自己破産後、生活保護受給中。それでも取り立てにくるのは違法?

自分病気と家族の病気・・・
身内に働けるものが誰もいない状態で、生活保護を受けています。

一昨年に自己破産もしていて生活はとても厳しいものです。

自己破産をしたにも関わらず、闇金融から借り入れしていたのもあり、取り立てが最近くるようになってしまいました。
生活保護費から支払えといわれています。

闇金融への返済をしたら精神的にも楽になるのではないかと、消費者金融から借入を希望しています。15万円返済したら、もう家には来ないと言っています。

こんな状況で借り入れさせてくれる消費者金融はありますか?
助けてください。

haranodeteiruoxtusanどうも!
管理人58号です。

パジャマを新調しました。
中肉中背でありますが、そこまで太っていないはずの管理人58号。
パジャマはMサイズをチョイス。

パジャマですからね、ゆったり出来ているはず。
なのに、腹回りがきつく、、寝ていると苦しいのはなぜでしょうか。
きっとゴムがきつめにできているのだと信じたいですが・・

もうすぐ、「L」な時代が到来しそうな予感。

さて、ご質問ありがとうございます。

とりあえずですね、なにはともあれ。

警察などに相談が一番よいかと思います。

消費者金融は利用しないでください。

解決策を紹介しますから!!!

と、、、とりあえず。。

警察などに相談したら管理人58号がでる幕はない状態なのですが。。
質問者様が使えそうな知識などをこちらに紹介させていただきますね。頭の片隅にでも入れて置いてもらえると嬉しいです。

まず、、、

希望を薄くすることをお伝えしますが、、
警察に相談しても取り立てに来ている闇金融が違法な借金の取り立てをしていない限り警察も動きようが無いというのも事実です。

闇金融も馬鹿ではありません。
違法性のある取り立てを行えばお縄になることぐらい重々承知です。

取立て行為の規則 貸金業法 第21条
貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

以下1項~10項までがあり、細かく規則があります。
簡略して紹介します。
1,勤務先での取り立て行為
2,不適当な時間帯での取り立て行為
3,勤務先での取り立て行為
4,自宅や勤務先で退去せず居座り続ける行為
5,張り紙などで債務者の私生活・借入事実を暴く行為
6,他の賃金業者からの借入を迫り弁済資金にするように要求すること
7,債務者以外への支払い請求
8,債務者以外の者から債務者の連絡先等を要求
9,弁護士等の専門家が代理人となっている場合の債務者への直接の連絡
10,債務者に上記のことを掲げる言動を告げる

とだいぶ簡略的に書きましたが、質問者様が上記のような取り立てをされているのであれば、すぐに警察に通報してださい。
「通報する程度のこと?」と迷うかもしれませんが、もし自宅に警察官が訪問している間に上記のような行為が見られた場合は現行犯逮捕だってできるのですから、勇気をもって連絡しましょう。

110番通報はちょっと・・・と思うのであれば

犯罪被害の未然防止など生活の安全を守るための相談に応じる窓口として、警察総合相談電話番号があります。
警察総合相談電話番号 一覧

そしてそして。。。

少しわかりにくい部分でもあるのでお伝えしておきたいのが。。

nanto

生活保護をうける=借金の免除ではありません。

それから

自己破産すると借金の取り立てをしてはいけない。

という決まりはありません。

 

自己破産して免責がされた後でも、債務者に債権者が免責以前の任意の弁済を求めることは問題がないです。

 

なので違法性がない取り立てであれば言い方を変えると「任意の弁済を求めているだけです。」となってしまうのですね。

 

ですから、、闇金融か自宅に取り立てに来た場合は携帯電話のカメラなどで撮影や録音をしたり、どのような行為がいつ、何時頃あったのかなどメモをとる。
電話であれば録音するなどの対策をしておくべきですね。

odoshi

はい。
で、、警察に相談は気が引けるという場合は・・・他にも方法があります。

◇自己破産した時の弁護士事務所を頼る
◇別の事務所の弁護士を頼る
◇消費生活センターへの相談
◇法テラスへの相談
◇役所の法律相談窓口

など、、相談できる場所は管理人58号以外にもたくさんあります!
しかも、、、管理人58号とはちがって直接的に質問者様の手助けをしてくれますから、頼ってみましょう!!!はい。

 

とりあえず。。。休憩タイム・・・・

nekohitoyasumi

生活保護の件ですが、生活保護費からの借金の返済は認められていません。

根本的な話ですが、生活保護費はお金がなく生活するのが難しい国民に、最低限の生活保障(水道光熱費や生活費、医療の扶助など)を提供するためにあります。

はい。
最低限の生活をするために渡されるお金です。

借金の返済は「負」の財産を減らします。
「負」の財産が減ることによって起きるのは「正」の財産の増加・形成ですね。

つまり、、、
借金の返済を生活保護費で行うことは、お金をためて物を買う。と同じ扱いになってしまうのですね。。。

確かに質問者様の状況は辛いものですが、生活保護費を借金の返済にあてることは不可能、禁じられているコトです。

 

そんでもって。。。

質問者様が消費者金融から借入ができたとすると、生活保護費を受けながらも収入があったという事になります。

 

借金でもお金が手元にはいれば収入とみなされます。

 

ですから、福祉事務所に収入があった旨を伝える必要がありますね。すると生活保護費は減額もしくは収入があったぶん返納する事になります。申請しない場合、不正受給とされてしまいます。。

 

借入れして返済してもいいことなんて一つもない。

taoreruoxtusan

 

自己破産の手続をして、任意の弁済を求めてきている闇金融が15万円払ったらもう取り立てに来ない代わりに、こんどは言葉巧みに借金を進めてきます。
「質問者様は返済もきちんとしてくれるし、前回よりも安い金利でかしますよ」なんて手のひらを返して都合の良いことばかり・・・

まともな人間ではないのですから、やめましょう。

自己破産を経て、自分自身、家族の体調不良で仕事もできない状況。
今が人生のなかで一番辛い時ですね。
これを乗り越えて、楽しく仕事ができ美味しい食事もできる!!
そんな時が質問者様にきますように!!

応援しています!
質問に応えきれていない部分があれば、またご連絡くださいね!!