毎月の生活費の補填にカードローンを利用したいが迷っている・・・そんなアナタに。

utumukikagennodansei

毎月、毎月生活費が足りません。

26歳、男性です。
大学卒業後、フリーターをして半年前に正社員として就職しました。
半年間、はじめての一人暮らしですがなんとか生活をしながら仕事も頑張っています。

手取りで月に20万円。
多くもないし少なくもない、平均的な月収だと思います。
贅沢している覚えもないのですが、生活費が足りず、どうしたらいいのかわかりません。

カードローンを利用して生活費の補填をする方法を知ったのですが、本当にそうやって利用していて先があるのでしょうか?
カードローンを使う事自体が悪のような気がしているのですが、生活費が足りない現実と、いろいろ考えすぎてよくわからないです。

自分は生活保護とか、そういったレベルなのでしょうか?

この生活費が足りない状況から抜け出す方法を教えて下さい。

 

anayuki管理人58号です。

管理人58号と同居人の会話
「おい、アレどこだっけ??」
「ソコにあるでしょ。」

管理人58号と社長の会話
「おい、アノ件どうなった!?」
「それなら、メールしておきました。」

・・・・笑。
便利な言葉「アレ・それ・コレ」

皆様も経験がおありでしょう。。。ね??

さて、ご質問ありがとうございます。

手取りで20万円で足りない。
う~~ん。
ぜひ、一度家計簿をつけてみてください。
ムダがわかるかもしれません。

男性の場合、家計簿なんて、、、面倒くさいとか時間がない!
なんて思うかもしれませんが、スマートフォンのアプリなどでも簡単に管理できるのもありますし、細かくつける必要もないと思います。

・食費
・外食費
・通信料
・家賃
・水道光熱費
・日用品購入費
・交際費
・レジャー費

など大まかでいいと思います。

パソコンなどで簡単に管理してもいいと思います。
専用のソフトやエクセルで簡単にできるようなツールもあります。

はい。。。

kakeino-to

 

さて、そして。

カードローンについてですね。

人の捉え方、それぞれだと思いますが。
生活費をある程度補填して利用するのは悪いことではないですし、カードローンを利用することが「悪」ではないです。
法律違反をしているわけでもないので。

ただ、返済をしなかったり、必要以上に借入するのは如何なものかと。

きちんと返済計画を立てて、返せる分を借入するのは良いのではないでしょうか?

 

でもですね。
質問者様の場合。

「毎月お金が足りない」わけですから、足りない分を補填することが出来ても、カードローンで補填した分の返済金額はどこから捻出する予定なのでしょうか?

それがハッキリとしないかぎり、利用は控えたほうが良いですね。

今月だけ「2万円足りない」けど、来月以降に入ってくるお給料で「4000円ずつ」返済ができる!!

しっかりと計画がある場合に利用しましょう。

ということで。

基本 CMYK

じゃあ、質問者様ができること。

まず、毎月のムダを見つけましょう。
一番初めに伝えましたが、家計簿などをつけてムダを見つけるべきですね。

それから節約。
自炊をしたり、洗濯機を回す回数を工夫、エアコンは使いすぎない。
などなど。節約ポイントがあると思います。

そしてダブルワークはどうでしょうか?
まだ若いので体力もありそうですよね!

ただ、働き始めて半年ということで、まだまだ覚えることも多いでしょうから週2~3回ていど仕事後にアルバイトするとか土日を利用して少し副収入を得るのも良いですね。パソコンなどを利用してライター等の仕事も良いかもしれません。

 

あとは、もしかして。ですが。他社でローンの返済とかがあるのでしょうか?
マイカーローンとか、他の目的のローンで返済があるのかな?とも思いましたが、どうでしょうか?

ローンの返済が厳しい場合。
ローンを利用している会社に相談して毎月の返済金額が減額できないか聞いてみましょう。借換という形で減額する場合もありますし、受付してもらえない場合は他社のローンへ乗り換えする方法もあります。

・・・と、、、仮にローンの返済がある場合ですが。。

daijyoubu

月20万円の手取り収入があって、26歳の健康な男性であれば通常は十分生活できるはずです。

とりあえず、自分のお給料だけで上手に生活ができるまで、両親を頼ってお金を工面してもらい、徐々に生活水準を下げたり節約をしてみましょう。
それから、失敗してしまった月のためにカードローンを作っておくという方法がおすすめです。

頑張ってみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

管理人58号

どうも。管理人58号です。 日々の生活の中で疑問に思うことを分かりやすく解説。そして、気になる疑問にもお答えするのが趣味です。 くだらない小言を誰かに読んでもらえるのが至福の日々。 特技は引きこもりとEnterKeyの連打。