パートやアルバイトでも借りられるキャッシングを解説

baitookane

 

baitonohitobito

 

キャッシングでお金を借りたいんだけど・・
やっぱり、パートやアルバイトじゃ審査に通らないよね?

 

このように、正社員じゃないと借りられないと思っているひとは意外に多いようです。

 

でも、パートやアルバイトだという理由だけで、キャッシングの審査に落ちるということはありません

 

ここでは、パートやアルバイトの方がキャッシングに申し込むときのポイントと注意点についてお話しします。

また、パートやアルバイトでも申し込みができるキャッシングの中から

『無利息期間サービス』
『低金利』
『勤務先への電話なし』

の3つの条件に絞っておすすめの会社もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

パート・アルバイトがキャッシングするときのポイント

 

キャッシングの審査では、次のようなことがプラス要素になるといわれています。

ueyajirusi

◇高い収入がある
◇勤続年数が長い
◇正規雇用
◇良いクレジットヒストリー

 

収入が少ないよりは、多いほうが有利にはなりますが、以前に比べるとそこまで重視されなくなりました。

 

審査で最も優先されるのは“安定した収入”といえるでしょう。
収入が安定しているかを判断する材料として、勤続年数や雇用形態は大切です。
雇用形態という点では、非正規雇用であるパートやアルバイトは正社員にはかないませんが、同じ職場に長く勤務していればプラス評価になります。

 

クレジットヒストリーとは、クレジットカードやローンの利用履歴のことで、信用情報とも呼ばれます。クレジットカードやローンを延滞なく健全に利用してきたひとは、審査で高く評価されます。

 

逆に、次のようなことは審査にマイナスに働いてしまうことも知っておきましょう。

sitayajirusi

◇ウソの申告をしている
◇短期間にたくさんのキャッシングに申し込んでいる
◇他社からの借入が4件以上
◇過去に債務整理や自己破産をした

 

審査に通りやすいようにと事実と異なる申告をしても、ほぼ間違いなくウソはばれますので絶対にやめましょう

 

また、パートやアルバイトは審査に通りにくいのでは?と思ってたくさんのキャッシング会社へ申し込みをしてしまうひとがいますが、かえってマイナスになってしまいますので気を付けてください。

 

他社からの借入は、審査で重視されるポイントです。
借入金額が返済能力を超えていたり、件数が多いと、審査に通るのは難しくなります

債務整理や自己破産をした記録がクレジットヒストリーに残っている場合は、まず通りませんので、申し込みは記録が消えるまで(5~10年)は控えたほうがいいかもしれません。

 

繰り返しになりますが、パートやアルバイトだからといって審査に落とされることはありません。大切なのは、安定した収入があることちゃんと返済してくれそうかということです。

 

 

無利息期間があるキャッシング

 

無利息期間サービスは、一定期間は利息をいただきませんというサービスです。
決められた期間中に完済できれば、借りた分のお金だけを返せばいいのでとてもお得ですね。

 

ただし、無利息期間が適用されるのは、最初の一定期間だけというところがほとんどです。長期的な借入を考えているのでしたら後で紹介する低金利のカードローンのほうがおすすめです。

 

無利息期間サービスを行っている消費者金融・銀行

サービス概要 対象条件 無利息期間外の金利
プロミス 初回借入の翌日から30日間が無利息 ・初めての契約
・Eメールアドレス登録
・Web明細利用
4.5%~17.8%
アコム 契約日の翌日から30日間が無利息 ・初めての契約
・返済日「35日ごと」
4.7%~18.0%
ノーローン 借入日の翌日から7日間が無利息(条件を満たせば何度でも) ・初回の借入もしくは完済した翌月以降の借入 4.9%~18.0%
新生銀行レイク 契約日の翌日から無利息※1か2から選択
1.借入額のうち5万円までが180日間無利息
2.借入額全額30日間無利息
・初めての契約
・180日間無利息は契約額200万円以内の方
4.5%~18.0%
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 初回借入日から30日間が無利息 ・2007年1月16日以降に初めて利用 2.5%~18.0%
しずぎんカードローンセレカ 契約日から翌月または翌々月の返済日前日まで最大45日間の利息をキャッシュバック ・初めての契約
・平成28年3月31日申込受付まで
4.0%~14.5%

 

いつから無利息期間が始まるのかが、「借入日の翌日」や「契約日の翌日」など各社で違います。いつからいつまで無利息なのかをよく確認してください。

また、無利息期間中でも返済日が来れば支払わなければなりません。延滞すると無利息サービスが受けられなくなる場合がありますので気を付けましょう。

 

 

金利にこだわるなら銀行のカードローン

 

キャッシングを上手に利用するには、できるだけ支払う利息を安く済ませることです。

 

一時的な借入&短期間で返し終えるのなら無利息期間サービスを使うのがおすすめですが、長いお付き合いになりそうでしたら、低金利の会社を選ぶといいですね。

 

最初に契約するときは、限度額が少なめに設定されるケースが多く、たいていは最大金利が適用されます。(最小金利の適用には大きな金額の借入が必要です。)

 

銀行のカードローンは、消費者金融よりも最大金利が低く設定されている場合が多いので、まず検討してみてはいかがでしょうか。

 

銀行 商品名 金利
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 4.6~14.6%
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 4.0~14.0%
イオン銀行 カードローンBIG 3.8~13.8%
東京スター銀行 スターカードローン 4.5~14.6%
セブン銀行 ローンサービス 15.0%(一律)
楽天銀行 スーパーローン 4.9~14.5%
りそな銀行 プレミアムカードローン 3.5%~12.475%
りそなクイックカードローン 12.475%(一律)

 

なかでも、東京スター銀行スターカードローン、楽天銀行スパーローン、りそな銀行クイックカードローンの公式ホームページには“パート・アルバイトの方も申し込みOK”というような記載がありますので、申し込みやすいのではないでしょうか。

 

 

勤務先への電話なし!のキャッシング

 

OKwomen

 

キャッシングの審査では、勤務先へ電話をして本当に勤めているかを確認します。これを在籍確認と呼びます。

 

パートやアルバイトだと、外からの電話を受けることはあまりなく、電話がかかってくると「どうしたの?」と怪しがられる可能性もありますよね。勤務先によっては私用電話の取次ぎは一切していないところもあるでしょう。

 

そんな方には、電話連絡なしのキャッシングがおすすめです。

 

三井住友銀行グループのモビットでは、次の条件をクリアしていれば電話連絡や郵送が一切ない「WEB完結申込」ができます。

◇三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に本人名義の普通口座を持っている
◇社会保険証もしくは組合保険証を持っている

 

モビット以外でも、やむを得ない事情があって電話ができない場合は、社員証や保険証、給与明細などを提出することで在籍確認がとれるところもあります。申し込みの際に、事情を話して相談してみるといいでしょう。