19歳・未成年 引越し費用の工面はどうしたら良い?融資可能な業者は?!

19歳・社会人になって1年半です。
正社員で働いていて収入も安定しています。

今、引越しを考えているのですが部屋を借りる際に連帯保証人を頼める人がいなくて保証会社の利用を考えています。それから引越し費用や敷金などを考えると45万円ぐらい必要です。

そこで、ローンを利用したいのですが、未成年でも利用のできるローンはありますか?

家族や親族とは疎遠です。
自分でどうにか解決したいです。

kandoushimashitawa管理人58号です。こんにちは。

お昼ごはんを食べながら、日頃の気になることを調べるのが日課です。先日見つけたのが「般若心経の現代語訳」

すごく感動します。

いや、、管理人58号。とくに宗教にこだわりもなく。
ただ、ただ、心に響くものがあると思ったので検索してみてください。
「般若心経の現代語訳」 はい。

 

さて、ご質問ありがとうございます。

マネカフェで紹介していて質問者様が申込みできそうな商品は「アイシーローン」の学生ローンですね。
この商品なら18歳以上からの申込みが可能になっています。

 

<<アイシーローン(学生ローン)利用条件>>

貸付対象者 首都圏在住・在学の安定した収入のある18歳以上の学生の方※高校生・予備校生は不可
必要書類 学生証(必須)・免許証・保険証(必須)※アルバイト明細または振込記載通帳
融資金額 1万円~50万円
実質年率 10.00%~20.00%

<<アイシーローン(フリローン)利用条件>>

貸付対象者 首都圏在住・在勤の安定した収入のある20歳以上の学生の方
必要書類 社会保険証(必須)・免許証
融資金額 1万円~50万円
実質年率 10.00%~20.00%

 

アイシーローンの場合、質問者様はどちらも条件に当てはまってはいませんが首都圏在住もしくは在勤なら相談の価値はあると思いますよ。
比較的、柔軟に対応してくれる会社です。

アイシーローンの公式サイトの「よくある質問」でも
Q:学生でアルバイトはしていませんが利用できますか?
A:お気軽にご相談ください。お客様の返済にあったプランを提案させていただきます。

となっていますから、安定した収入があるけど未成年。という場合も前向きに
プランを考えてくれるかもしれません。

marakasusoudan

あとは、クレジットカードは持っていませんか?
給与振込の口座のキャッシュカードにクレジットカードの機能をつけることも可能です。

商品によりけりですがクレジットカードの場合だと親の同意書などが不要で作れる可能性も高いです。
なので保証会社への支払や引越し業者の支払いをクレジットカードの分割払いを利用するのも方法です。

ちなみに大手の引越し業者ならクレジットカードでの支払いも可能です。
アート引越センター、クロネコヤマト引越センター、サカイ引越センター、日本通運、ハート引越センターなどがクレジットカード利用可能としています。

 

あとは、お給料の前借りや勤務している会社に借入することは不可能ですか?毎月のお給料から天引きでの返済などを約束して借入ができないか聞いてみましょう。

 

nekotanomu

えっと、、余計なお世話かもしれませんが。

45万円という数字が大きく感じます。
引越し費用ですよね?

質問者様は単身での引越しですよね。
引越し業者の費用が荷物が多くても8万円位でしょう。

それから敷金。
家賃によって異なりますし、これから住む地域的なものもありますからなんともいえませんが10万円程度も用意しておけば問題無いのでは?

保証会社の費用。
保証会社によって料金設定は異なりますが、初回の費用として一般的に「家賃+管理費×30%前後」が相場になります。
それから1年毎に1万円ぐらいの更新料がかかりますね。

仮に家賃と管理費込で5万円程度の賃貸に住むとしたら1万5千円。

かなりアバウトな算出ではありますが全部で25万円もあれば十分にその他の引越しに関わる費用をまかなえると思います。

ちょっと45万円の根拠は?となります。

他に引越し先での家具家電の用意が必要なのでしょうか。
今は両親と住んでいて家をでたいなどの事情なのかなとも思いますが・・・。今19歳ともうすぐ20歳。もうしばらく引越しを我慢して社会的にも認められたら新たに新居を構える方が無難だと思いますよ。

 

nooo

それに、、もう少しつっこんだ話をすると、未成年者の場合は保証会社側も利用を断る可能性も高いです。

未成年者は法律行為に制限があるのをご存知でしょうか?

【1】未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
【2】前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる

はい。これ民法第5条です。

法定代理人は一般的に両親です。

そんでもって賃貸契約は法律行為なんですね。

ですから、未成年者が法定代理人(両親)の同意なしに法律行為である賃貸契約を行うのは不可能に近いです。

賃貸契約をするために保証会社を使うんじゃんという話ですが、このような法律があるので保証会社としても法定代理人(両親)の同意を求めるのが筋となる可能性が高いですね。

 

その辺もよく考えて、引越しすること自体をよく考えなおしてみると良いかもしれませんね。

日本の法律では社会人としてしっかりと働いていて安定した収入があったとしても成人と認められるのは20歳になったらです。

頑張って働いていて安定した収入もある質問者様からしてみれば、不条理な事と感じるかもしれませんが、こればっかりはどうしよもできないことですね。

20歳になるまで少し時間もあると思います。その間に少しでも引越し費用をためてスムーズに引越しができるように準備しておく。それが一番の策だと管理人58号は思います。

また、困ったことがあればご相談ください!!

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。