派遣社員がキャッシング「在籍確認の電話はどこにくる?」

kokubandenwa

 

joseihart

 

派遣でもお金を借りられるところはあるの?

 

アルバイトやパート、派遣社員は、キャッシングに申し込んでも審査に通らないと思っている方もいらっしゃるようですが、そんなことはありません。
“非正規雇用だから”というだけで審査に落とされるようなことはありませんので、安心してください。

 

今回は『派遣社員のキャッシング』にスポットをあてて

◇在籍確認はどこに電話がくるの?
◇どのキャッシングやカードローンに申し込めるの?
◇審査に通るためのポイントは?

このような疑問にお答えしていきたいと思います。
派遣社員がキャッシングする際には絶対知っておきたい内容ですので、ぜひご覧ください。

 

 

派遣社員の在籍確認は“派遣会社”に電話があります

 

キャッシングに申し込みをすると勤務先へ電話がかかってきます。

 

「えっ?!」と不安に思われるかもしれませんが、クレジットカードに申し込んだときにもある一般的なことで、あなたが申告した勤務先にちゃんと勤めているかを確かめるために行われます。

 

これを『在籍確認』と呼び、確認がとれないと審査に通るのは厳しくなってしまいますので、実はとっても重要なものなのです。

 

そこで気になってくるのが・・

在籍確認って派遣だとどこに電話がくるの?派遣先?派遣元?
派遣元だったら電話にでられないけど大丈夫なの?

ということですよね。

 

在籍確認の電話は、あなたが申し込み時に申告した勤務先にかかってきます
勤務先は、給料をもらっている会社を指していますので、派遣会社(派遣元)を申告するようにしましょう。

 

また、派遣会社にかかってきた電話にあなたがでられなくても、籍があることが分かれば在籍確認はOKですので心配はいりません。

 

 

申し込む前に派遣会社へ伝えておこう!

 

denwarenraku

 

派遣会社にかかってくる在籍確認の電話をスムーズに完了させる方法をご紹介しておきたいと思います。

 

在籍確認の電話は、つぎのような感じでかかってきます。

 

◇消費者金融の場合

消費者金融名は言わずに担当者の個人名でかけてきます。
「田中と申しますが、伊藤さんはいらっしゃいますか?」

 

◇銀行の場合

銀行名を名乗るところが多いようです。
「〇〇銀行ですが、伊藤さんはいらっしゃいますか?」

 

本人(この場合だと伊藤さん)が不在で電話にでられなくても、
「本日、伊藤は派遣先の会社へ出勤しています。」
などと、籍がある(派遣登録している)ということが確認できれば、在籍確認完了です。

 

しかし、派遣会社のひとがこのような電話を受けたらどうなるでしょうか。

不審がられるかもしれませんし、個人情報保護の理由で一切応対してもらえない可能性もありますよね。在籍確認が取れなければ審査が止まってしまいます。

 

そんなことにならないよう、“事前に派遣会社に電話がいくことを伝えておく”ことが大切です!

 

「在籍確認の電話がいくと思いますので、よろしくお願いします。」

 

キャッシングの利用を知られては困るときは、「クレジットカードに申し込んだので」と付け加えておくといいかもしれませんね。

 

もしも派遣会社の規定で在籍確認の電話に対応できないという場合には、申し込みをする消費者金融や銀行に相談してみてください。なかには、電話以外の方法での在籍確認を認めてくれるところもあります。

 

 

派遣の方へおすすめのキャッシング

 

申込条件として多くのキャッシングやカードローンが挙げているのが“継続的な安定した収入”です。毎月、ある程度一定の収入を得ている派遣社員の方なら、ほとんどのところに申込できると思っていいでしょう。

 

どの業者に申し込みをするかを選ぶときにぜひ検討したいのが、『融資の速さ』『金利』『無利息サービス』ですね。

 

◇とにかく早くお金が必要なら即日融資のキャッシング

 

急にお金が必要!というときには、融資までのスピードはとても重要です。
申し込んだその日のうちにお金を借りられる“即日融資”のキャッシングを選ぶようにするといいですね。

 

このとき、何時までにどの手続きを完了すれば即日融資してもらえるのかを明確にしておくことが大切です。

14時までに契約手続きを済ませればいいのか、14時までに振込融資の申込手続きを済ませなければならないのかでは、まったく違ってきます。

 

一般的に、インターネットから申込をして、契約手続きを無人契約機で行うのが早いと言われています。(無人契約機でローンカードが発行され、その場で借入もできちゃうので)

 

◇金利重視なら銀行のカードローンがおすすめ

 

長期的な借入を想定しているのでしたら、金利が低いところを選ぶのがいいですよね。

利息をいくら払うかを計算するときに使うのが金利です。
同じ金額を借りても、金利高いと払う利息も高くなりますので、金利は低いに越したことはありません。

 

※金利について詳しくはこちらを参考にしてみてください。
『利子』と『利息』の違いは?金利の基礎知識をかんたん解説

 

ほとんどの消費者金融が最大金利を18%としているのに対して、銀行のカードローンは14%台のものが主流ですので、金利を重視するなら銀行のカードローンを検討してみるといいでしょう。

 

◇近々返済できる見込みがあるなら無利息サービスを活用

 

1ヶ月以内に返済の目処がたっている場合には、無利息サービスがある業者を活用するとお得です。

例えば、プロミスでしたら、契約の際にEメールアドレスを登録しWeb明細利用を選択すれば、初めて借入した翌日から30日間が利息0円で利用できます。

無利息期間内に全額返済できれば、利息がかからずに借りられます。

 

このような無利息サービスは、アコム、新生銀行レイク、ノーローンなどでも行われています。各社、適用条件が異なりますのでよく確認して、上手に使うようにしてください。

 

派遣社員におすすめのキャッシング一覧

 

金利 融資額 即日融資 無利息サービス ネット申込 総量規制
三菱東京UFJ銀行カードローン
バンクイック
4.6%~14.6% 10万円~500万円 可能 なし 可能 対象外
楽天スーパーローン 4.9%~14.5% 10万円~500万円 可能 なし 可能 対象外
東京スター銀行
スターカードローン
4.5%~14.6% 10万円~500万円 可能 なし 可能 対象外
新生銀行カードローン
レイク
4.5%~18.0% 1万円~500万円 可能 あり 可能 対象外
プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円 可能 あり 可能 対象
アコム 4.9%~18.0% 1万円~500万円 可能 あり 可能 対象

 

 

審査に通るために知っておきたいポイント

 

checkpoint

 

キャッシングの審査に通るためには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

 

◇申込内容にウソは絶対だめ

年収や他社からの借入など、審査に不利になりそうなことは隠したいですよね。
でもウソの申告はほぼ間違いなくバレます。バレてしまったら、信用がないひとと判断され、審査に悪影響を与えてしまいますので絶対にやめましょう

 

◇希望融資額は最小限に

申込の際にいくら借りたいか希望額を申告しますが、非正規雇用ですと、正社員に比べて高額の借入は難しいです。
あまり欲張らずに、必要最小限で希望するようにしたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、消費者金融やクレジットカードでのキャッシングは、総量規制という法律の対象となりますので、総額が年収の3分の1を超える借入はできません

例えば、年収300万円のひとは、すでに60万円の借入があったらあと40万円までしか借りられませんので、50万円の融資希望は通りません。

 

◇借入件数は少ないほうがいい

他社からの借入状況は、最も重視される項目といえます。

申込の際に、借入件数と金額を申告することになりますが、借入件数が4件以上あると審査に通るのは難しいようです。

他社からの借入がある場合は、できる限り返済したり借入をまとめて、借入件数を減らしてから申し込むといいでしょう。

 

◇過去の金融事故に要注意

実は、審査の際には、あなたが申込時に申告する内容だけではなく専門機関(※)からも情報を入手しています。

 

※信用情報機関
信用情報機関には、あなたが今までに利用したクレジットカードや各種ローン、割賦販売で購入などの利用実績が登録されています。審査の際には、ここに登録されている情報を利用することが認められています。

 

過去において、長期間にわたって支払いを延滞したり、債務整理(自己破産、個人再生、任意整理など)をした記録が残っていると、審査に通るのは厳しくなります。

こういった記録は5年から10年は削除されませんので、今後の返済にも遅れないよう注意しましょう。