返済の仕方をちょっと変えるだけで利息を抑えられるのを知っていますか?

 

キャッシングやカードローンを使っているひとで

「毎回の返済額のうちいくらが利息なのか」
「最終的に支払う利息総額はいくらになるのか」
「いつ返済が終わる予定なのか」

を、把握しているひとはどのくらいいるでしょうか。

 

これらは、賢く利用していくためには、ぜひ知っておきたいことです。

job_tantei_woman

 

よく知らないままに返済していったら、最終的に、ものすごくたくさんの利息を払っていた!なんてこともよくある話です。

 

そんなことにならないために、さまざまなパターンでシュミレーションしながら、キャッシングの返済のコツについて、一緒に学んでいきましょう。

 

 

キャッシングの返済方式『残高スライド』『定率リボルビング』

 

キャッシングで借りたお金は、一括返済もできますが、ほとんどのひとが何回かに分けて返済しています。

 

毎月いくら返済すればいいのか(最低返済額)を定めているのが“返済方式”です。

キャッシングの返済方式としては、主に、『残高スライド方式』と『定率リボルビング方式』の2つがあります。

 

段階的に返済額が変わる残高スライド方式

残高スライド方式は、最低返済額が借入残高によって段階的に変わります。

 

≪残高スライド方式の返済額例≫

下表のように設定されている場合、40万円を借りたら初回の返済は 10,000円 です。
次第に返済が進み借入残高が30万円以下になると 7,000円 に変わり、5,000円、3,000円とだんだん最低返済額が下がっていきます。

借入残高 最低返済額
10万円以下 3,000円
10万円超20万円以下 5,000円
20万円超30万円以下 7,000円
30万円超 10,000円

 

返済が進んで借入残高が減っていくと、毎月の返済負担が軽くなっていきますが、返済のペースが落ちてしまうので、返済期間が長くなってしまいます

 

例として、22万円を借りて、上の表の通りに返済していった場合と、毎月6,000円を返済していった場合で比較してみましょう。(金利18%とします。)

このケースだと、残高スライド方式のほうは、返済金額が下がってからなかなか借入残高が減らなくなり返済期間が長期化したために、4万円近くも多く利息を支払うことになってしまいました

 

最低返済額はキャッシング・カードローンによって違う

借入残高による最低返済額は、キャッシング・カードローンによって設定が異なります。

X社 Y社
借入残高 最低返済額 借入残高 最低返済額
50万円以下 10,000円 10万円以下 2,000円
50万円超100万円以下 15,000円 10万円超20万円以下 4,000円
100万円超 20,000円 20万円超30万円以下 6,000円

 

この2社で、15万円を借りた場合で比較してみましょう。(金利:18%とします。)

X社は、18回で完済でき、利息総額は 20,935円 ですが、Y社は、115回返済してやっと完済でき、利息総額は 126,295円 にものぼりました。

 

利用者の返済負担を軽くするために最低返済額を少なく設定しているところがありますが、あまり少なすぎるのも考えものですね。

 

残高スライド方式にも2タイプある

実は、残高スライド方式のなかにも2タイプあります。

 

ひとつ目は、ここまで解説してきたようなその時点での借入残高によって最低返済額が決まるタイプです。ここでは、借入返済後残高スライド方式と呼ぶことにします。

返済が進んで借入残高が減っていくのに従って、最低返済額も下がります。

 

ふたつ目は、最後に借入した後の借入残高によって最低返済額が決まるタイプです。ここでは、借入後残高スライド方式と呼ぶことにします。

 

借入残高 最低返済額
10万円以下 3,000円
10万円超20万円以下 6,000円
20万円超30万円以下 9,000円
30万円超 12,000円

 

このように設定されていた場合、15万円借りたときの、最低返済額は 6,000円 です。
返済が進んで利用残高が減っても、追加借入をしない限りずっと 6,000円 のままです。

 

もし、利用残高が5万円になったところで、1万円追加入したら、最低返済額は 3,000円 に変わります。

 

途中で追加借入をしなければ、最初に決まった最低返済額をずっと返済していくことになりますので、借入返済後残高スライド方式よりも早く返済が進みます

 

最低返額は上の表の通りの設定にして、15万円借りた場合で、借入返済後残高スライド方式借入後残高スライド方式を比較してみましょう。(金利:18%とします。)

借入返済後残高スライド方式のほうが、2万円以上も多く利息を支払うことになりました。
最低返済額が3,000円に変更されたために、返済が長期化してしまったのですね。

 

利用残高に対する比率で決まる定率リボルビング方式

借入残高に対して一定の割合を返済していくのが、定率リボルビング方式です。

 

例えば、一定の割合が 5% と決められているなら、借入残高10万円のときの最低返済額は 5,000円 です。

借入残高が減るのにつれて、最低返済額も徐々に少なくなっていきます。

 

 

キャッシングの返済のコツとは?

 

osieruotoko

 

ここまで、残高スライド方式をメインに、2つの返済方式について見てきましたが、その他の返済方式を採用しているところもあります。

自分が利用しているキャッシングが、どのような返済方式を採用しているのか、ぜひ確認してみてください。

 

その上で、次のようなことを意識しながら返済していくようにしましょう。

 

◇毎月の返済額が低すぎないか

キャッシングによっては、最低返済額を非常に低く設定していることがあります。
返済の負担が軽く済むのは、利用者にとってもありがたいことではありますが、返済が長期化し利息総額も増えてしまいますので、気を付けましょう。

 

◇できるときに追加返済

ボーナスなどの臨時収入が入ったときなど、もうちょっと返済できるときは、追加返済をしましょう。
ほとんどのキャッシングで、ATMなどから追加返済ができるようになっていますので、ぜひ活用してみてください。

 

◇いつも余裕があるなら返済額を変更する

毎月の返済に余裕があるのでしたら、返済額を変更することも検討しましょう。
1,000円でも2,000円でも、利息を抑えるのにとても有効です。

 

これらのちょっとしたことで、利息を減らすことができます。
なるべく多く返済して早く完済を目指しましょう!