【体験談ベース】コレが現実。自己破産後の人生は雪と墨の違い

【本当の自己破産】

自己破産すると借金が0円に!?楽になれる!?そんな希望や夢を見て自己破産の手続をする人も増えています。
こんな宣伝文句に心を動かされたことあると思います。

自己破産をすると、今ある借金は0円になります。

新しい生活がスタートできます。

再度、やり直す事ができます。

多重債務に苦しむ人や借金の返済に困っている人向けに、よく言われる自己破産のススメ文句ですよね。

確かに、自己破産を行うことによって今までの借金は帳消しになり0円になりますが、0円にならない借金もあるし、生活の制限もあります。

消費者金融や銀行から借り入れしている借金がなくなっても、残るものもたくさんあるのでそれをよく理解して自己破産をするようにしないといけませんし、自己破産のデメリットもあることを知っておいてください。

本当の自己破産者の生活はそんな簡単なものではないです。

【闇金融などからの勧誘】

自己破産をすると官報に名前が記載されるのは知られています。

※官報とは
法律・政令等の制定・改正の情報。破産・相続等の裁判内容が掲載される国が発行している新聞のようなものの事を言います。
官報はインターネット検索から無料で誰でも確認することができます。また購読料金を支払うことによって紙媒体での購入も可能です。

官報に名前が記載ることによって、町内の全員が自己破産をしたことを知るということはあまりないでしょう。
官報と個人で頻繁にチェックしている人は少ないですし、そもそも官報という存在自体をしらない。知っていても自己破産をした火地の名簿が載るということを知らない人の方が多いからです。

では、どうして官報に名前が記載されると大きなデメリットがあるのかというと、ヤミ金融業者等の良からぬ商売をしている業者からターゲットにされてしまうというのが一番大きなデメリットになります。

akunin自己破産の手続を行った際には。破産手続き開始決定後と免責決定が下されたあとの2回にわけて事件番号や决定年月日と一緒に個人の氏名と住所が記載されます。
住所と名前さえわかってしまえばダイレクトメールを送りつけてきたり、良からぬ商売をしている業者同士のやり取りで自己破産者のメールアドレスなどを入手することは用意です。

一度、自己破産を行った人間はお金を借りるということを諦めますが、やはり都合の良い事を多く書かれたチラシやメールをみると借入したくなる気持ちを抑えきれなくなり、再度借り入れをしてしまいます。

自己破産をした人間は精神的にも弱っている部分がありますからソコに漬け込んでくる勧誘が酷いということになります。

自己破産を経験した人の体験談の中にも、どこで情報を得てくるのか自分に都合のよい貸付条件を提示してきたりするし、最近はいかにもヤミ金融業者!という感じで迫ってこないで、助けてあげますよ!ぐらいの柔らかさで勧誘してくるので悪い人に見えないから怖いという声もあります。

【イザという時のお金】

自己破産をすると手放す財産があります。
車は20万円以下の価値しかない車であれば手元に残せますが、それ以上であれば手放す必要があり、それ以外に減価償却なども考えて残せるか残せないかが決まります。※商売道具として車が必要な場合は異なります。

生活に必要な冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなども通常の商品(よほど高価な商品でなければ)であれば残すことができます。

ですから、自己破産をしたからといって生活に必要なお金が全てなくなるというわけではありません。

また預金も20万円。
現金は99万円まで手元に残しておくことができます。

つまり自由に使えるお金は119万円残すことができますが、コレはちゃんととっておかないといけません。

毎月お給料で生活をしていても、足りなくなることが生活をしているとどうしてもでてきてしまいます。

例えば車を自損させてしまった!!
車両保険に入っていなければ修理費用は自己負担になります。

koutuujikoこすり傷程度なら2万円程度で済むかもしれませんが、バンパーの交換やエンジンルーム内までの修理になれば10万円以上の出費になります。その際に自己破産をしていると修理費用をローンで・・・というわけにはいかないのです。

子供がいれば体操服の購入代金や制服代等も必要になりますし、冠婚葬祭等の香典や祝儀などで毎月の生活費以外の急な出費に備えておかないと、自己破産をした場合は5年~7年。ながければ10年程度はクレジットカードやカードローン。住宅ローン等の金融商品は購入ができませんから生活ができなくなってしまいます。

自己破産をしてしまう人の多くが貯金が苦手な人が多いです。
収入のあるぶんだけ全て使い果たしてしまおうとせず、我慢して貯金をしておくということが苦痛になってくることも多く体験談に書かれています。

【元の生活に戻れない苦痛】

自己破産をしてしまった人の中には贅沢をして自己破産になってしまった人がいます。もちろん、頑張って節約をして貧乏な暮らしをしてそれでも駄目だった。
という方もいます。

贅沢な生活をしていて自己破産をしてしまった人は、生活を通常の状態に戻すのに時間がかかってしまいます。
洋服やブランドのバック、趣味のものを買いたい衝動を抑えたり、我慢をすることは精神的苦痛が大きく病気にもなりかねません。

また家族を巻き込んでの自己破産になると、家族間のギクシャクが苦痛となり離婚などにも発展してしまいます。

その他、本当は会社の人たちも自分が自己破産をしたことを知っていて腹の中では笑っているのではないか?親戚に自己破産の事が知られてしまっているのではないか?など、自己破産をしたことが多くの人に知られてしまっていて笑われているという錯覚を起こしてしまい心の病等の原因になってしまいます。

結局、心の病が原因で働けなくなり日々の生活費もままならない。正規のカードローンなどは使えずヤミ金融業者に手を出してしまう・・・なんていう体験談もあります。

syoxtuku

【自己破産しても税金は払う】

自己破産をしても支払わないといけないお金があります。
税金は自己破産に至るまでに滞納してしまった分も支払い義務がありますから、税金の支払い義務は自己破産の手続によって0円にはなりません。

これを「非免責債権」と言います。
破産法253条で定められ、自己破産をしても一部の債権については例外的に責任を逃れることができない。とされています。※わかりにくいものだけコメントをつけています。

1,租税等の請求権
社会や国の維持のために不可欠な税金(住民税や所得税)は法律によって支払い優先度の高く、滞納税金や未払い税金義務は自己破産後も残ります。

2,悪意で加えた不法行為に基づく全ての損害賠償請求権
飲酒運転による交通事故や暴行によって怪我をおわせたなどの、悪意のある不法行為にタイルス損害賠償請求権は非免債権ですが、原則として損害賠償の支払い債務は免責対象になります。
例:お店の高価な商品に間違ってぶつかってしまい破損した際の損害賠償金は免責対象です。

3,故意または重過失により生命や身体を害する不法行為の損害賠償請求権
4,婚姻から生ずる費用の分担義務、夫婦間の協力・扶助の義務
5,子供の監護に関する義務、それに基づく請求権(教育費等)
6,雇用関係によって生じた労働賃金請求権
7,故意に隠蔽した請求権(意図的に債権者名簿に記載しなかった請求権)
自己破産を申し立てする際に、全ての債権者のリストを裁判所に提出します。この際に故意に一部の債権者だけを隠す事は許されず、免責許可が降りない可能性もあります。
また債権者リストに記載にない債権は非免責債権として支払い義務は残ります。

とこのように、自己破産後も支払い義務のあるものが残ります。
ですから、全ての借金が0円になるというわけでもない。支払うべきものが大幅に減る!という風に考えておくと良いです。また、自己破産後生活保護などを受ける場合は税金の免除もあります。その場合はまた別の手続きが必要になります。

【周りには知れ渡ってしまうもの。】

Print

「思った以上に人の噂は広がるものです。」
「子供の為を思って学区内に引越しを決めたのが間違えだった。」
「仕事を変えると大変かと思ったが、転職したほうが良かった。」

自己破産をすると持家の場合は換価されてしまいます。ですから引っ越しする必要があります。(手続によってはマイホームは残せます)
子供がいる場合、親の理由で転校させては可哀想と思い、学区内での引越しをしたばっかりに、周りの目や口は余計なものとなってしまう可能性も。

子供の場合いじめの原因になったりします。

自己破産=商売に失敗した
自己破産=贅沢したから
自己破産=ダメ人間
自己破産=人間失格

のようなイメージが強いですから、大人でも会社で嫌な事を言われたりします。

マイホームから急に車も手放し、アパート暮らしになったら周りの人は違和感を感じるのは当たり前。
なんで?なんで?
という疑問から、近所の方が目にしていた破産管理人が自宅に出入りしている姿や売りだされている自宅の価格。
そういったことから自己破産をしたのかもしれない。
と予測し、それがいつの間にか「贅沢したから自己破産をしたダメ人間」としての噂に変わっていくんです。

事実とは全く違うものも、あたかも事実のように広まっていく声は怖いものに感じます。

できれば、思い切って転校・転職をしておくほうがイイという声もあります。

ちなみに、、自己破産をすると引越しができなくなる。。と言うのはです。

自己破産の手続の最中(破産手続きの期間中)に勝手に引越しする事はできない。というのが言い換えられてしまっているのが原因かと思います。
しかも、自己破産の場合「同時廃止」事件と「破産管財」事件の2つに分けられ「破産管財」事件の場合のみが上記の手続き期間中の引越しの制限があり、「同時廃止」事件の場合は引越しは自由です。自己破産の9割が「同時廃止」事件ですから、あまり自己破産と引越しに関しては深いかかわりはないです。

同時廃止事件と破産管財事件の違いはこちらで
CMでも話題の「債務整理」のまとめ ~自己破産編~
自己破産をするのに裁判所に支払う費用はいくらですか?

【闇金融の恐ろしさ】

◇自己破産をしたら、、借金から解放されます!!

◇取り立てがなくなって楽になれます!!

◇精神的に安定し、働くことができます!!

銀行や大手消費者金融(もちろん、中小業者の消費者金融も)信販会社等のしっかりとした賃金業者から借り入れをした場合は自己破産をしたら取り立てはなくなります。
本来、自己破産の申立てをしたら取り立ては規制されますしね。

訪問販売けど、闇金融業者はお構いなしです。

闇金融は自己破産の申立てがあってしばらくはおとなしくしています。けど、しばらくすると「アノ時の借金を返せ!」とやってくるのですね。
コレは自己破産した人の中で闇金融から借り入れをしてしまった人の多くが悩まされている事です。

また法律的にも、自己破産して免責がされた後でも、債務者に債権者が免責以前の任意の弁済を求めることは問題がないです。
つまりですね、闇金融としては「任意の弁済を求めているだけです。」と言えばそれでオシマイなんです。

この記事を参考にしてくださいね。
自己破産後、生活保護受給中。それでも取り立てにくるのは違法?

【まとめ】

実は、自己破産はマイホームなどを手放さずに行える手続もあります。
自己破産=マイホームの手放し。
などと、当たり前のように感じていますが、様々な方法や法律の適用でできることも多くありますから、借金に辛い想いをしているのなら自己破産の申立てをするのも方法だと思います。

◇自分の知っている知識を鵜呑みにしない。

◇インターネットで調べたことを鵜呑みにしない。

コレが大切だと思います。
自己破産は一人ひとり理由があって、その人それぞれ適用される法律が違ってきたりもしますから、まずは専門家に相談することが一番だとと思います。

また、自己破産をしたら楽になる。
そういったことは忘れましょう。

借金からの解放はあるけれど、誘惑や人の目、金銭的負担。
多くの試練が待っているからです。
借金をしないで生活していくということは大変なこと。

それを頭に置いて、申立てをしてもらいたいと思います。

あなたの借金問題を無料で解決します!
まずは、借金がどれだけ減るか、無料で今すぐ診断 ⇒ 診断スタート!

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。