クレジットカードのキャッシング機能

card_money

 

クレジットカードの機能といえば、代金後払いで商品を購入したりサービスを受けられるショッピング機能ですね。

ポイントサービスや割引優待サービス、付帯保険など利用者にとってうれしい機能が付いているものもたくさんあります。

今は、ほとんどのクレジットカードに現金を借りることができるキャッシング機能がついていて、急遽お金が必要になったときにクレジットカードのキャッシングを利用して現金を用意したという経験があるひとも結構います。

 

ここでは、急な出費に迫られたときのための備えとして、クレジットカードのキャッシングについて知っておきたいことについてまとめてみました。

 

◇クレジットカードの基本的なしくみ
◇キャッシングとは
◇キャッシングできるかどうかを確認する方法
◇いくらキャッシングできるか?
◇キャッシングの金利は?返済方法は?
◇メリット・デメリット

 

 

クレジットカードのしくみをおさらい

 

まずは簡単にクレジットカードのしくみを説明しておきましょう。

 

creditcard_sikumi

 

1.カード会社は利用者の信用をもとにクレジットカードを発行します。
2.利用者が商品やサービスを購入し
3.購入代金をカード会社が立て替えます。
4.お店はカード会社へ手数料を支払います。
5.利用者は決められた支払日に利用した金額(1ヶ月分まとめて)をカード会社へ支払います。

これがショッピング機能の簡単な流れですね。

 

 

クレジットカードでお金を借りる「キャッシング」

 

atm_woman

クレジットカードで買い物をするきは商品やサービスの代金をカード会社に立て替えてもらって後払いするのですから手元に現金が残ることはありません。

しかし現金を用意しなければならないときもありますよね。
そんなときに使えるのがキャッシング機能です。

お手持ちのクレジットカードを使ってATMやCDからお金を引き出す(=借りる)ことができるサービスです。

 

 

あなたのクレジットカードはキャッシングできる?

 

あなたが持っているクレジットカードにはキャッシング機能が付いていますか?

よくわからないんだけど・・というひとは利用明細書を見てみて下さい。
利用限度額が

ショッピング:30万円 キャッシング:10万円

などと分かれていてキャッシングに金額が書かれていればキャッシング機能が付いていると考えてください。利用明細書で確認ができなければカード会社に問い合わせてみるといいでしょう。

すでにキャッシング機能が付いていたら、手続き不要でATMやCDからお金を借りることができます。キャッシング機能が付いていないときは申し込みが必要です。

 

 

いくら借りられるかは、ショッピングとの兼ね合い

 

ショッピングの利用限度額をショッピング枠、キャッシングの利用限度額をキャッシング枠といい、キャッシング枠はショッピング枠に含まれるような関係になっています。

 

shopping_cashing

 

例)ショッピング枠30万円、キャッシング枠10万の場合

既に使った金額 残りのショッピング枠 残りのキャッシング枠
10万円の買い物 20万円 10万円
20万円の買い物 10万円 10万円
25万円の買い物 5万円 5万円
30万円の買い物 買い物できない 借りられない
5万円の借り入れ 25万円 5万円
10万円の借り入れ 20万円 借りられない

 

このように、決められたキャッシング枠の金額まで借りることができますが、買い物の支払いがたくさんあるとキャッシング枠いっぱいまでは借りられないこともあります。

 

 

クレジットカードキャッシングの金利

 

カードの種類やキャッシング枠がいくらかによって違うのですが、はじめは18%に設定されることが多いです。

キャッシング枠は利用状況によって増額できますが、はじめはどんなに高くても100万円を超えることはないでしょう。だいたいの会社でキャッシング枠100万円未満の場合は18%が適用されます。

18%というと、消費者金融のキャッシングと同水準です。
決して低い金利ではないことを知っておきましょう。

また、ショッピングは一括で支払えば金利手数料はかかりませんが、キャッシングの場合は日割り計算で金利手数料がかかることも覚えておきたいですね。

 

クレジットカード別金利一覧

クレジットカード 金利
ライフカード 15.0~18.0%
オリコカード 15.0~18.0%
三井住友VISAクラシックカード 15.0~18.0%
NTTグループカード 18.0%
楽天カード 18.0%
DCMX 18.0%
イオンカード 7.8~18.0%
レックスカード 18.0%
セゾンカード 12.0~18.0%
MUFGカード 14.95~17.95%

 

 

キャッシングの返済方法

 

キャッシングの支払いは一括払いが基本でしたが、最近ではリボ払いも選択できるようになっています。

一括払い:締日までの借入額と日割り計算した利息の合計額が、支払日に口座から一括で引き落とされます。

リボ払い:毎月ほぼ一定の金額を支払日に口座から引き落とされます。毎月の支払い負担は軽く済みますが、借入残高がなくなるまで支払いが続くので利息を多く支払うことになります。

 

できれば一括払いにしておいて、どうしてもというときはリボ払いも検討すると良いかもしれません。リボ払いにしたら余裕のあるときは追加返済して早めに返すようにしましょう。

 

 

クレジットカードキャッシングのメリット・デメリット

 

メリット

・手持ちのカードにキャッシング機能がついていたら、すぐにお金を用意できる
・海外でも利用でき、現地通貨で引き出せる

デメリット

・金利手数料が高い
・ATMを利用する度に手数料がかかる
 (例:借入額2万円未満108円、2万円以上216円)

 

クレジットカードのキャッシングは急な出費に対応できる便利なサービスですが、金利やATM利用手数料を考えると、まとまったお金を借りたり繰り返しATMを利用するといったひとは、銀行や消費者金融のカードローンを利用を検討したほうが良いかもしれません。

ご自身の使い方にあった借り入れサービスを選んで賢く利用してみて下さいね。