOL時代でした。

そんな生活でも、なんとなく返済もそれなりにできていたし、クレジットカードの返済もできたし、便利なカードとしか思っていなかったから金利や手数料のことなんて考えてもいなかったです。

お金が手元に無いと不安だし、カードローンやクレジットカードも手元に無いと不安。スマホもなくしたり、家に忘れたりすると不安になるのと同じようにカードがないと不安になるような生活でした。

 

【月給も良かったし、買い物も大好き】

ちょっと特殊な職業なので20代のOLにしてはそこそこの月給。月額40万位有りました。だから、できていたライフスタイルなのかもしれません。

欲しいものは大抵、買っていましたし、もっていました。

服やアクセサリー、日用雑貨などなど。

しかも、実家に住んでいてお金も入れてなかったのでやりたい放題でした。

 

【運命を変える一人暮らし】

aozoratomansyon

私には兄がいて、兄がデキ婚することになりました。
デキ婚するようなバカな兄貴だったので当然お金も無いし、稼ぎも悪い。何か特別にできるような資格も持っていないので、どうにもならない状態。

結婚して二人で住む場所もないし、家賃もままならない理由から実家に兄貴と嫁が住むことになって、私は完璧邪魔者扱いで・・・
ほぼ、強制的に結局家をでることに。私にとってはいい迷惑でした。

そして、家賃が少し高くても、会社に近い場所で多少はいい場所を選びたかったので家賃が12万円そこそこのオートロックのマンションに決めました。

一人暮らしは思ったよりも快適で、好きな時間にご飯も食べられるし、シャワーも誰かが入っているから・・・と待つ必要もない。
常識の範囲内だったらなんでもできたのが私の中ですごく嬉しい事でした。

自由になれた気持ちの反面、実家を追い出された兄貴や嫁に対する恨みもあったりと気持ち的に安定していませんでしたが、それなりに一人暮らしも悪く無い!そう思いました。

 

【いつもと同じ生活を続けた結果】

kaimonobaxtukutojyosei

実家に居るのと一人暮らしするのとではお金の動きがかなり違いました。ましてや実家にいて働いているのにも関わらず、収入は全て自分のモノにしていた私にとって家賃や食費、その他生活に必要な物を購入しないといけない生活は違和感があるというか、はじめてのことばかりで思ったよりお金がなくなることに気が付きました。

けど、洋服やアクセサリーなどを買うのもやめない・・・・

そう、先は簡単に見えていたんです。

家賃12万円
食費で3万円(外食費込)水道光熱費で1万円、通信費で1万円。などなど。

今まで自由に使っていたお金のうちの約17万円分が生活に必要なお金として出費されている状態に急に変化したんです。
ここに書いた以外にも、生命保険に3000円とかマンションの管理費用、駐輪場代などなどのいろんな部分で生活に必要なお金と向き合わないとダメだったのですが・・・

けど、、当時の私はそんな事を気にもしていなかったんです。

 

【結末はわかっていた】

結局、収入と支出が合わない生活を続けた結果は借金まみれ。
家賃を払ってあとは借金の返済に追われる日々が続くわけです。

プライドの高い私はこのマンションから離れたくなかったので、どうにかして家賃を払い、残りは毎月の返済に追われる日々。
結局、満足な食事もできないほど収入に対しての返済額が膨らんでいました。

でも、こんな借金まみれのことなんて誰にも言えないし、相談もしたくない。そう思ってインターネットで調べていたら過払い金請求を知ったんです。

過払い金請求はいろんな条件がありましたが、「2010年(平成22年)までに消費者金融やクレジットカードローンをつかった人。」なら対象者になりお金が戻ってくる可能性があるということを知り、自分でやってみようと思い、手続の方法を調べました。

・・・とてもじゃないけど、自分でできる手続ではないこと。手続に失敗してしまうとブラックリスト入りしてしまうリスクがあることなどを知り、秘密厳守をしてくれる弁護士事務所を探し、依頼することにしました。

 

【幸か不幸か】

syuunyuutosyushityu

今までに多くの借金を繰り返してきた私は、たくさんのお金が過払い金請求で入ってきました。

自分でもどれくらいの借金があるのかなんて把握指定なかったので、よくわからなかったし、正直、内容なんてどうでもいいからお金さえ戻してくれれば・・その一心でした。

お金の相談なんて恥ずかしいし、弁護士もどうせ私のことをバカな女ぐらいしにか思ってないだろうし、、、どんな手続をしたのかなんて覚えていません。
ただ、弁護士の報酬金額が戻ってきたお金の20%だということだけ。覚えています。

そして戻ってきた金額は66万円。
これが多いのかどうなのかもわかりませんが、戻って来たことに安心しました。

それから、本来、現状ある借金は完済してから過払い金請求はできます。ですから任意整理という手続きを行ってそれからになるのが一般的なのですが、私の場合は親にお金を一時的に工面してもらって現状ある借金を一括返済。

そして戻ってきた金額と毎月のお給料からプラスして親にお金を返しました。

親には仕事でミスって現金が必要だから一時的に工面してほしいと言って借金の事実は隠しておきました。

 

【考え方と生活を改善】

危うく借金が返済できないで自己破産とかそういった手続きをしないと、いけない状況下になるところでした。
そんなことしたら、いままで培ってきたものが全て崩れていってしまいます。

過払い金請求をすることでなんとかつなぎ留めた普通の生活。
良かったと思います。

考えを改めるようにと家計簿をつけたり、本当に欲しいものしか買わない。など生活にけじめをつけるようにしたのと、貯金をすること。自炊のために料理教室に通うことにしました。

「買い物」という趣味から「料理」に切り替えようと思います。

過払い金請求は誰にもバレないで、できるので、絶対にやったほうが良いと思います。借金がいくらあって・・・とか詳細なことなんて分からなくても弁護士が全部やってくれるから任せておけば安心です。

一度相談してみると良いとおもいますよ。