ブラックリスト入りしたらクレジットカードは作れませんか?

listnotaba

hatenahatena

クレジットカードの利用においてトラブルを起こした過去があります。

自分のように、ブラックリスト入りしたひとは、クレジットカードを作ることはできないんでしょうか?

なにか方法があったら教えてください。お願いします。

 


 

ご質問いただきありがとうございます。

 

過去にトラブルを起こし、その事実が信用情報に登録されてしまったということですね。

 

新たにクレジットカードを作ることはできないのか?

―― トラブルがどのようなものだったのか、それからどのくらいの期間が経っているのかなどによって、答えが違ってきます。

 

詳しいことが分かりませんので一般論になってしまいますが、信用情報とクレジットカード入会審査の関係、信用情報に登録される期間、クレジットカードを作るためのポイントなどについてお話していきます。

 

ご自身のケースに当てはめてみてください。
分からないことなどありましたら、再度ご質問ください。お答えさせていただきます。

 

 

◆信用情報が原因でクレジットカードの審査に落ちるのはどんなとき?

 

goldcard

 

クレジットカードに入会する際の審査では、仕事や年収、住まいなどに加えて、信用情報も判断材料として用いられます。

 

信用情報とはクレジットカードやローンの利用歴を記録したもので、きちんと返済してきたか、利用残高はいくらあるのかなど、詳細な事実まで分かってしまいます。

 

クレジットカードの審査に落ちてしまうのは、信用情報にどのような記録があるときなのでしょうか。

 

◇借入件数が多い

キャッシングやローンなどでお金を借りている会社が4件以上あると、審査に通るのは難しいといわれます。3件でも通らないケースもあるようです。

 

◇借入金額が年収の3分の1を超えている

貸金業者(消費者金融、クレジットカードのキャッシングなど)からは、年収の3分の1までしか借りられないという制限があります。総量規制という法律です。

すでに他の業者から年収の3分の1を超える、またはそれに非常に近い金額を借りている場合には、クレジットカードを発行してもらうことはできせん。

 

◇支払いの延滞がある

延滞の記録があると審査にマイナスになります。
特に、2ヶ月以上延滞した、残高が多いのに延滞しているような場合は、要注意です。

 

◇金融事故の記録がある

債務整理や代位弁済、強制解約、長期延滞など金融事故の記録が見つかると、審査通過は厳しいでしょう。

 

債務整理・・任意整理、個人再生、特定調停、自己破産などの法的な手続きで
      借金負担を軽くすること
代位弁済・・保証会社などが本人に代わって返済をすること
強制解約・・延滞が続いたために契約を強制的に解除されること
長期延滞・・返済が2、3ヵ月以上滞ること

 

 

◆信用情報はどのくらい残るのか?

 

tukihi

 

上に挙げたような審査に影響する信用情報は、一生消えないわけではありません。

 

借入件数や借入金額は、完済して解約することで改善することができます。
また、支払いの延滞についても、きちんと返済していき良い実績を積めば、過去の延滞記録の印象を薄められるでしょう。

 

債務整理などの金融事故の記録については、信用情報を保持している機関によって異なりますが、最長でも次の期間が経てば削除されることになっています。

 

債務整理 最長5年(個人再生、自己破産は最長10年)
代位弁済 最長5年
強制解約 強制解約の発生から最長5年
長期延滞 延滞が解消されてから最長5年

 

 

◆期間を置いた後、審査のハードルが低いカードに申込んでみては?

 

hint

 

過去に延滞や債務整理などをしてしまった場合に、新たにクレジットカードを作るためには、まず、信用情報の記録が消えるまで待つことです。

 

その後、審査のハードルが低いクレジットカードを選んで申込みをしてみるのがいいのではないでしょうか。

 

◇銀行系(三井住友VISAカードなど)
◇信販系(ジャックス、JCBカードなど)
◇交通系(ビュー・suicaカードなど)
◇流通系(楽天カード、イオンカードなど)
◇消費者金融系(アコムACマスターカードなど)

の順に審査が厳しい傾向があります。

 

 

◆悪徳業者に騙されないで!

 

信用情報に登録された内容は、身に覚えのない事実と異なる情報を除いて、訂正や削除することはできません。

 

「手数料を払えば信用情報を消します」というようなことを謳っている業者がありますが、手数料だけだまし取られるなどのトラブルにつながりますので、関わらないようにしてください。

 

また、信用情報が理由でどこからもお金を借りられなくて困っていても、「ブラックでもOK」ということばに騙されないようにしてください。このような広告を出す業者は、違法業者です。