返済日を過ぎてしまったらどうなるのかを調査しました – キャッシングのマネカフェ

 

キャッシングやローンでお金を借りれば、返済が待っています。

月々の返済期日までに指定された金額を支払っていくことになりますが、毎月、毎月、返済を続けていくと「うっかり返すのを忘れていた!」なんていうこともありますよね。

ここで気になってくるが返済期日を過ぎてしまったときの督促。

 

komaruotoko

 督促ってすごく恐いイメージだけど大丈夫かな?
 返済に遅れると大変なことになっちゃうの?
 家族や会社のひとに知られたら困るんだけど・・

等々…心配は尽きません。

 

こんな不安を持ちながら利用していくのもイヤですから、今回、調べてみました!

返済期日に遅れてしまったときにどんなふうに督促が行われるのか、もしもずっと支払えなかったらどうなるのか、滞納することで生じるデメリットについてお話していきたいと思います。

 

 

段階的にすすむ督促の流れ

 

督促といっても、最初から厳しくいわれることはありません。
とはいえ、貸した側としては支払ってもらわなければ困りますので、いつまでも穏やかに待ってくれるわけでもありません。

 

一般的に、督促や取り立ては次のような流れで段階的に厳しくなっていきます。

 返済期日の翌日に携帯へ電話連絡(※事前に指定した連絡先に電話があります)
   ↓
 携帯電話で連絡がつかない場合は自宅へ電話連絡
   ↓
 督促状がハガキや手紙が郵送される
   ↓
 連絡がつかなければ勤務先へ電話連絡
   ↓
 電話連絡がつかなければ自宅訪問
   ↓
 法的な措置へと移行

 

ついうっかり忘れちゃったというときは、携帯に連絡が入ってもすぐに返済すればそこで督促は終わりますので、まったく心配はいりません
ただし、うっかり忘れが何回も重なると信頼関係に影響してきます。返済日を知らせてくれるメールサービスを利用するなどして返済期日を守れる対策が必要ですね。

 

携帯電話で連絡がつかないときは自宅の電話へ連絡がきます。もちろん、自宅の電話番号を教えていなければかかってきません。

 

携帯も自宅もどうしても連絡がつかないときは、勤務先へ電話がかかってくることもあります

 

電話連絡の際には、本人以外に借金のことを話すことは絶対にありませんし、社名を名乗らず個人名でかけてくることがほとんどですが、勘のいいひとは気づいてしまうかもしれません。

絶対に誰にも知られたくないのでしたら「携帯にかかってきた電話は無視しない」「不在着信があったらかけ直す」ように気をつけてください。

 

何日か経っても返済が確認できないと自宅へ督促ハガキや手紙が郵送されます。どのタイミングで郵送されるかはキャッシング会社や状況によって違うようです。これに関しても借金を他の人に知られないよう配慮されていますが、家族が勝手に開けてしまえばすぐにバレてしまいます

 

電話やハガキでの督促を無視し続けると、自宅訪問法的な措置をとられることになります。ここまでくると裁判所が間に入ってきたりしますので家族に内緒にはできなくなります。(※自宅訪問については行っていないところもあります)

 

 

督促の電話では何を言われるの?

 

operator

 

先ほどもお話ししたように、電話に出たらまず本人かどうか確認されます。本人だと分かったら社名を名乗り、用件に入ります。

「返済期日までに支払いが確認できなかったのですが・・・」

といった感じで話しはじめ、そのあと支払いの約束を求められます。

「いつならお支払いいただけますか?」
「では〇月〇日の〇時までに〇〇円のお支払をお願いいたします」

「ちなみにお支払いはATM、店頭・・どこからを予定されますか?」

こんな感じでしょうか。

約束の内容はいつまでに、いくら、どこから支払うのかですね。
お金をどうやって調達するのか(次の給料、親に借りるなど)まで聞かれることもあるようです。

 

では、支払い約束ができない場合はどうなるのでしょうか。

たいていは「何とか工面して、〇日までに一旦ご連絡いただけますか?」と期限を区切って再度連絡をとるようになります。

 

また、返済期日に遅れると遅延損害金という迷惑料を通常の返済とは別に支払わなければなりません。遅延損害金は、遅れた日数にしたがって増えていきますので、支払いが遅れれば遅れるほど余計に払うことになります。こういったことも電話で説明されます。

 

※遅延損害金について
返済期日までに支払えないと発生する迷惑料で、年率は20%までと法律で決められています。多くのキャッシング会社が年率20%近くを設定しています。
 計算式:借入残高×遅延損害金年率÷365日×支払いが遅れた日数
返済が遅れるほど遅延損害金の負担が大きくなりますので、できるだけ早く返すようにしましょう。

 

 

法律で禁止されている取り立て行為

 

貸金業者の取り立ては法律で厳しく規制されています。
恐い取り立てに不安を感じているひともいるかと思いますので解説しておきます。

貸金業法で禁止されているのは、脅したりして私生活や仕事の妨げになるような行為です。具体的には次のようなことが当てはまります。

 

◇午後9時から午前8時の間に電話、FAX、自宅訪問する(※正当な理由があれば認められます)

◇勤務先や自宅以外の場所(実家など)へ電話、FAX、訪問する(※正当な理由があれば認められます)

◇自宅やその他の場所を訪問したときに「帰って下さい」と言われたのに帰らない

◇張り紙や看板で借金のことやプライベートなことを周りに知らせる

◇大声で怒鳴ったり、暴力的な行為をする

◇他の業者から借りて返すように要求する

◇借りた本人以外に支払うよう要求する

◇弁護士などに債務整理をしたという連絡を受けたのに取り立てをする

 

大手の消費者金融などはまずこのような取り立て行為はしませんが、悪質な業者で上に挙げたような違反行為があったときは警察へ連絡しましょう。

 

keisatu

 

 

信用情報に『延滞情報』が載る!

 

ローンやクレジットカードの利用記録はまとめて管理されています。これを「信用情報」といい、銀行、消費者金融、カード会社などが顧客の利用状況を登録したり、審査の際に閲覧したりすることができるようになっています。

延滞が長期間続くと信用情報に「延滞」として登録され、約5年間は記録が残ることになります。

延滞情報が登録されていると、別のキャッシングやローン、クレジットカードを申し込んだ際の審査に影響が出てしまいます。将来マイホームを建てようとしているのに審査に通らないなんてことになってしまう可能性もあります。

どのくらい遅れると延滞情報が登録されるかは、各社の判断に任されていて一概には言えませんが、約1ヶ月半が目安のようです。

 

 

まとめ

 

言うまでもありませんが、返済期日を過ぎてしまうことでのメリットはありません。

ただ、督促はそこまで恐れる必要はないということもお分かりいただけたと思います。
返済するのをうっかり忘れてしまったくらいでしたら、少しの遅延損害金を支払うだけで済みます。

 

家族や会社のひとに知られてしまうのではないかという点については、携帯への電話を無視しないことや郵送されないうちに返済することが大切です。キャッシング会社によっては、絶対に郵送しないでほしいと事前に伝えておくと、ある程度の日数は郵送を待ってくれるようですので相談してみるのもいいでしょう。

 

返済に遅れてしまう理由はひとそれぞれですが、もしも返済できる見込みがなくなってしまったような場合は、早めに弁護士や司法書士といった専門家に相談することが大切です。専門家へ依頼するのが難しかったら、法テラスなどの無料相談を利用してみてください。