クレジットカードが勝手にリボ払いになる原因

gimonjosi

先日、クレジットカードの明細を見ていて、半年くらい前の支払いがまだ終わっていないことに気が付きました。

どうやら分割払いになっているような感じなんですが、私の記憶では一括払いにしたはずなんです・・。

勝手に分割払いにされていることってありますか?

 


勝手にリボ払いになってしまっていつの間にか毎月かなりの利息を取られて悩んではいませんか?

そんな時におすすめなのが銀行カードローンへの借り換えです。

オリックス銀行カードローンでは比較的低い金利で最大800万円の限度額を利用することができます。

オリックス銀行カードローンの公式サイト

 

ご質問ありがとうございます。

半年も前に終わったはずの支払いが残っていたとは、とても驚かれたことと思います。

 

一括払いにしたはずということですので、クレジットカードの支払い方法が『リボルビング払い』になっている可能性が考えられます。

 

ただし、詳細については分かりかねますので、クレジットカード会社へ問い合わせされることをおすすめいたします。

もしリボルビング払いになっていた場合は、通常の支払い方法へ変更することも可能かと思いますので、問い合わせの際によく確認してみてください。

 

 

ここ最近、同じような経験をされる方が増えているようです。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、リボルビング払いには金利手数料がかかります

 

全然知らなかった!と損をしてしまわないよう、次の3つのことを整理しました。
クレジットカードをお使いの方、これから利用しようと考えている方は、ぜひ目を通してみてください。

 

hatenaman

◆『リボルビング払い』はどんな支払い方法なのか?
◆どうして勝手にリボルビング払いになってしまうことがあるのか?
◆勝手にリボの対処法は?

 

 

 

 

『リボルビング払い』は毎月の支払いが一定。金利手数料は高い。

 

リボルビング払い(=リボ払い)は、月々の支払い額が一定になる支払い方法です。

(一定額に手数料を加算した金額を支払う場合もあります。)

 

ribo

例えば、毎月の支払額が1万円に設定されているとします。

 

出費がかさんで合計10万円の買い物をしてしまいました。

一括払いだと次回の支払日にまとめて10万円の支払いをしなければなりませんが、リボ払いなら1万円ですみます。

その後、10万円+金利手数料を支払い終えるまで、毎月1万円の支払いが続きます。

 

 

月々の支払い負担が軽く、家計管理がしやすい便利な支払方法として、クレジットカード会社はおすすめしてきますが、金利手数料がかかることを忘れないようにしましょう。

金利は、15%から18%ほどが相場です。

 

上記の例で、金利15%でシュミレーションしてみると、金利手数料が6,683円かかることになります。

 

支払い回数 支払い元金 金利手数料 支払い合計
1回目 10,000円 1,027円 11,027円
2回目 10,000円 1,146円 11,146円
3回目 10,000円 1,019円 11,019円
4回目 10,000円 863円 10,863円
5回目 10,000円 764円 10,764円
6回目 10,000円 616円 10,616円
7回目 10,000円 509円 10,509円
8回目 10,000円 382円 10,382円
9回目 10,000円 230円 10,230円
10回目 10,000円 127円 10,127円
合計 106,683円

 

金利手数料は、利用金額が30万円だと57,531円100万円だと629,527円にもなってしまいます。

 

リボ払いになっていることに気付かずにいると、とんでもない金額の金利手数料を支払うことになります。

 

 

勝手にリボはどうして起こるの?

 

クレジットカードの支払い方法の設定が『リボ払い』になっていると、買い物をした時に『一括払い』や『分割払い』にしても、リボ払いになってしまいます

 

このことを知らないひとが意外に多いので、ずいぶん後になって勝手にリボになっていることに気付いたり、未だに気付かないまま支払っていることもあるようです。

 

それでは、どうしてリボ払いの設定になってしまっているのでしょうか?

 

主に考えられるのは次の2つです。

◆クレジットカードの申込みをした際に、リボ払い設定になっていた
◆クレジットカードのキャンペーンに応募したことで、リボ払い設定に変わっていた

 

クレジットカード会社は、リボ払いだと金利手数料が得られるので、いろいろなタイミングでリボ払いを勧めてきます。

 

申し込みの際に、リボ払い設定を基本として説明しているケースも見受けられます。
また、ポイント還元などのキャンペーンの応募条件としてリボ払い設定に変更することが設けられていることがあります。

 

よく確認すれば気づくと言われればそうなのですが、罠にはめられた気分になる方もいるのではないでしょうか。

 

他にも、こんなケースも勝手にリボになります。

 

◆リボ払い専用カードを使って買い物をした

クレジットカードの申込みをして2枚のカードが届いた経験はないでしょうか。
1枚は通常のカード、もう一枚はリボ払い専用のカードかもしれません。
「REVOLVING」などと小さく書かれていたらリボ払い専用カードです。このカードを使って買い物をすると、勝手にリボ払いになりますので気を付けましょう。

 

 

勝手にリボにならないためには、確認あるのみ!

 

nimainocard

勝手にリボ払いにならないようにするためには、よく確認することが大切です。
(クレジットカード会社にも、もっと分かりやすくするよう要望したいものです。)

 

◆申し込み時には、支払い方法がリボ払いになっていないか確認する
◆カードが届いたらリボ払い専用カードではないか確認する
◆明細書でもリボ払いになっていないか確認する

 

加えて、自動的にリボ払いになるサービスを申込むことがないよう気を付けましょう
サービス名は各社異なりますが、一例を記しておきます。

 

クレジットカード会社 商品名 金利(実質年率)
ユーシーカード リボ宣言サービス 15.00%
シティカードジャパン なんでもリボ 15.00%
ジェーシービー 支払い名人 15.00%
三菱UFJニコス 楽Pay 15.00%
三井住友カード マイ・ペイすリボ 15.00%

 

リボ払いを便利なサービスとして利用しているひともたくさんいます。
しかし、勝手にリボになって損をしてしまっているひとがいるのも事実です。