専業主婦でも借りれるカードローン※利用前の必読情報!

 

いまは男女ともに社会で働くことが認められていますが、まだまだ家事・育児では女性の出番が多く、外に出て働けない専業主婦の女性は多いですよね。
そんな専業主婦の皆さんがまとまったお金を必要とするときは、カードローンでの借り入れが便利です。

こちらではカードローンや借り入れに関する基本的事項や、専業主婦がカードローンでお金を借り入れる方法などについて、詳しくご紹介していきます。

返済や業者からの取り立てが怖い、誰にも借金のことを知られたくないなど、専業主婦ならではの不安にもお答えしていますので、今はお金に困っていなくても、チェックしてみてくださいね。

お金がない!そんなとき専業主婦ならどうすべき?

子供がまだ小さいから、年老いた親の面倒を見る必要があるから、あるいは、愛する夫の希望だからなど、女性が専業主婦になる理由はさまざまですが、専業主婦がいざという時に困るのが、「お金の問題」です。

専業主婦

自分の収入がないだけに不意の出費に身動きが取れず、家計のやりくりで不安やストレスをため込んで体調を崩してしまったり、悪徳金融などに引っかかってしまったりと、自由に使えるお金が無いことは生活するうえでとても不安なことですよね。

そんな社会的に弱い立場の専業主婦がお金を必要とする場合にはどうすればいいのか、カードローンや借金に関する基本的な用語の説明も交えながら、詳しく説明していきましょう。

専業主婦でもお金を借りることはできます!

私たちがお金に困ったとき、まず一番に頼るのは家族です。ただし、「実家の両親もお金に困っている…」とか、「前に借りたお金を返していないので、これ位以上は無理!」など、家族の援助を期待できない場合も多いですよね。

そうなったらお金を貸してくれる金融業者に頼るしかないのですが、一般的に私たち個人にお金を貸してくれる業者には、次の3つがあります。

  • 銀行
  • 消費者金融
  • 信販会社

もちろん、無償でお金を貸してくれる業者はありません。
私たちにお金を貸してくれる業者は返済を受ける時に一定の金利を得ることで利益を上げるわけですから、こういった金融業者はきちんと返済ができる相手にしかお金を貸してはくれないのです。

つまり、就業しておらず一定の収入がない人や、万が一返済が滞った時に担保として回収できる預貯金や不動産などの資産がない人は、お金を借りることができないということですね。

と説明をすると、「これって、専業主婦の私のことじゃん!」とガッカリさせてしまうのですが、大丈夫!収入も資産もない専業主婦でも、金融業者からお金を借りることはできます。
主婦でも無理なくお金を借りる方法がある、それがいわゆる、「カードローン」なのです。

専業主婦が使えるカードローンは銀行だけ!

消費者金融もダメ、信販会社もダメとなると、残りは銀行しかありませんね。

銀行は銀行法の規制を受ける金融業者ですが、貸金業法の規制を受けてはいませんので、収入のない専業主婦でもカードローンでお金を貸してくれるのは、唯一銀行だけになります。

銀行の融資は本来、事業主や会社法人と対象にしているのですが、最近は個人融資にも力をいれていて、個人向けのカードローンを扱っている銀行が多いです。

でも、「銀行の審査って厳しいんでしょ?」と思う人も多いですよね…

確かに住宅ローンなどの審査は提出書面が多く、担当職員の追及も厳格なのですが、カードローンに関しては、それほど厳しいということはありません。
むしろ消費者金融などの借入審査よりも厳しくないとい評価する人は多いので、専業主婦の場合は不安に思わずに、銀行のカードローンを検討してみてくださいね。

専業主婦のための銀行カードローンのメリット8つ

消費者金融の配偶者貸付は手続きに必要な書面が通常のカードローンよりも多く、確認作業が面倒だという面があって、大手の消費者金融であっても配偶者貸付の取り扱いをしている会社少ないです。}

実質的にあまり使えない借り方なので、専業主婦がお金に困った時は、銀行のカードローンを利用しましょう。
「ここだったら、安心してお金を借りることができる!」と専業主婦に思わせる、銀行のカードローンのメリットをご紹介していきます。

メリットいいね

メリット1. なんといっても金利が安い!

銀行カードローンの一番のメリットは、消費者金融などのカードローンに比べると金利が安く、お得だということです。

専業主婦の場合は限度額が比較的に低いので、収入のある人よりはどうしても金利が大きくなってしまいますが、それでも最高金利の平均は13~14%台です。平均的な消費者金融の上限金利は18%台からなので、家計を預かる専業主婦にとってはかなり有利だといえますね。

メリット2. 即日融資に対応している銀行もある!

銀行カードローンは即日融資をしてくれないと評価されてきましたが、実はそんなことはありません!即日融資に対応している銀行も結構あります。
ただし、即日融資をする場合はその銀行に本人口座を持っていることなどの条件がついているため、あまり知られていないのかもしれません。

口座開設に1週間ほどかかってしまうことが多いので、早く現金が必要な専業主婦の場合は、もともと口座を持っている銀行のカードローンを利用することをおすすめします。

銀行の場合は営業時間が厳格なので、即日融資をしてくれる銀行でもカードローンの申し込み時間が午後遅い場合には、その日に現金化できないことも予想されるので、即日融資を希望する場合には必ず午前中に申し込みを済ませ、申し込みの際には即日融資をして欲しい旨を担当スタッフに伝えておくといいですよ。

メリット3. 初めての借り入れなら審査もそれほど厳しくない!

銀行は堅実な貸し付けしかしないので、カードローンも、「金利が低いぶん審査が厳しい」とよく言われていますが、基本的に銀行の審査が厳しいのは借金を重ねている人に対してだけです。

これまでに債務整理をしたことも、返済の遅延をしたことがなくて、夫に安定した収入がある場合は、型通りの審査だけで十分審査に通る可能性はあり、担当スタッフからの厳しい突っ込みを受けることはありませんので、専業主婦が安心して銀行のカードローンを利用してくださいね。

メリット4. 夫には内緒で借りることができる

誰でも借金をしていることを他人に知られたくないものですが、夫にバレると、「家計のやりくりもできないのか!」と怒られかねないので、夫や家族には内緒でお金を借りたい人も多いですよね。

消費者金融の配偶者貸付の場合は本人確認調査や同意書の作成などの必要があり、夫に内緒でカードローンを利用することはできませんが、銀行のカードローンの申し込みには、夫の同意書などは一切必要がありません。

申し込みをした本人とだけの契約なので、夫の個人信用情報に影響がでることはありませんし、明細書などの郵送物も「〇〇銀行」という記名で届きますので、その銀行に口座を持っていれば封筒を隠す必要はありませんよね。

銀行の場合でも本人確認の調査はありますが、夫の職場に電話がいくことはありませんし、自宅に電話をする場合でも、自分の携帯電話を指定することができますので、返済が滞りでもしない限り家族にバレる心配はありません!

銀行のカードローンなら夫にバレないようにとビクビクして生活をしなくても良いので、心の負担が軽くなりますよ。

メリット5. カードローンの申し込み手続きが簡単!

銀行のカードローンの申し込みは従来の来店方式から、スマホを使ったWEB申し込みが主流になっています。

本人確認も免許証をスマホのカメラで撮影してアップロードすればいいので、銀行の窓口に行く必要は一切ありません。
しかも24時間申込みが可能なので、思い立ったら即日でカードローンの手続きができます。

これって、小さな子供がいて家が空けられない主婦にとっては、かなり嬉しいですよね♪

カードローンの申し込みをするとローン専用のカードが発行されますが、
銀行によっては自分が開いている普通預金口座のキャッシュカードにローン機能をプラスして使えるようにしてくれるので、カードが無駄に増えることもありませんよ。

メリット6. 毎月の返済金額の設定が低く負担が軽い!

専業主婦の銀行のカードローンの場合は、月々の返済金額の設定が低いのも魅力です。

月々の返済額は銀行によっても違いますが、専業主婦の場合はもともとの借り入れ限度額が低いために、多くの銀行で最低返済額を2,000~3,000円で設定しています。

月々これぐらいの金額なら、家族の食費をギリギリまで切り詰めるなんて無理をしなくても、少し節約を心掛けるだけで捻出ができるので、生活への影響は少なくてすみますよね。

銀行のカードローンはお金ができた段階でいつでも返済できますし、返済したぶん限度額の範囲で再びお金を引き出すことができるので、とっても便利です。

なかには利息の付かない「無利息期間」を設けている銀行もありますし、月々の返済を自分の普通口座から自動で引き落としてくれる銀行もありますので、銀行のカードローンは借金をしているという負い目はなく、「もう一つ使える銀行口座が増えた」という感じ使えます。

銀行のカードローンは、専業主婦の家計のやりくりにとっても優しいといえますね。

メリット7. 限度額が低いから借金地獄に陥ることはない!

銀行のカードローンの場合は貸金業法の総量規制の対象にはなりませんから、専業主婦が借りることができる金額の上限は本人の返済応力を審査して決められます。

限度額はそれぞれの銀行によって違いますが、一般的に専業主婦の場合は夫の給料で家計をやりくりする中での返済になりますから、専業主婦はたくさんのお金を借りることはできません。

相場としての限度額は30~50万円といったところなのですが、これくらいの金額であれば最悪返済ができなくなってしまっても、家族や親戚に頭を下げて回れば何とかなる範囲です。

銀行のカードローンは借金を無駄に増やす必要がない、リスクが低い安全な借り入れ方法だといえますね。

メリット8. 担当職員が優しくて親切!

一般的に銀行の担当職員の対応は丁寧で親切なものですが、これって初めてお金を借りる専業主婦にとっては、ポイントが高いですよね。

銀行は社員教育を徹底しているので借り入れ担当のスタッフが高圧的な態度をとることはありませんし、万が一返済が滞っても強面のおじさんが自宅に押し掛けて大騒ぎをするなんてこともあり得ないので、安心してください。

女性スタッフが多く借り入れ担当に配置されていますし、専業主婦でも借りやすいように女性専用の窓口である、「レディースキャッシング」が設けている銀行もあります。

女性スタッフは女性ならではの繊細さでお金に困っている悩みを聞いてくれるので、やはり安心感が違います。
女性専用の窓口を設けていなくても、事前に相談をすれば女性スタッフに担当を変えてくれる銀行もありますので、申し込みの時に相談をしてみるといいでしょう。

専業主婦が銀行のカードローンを利用する流れ

専業主婦が銀行のカードローンを利用する場合、

  1. 銀行を選ぶ
  2. WEB上で申し込み
  3. 審査を受ける ⇒ 審査通過!
  4. 現金を借りる
  5. 返済

という流れで進みます。

ここで一番気にするのは、1の銀行の選び方と、3の審査についてではないでしょうか?
自分にとって使いやすいカードローンの銀行の選び方と、専業主婦がどんな審査を受けるのか、詳しくご紹介していきましょう。

専業主婦のカードローン銀行の選びかた

専業主婦がカードローンで利用できる銀行は、大手銀行から地方銀行まで幅広くありますが、
銀行選びで大事なのは、できるだけ自分の条件に合った銀行を選ぶことです。

まず、即日融資をうけたいのか、できるだけ金利を掛けずに借りたいのか、長期間になっても家族の生活に負担を与えずに借金を返していきたいのかなど自分が最優先する条件を決めましょう。

専業主婦でカードローンを申込む場合には、おのずと銀行系カードローンになると思いますが、同じ条件の銀行が残ってどちらかに決められない場合には、できるだけ知名度の高い大手の銀行で、

なおかつ金利がやすかったり、無利息期間があったりというプラスのポイントがあると、
安心してカードローン利用を進める事ができるのではないかと思います。

専業主婦がカードローン利用する銀行を選ぶポイント

  1. 知名度がある大手の銀行
  2. 年間の利息がやすい
  3. 無利息期間が設定されている
  4. インターネットで完結できる

上記の4つのポイントは必須といってもいい銀行選びの条件になるので、この条件を元にしてスムーズなカードローン利用をはじめましょう。!

専業主婦のカードローンの審査基準

一般的に銀行のカードローンを申し込んだ場合、次の2つの段階に分けて審査を受けていくことになります。

  1. 申し込み前にWEB上で行う仮審査
  2. 申し込み後に銀行が行う本審査

仮審査での聴取事項は銀行によって若干の違いがありますが、おおむね次の事項を入力していくだけで結果がでます。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 連絡先電話番号
  • 夫の勤務先の名称や勤続年数、年収など

これで仮審査通過の連絡が来れば申し込みをして、銀行のスタッフが本審査の手続きをしていくわけですが、仮審査はスルーしても本審査で通らなかったというケースも多いので、決して油断はできません。

審査の判断は銀行次第なので、何が原因で審査に通らないのかを明確にすることはできないのですが、本審査が通らない一番の原因は、申込書の不備や虚偽記載だといわれています。

本審査は銀行スタッフが申込書の記載内容を確認し、信用情報機関に照会をした結果とマッチングをしたり、申込書に記載された電話番号に直接電話をしたりして本人調査をしていくので、必要な部分をうっかり書き漏らしてしまったり、誤字などがあると、「怪しい!」と判断されてしまうのです。

もちろん、嘘の記載は絶対にしてはいけませんが、見直しをしておけばよかったような単純なミスで本審査に通らなかったというケースもありますので、仮審査の段階から油断せず、確実な申し込みをしていきましょう。

銀行のカードローンで専業主婦のお金の悩みを解決しましょう

専業主婦の皆さんは、夫に養われているという後ろめたさを感じがちですが、実際には24時間家事や子育てをしながら家計のやりくりをする、大変な仕事をしています。

夫の収入が減ったことで生活費が厳しかったり、冠婚葬祭や子供の学校の集金で思わぬ出費を迫られたり、ママ友同士のお付き合いでやむを得ない出費を迫られることもあって、お金が必要になることがあるのは当然です。

専業主婦の皆さんは家計を預かっている責任から、お金を金融機関から借りることに否定的なイメージを持っていることが多いのですが、2015年に金融庁が発表した「貸金業利用者に関する調査・研究」の調査結果によると、いまや社会全体の約52%もの人がカードローンなど何らかの金融機関を利用しています。

実際に生活費を補うためや生活に必要なものを購入するために、カードローンを利用している専業主婦は結構いますので、お金に困っている専業主婦はあなただけじゃないのです!

家計をうまく仕切れずにお金を借りることで、専業主婦としての自信を失う必要はありません。
月に1万円でも余裕ができれば、専業主婦の皆さんも気持ちに余裕がもてますので、お金に困った時は銀行のカードローン利用を前向きに検討してみてくださいね。

専業主婦が銀行以外のカードローンを申し込むのは危険!

専業主婦がお金に困っているとき、一番やってはいけないことは何でしょうか?

それは、配偶者貸付や銀行以外のカードローンではなく、消費者金融などのカードローンを利用することです。
「ええっ?でも、雑誌で「主婦もOK」なんて消費者金融の広告を見たことがあるんだけど…」と思う人もいますよね。
ハッキリ言います。

こういった広告は、貸金業法に違反をしてでも利益を上げようという悪質業者で、わずかばかりのお金を借りることはできても、犯罪被害に巻き込まれたり、借金をかたに別の犯罪に加担するよう強要されたりと、人生を台無しにされる可能性が極めて高いです。

繰り返して言いますが、専業主婦は消費者金融のカードローンでお金を借りることはできません。
専業主婦の場合は愛する夫や子供などの守るべき家族がいますから、相手の甘い言葉に惑わされてはいけません。

安全に、かつ堅実に銀行のカードローンを利用していきましょう。

専業主婦カードローンでよくあるQ&Aまとめ

ここまで専業主婦でカードローン申込みをする事についてご紹介してきましたが、紹介してきた事のなかで「これって何?」と思ったことがあったと思います。

質問と回答

その他に、専業主婦でカードローンを利用した事がある人が、実際に借入れを受けるまでに疑問に思っていたこと、よく質問がある事項についてのQ&Aをまとめましたので、カードローン利用前の参考にしていただけると幸いです。

「カードローン」とは一体どんなもの?

家族で生活をしていると、例えば一戸建ての住宅を購入する、故障してしまった車の替わりに新しい車を買うなど、貯蓄額以上の大きなお買い物の必要に迫られることがあります。そういった場合は最寄りの銀行にいって「住宅ローン」や「マイカーローン」を組むのですが、これはあくまでも決まった目的のためのローンであって、お金は銀行から直接建設業者などに支払われるので、ごく普通の主婦の「ちょっと、まとまったお金が欲しい」という時に利用できるものではありません。

そもそも銀行のローンは収入や資産のある人だけが申し込めるものであって、専業主婦は相手にもしてもらえない確率が高いのです。
これに対して「カードローン」は、借りる目的を問わないフリーローンです。
ローンカードを一枚作っておけば、決められた上限の中で必要な金額だけATMで現金をおろすことができ、自由に使うことができるのでとても便利ですよ。

「借金」には暗いイメージがつきまといますが、カードローンは手続きが簡単なうえにお金の引き出しがスマートですし、お金ができたらその都度ATMを使って返済をしていけばいいので、「借金をしている」という暗さを感じることがありません。

「3日後に夫のお給料が入るのに、明日の引き落としのぶんのお金がたりない!」という専業主婦の家計のやりくりにピッタリなお金の借り方が、カードローンです。
こういったカードローンは、銀行や消費者金融のほか、信販会社でも扱っています。

「総量規制」って一体なに?

初めてカードローンなどを利用する専業主婦の皆さんには耳慣れない言葉ですが、「総量規制」とは、1990年に当時の大蔵省から貸金業者に対して行われた、個人融資に対する制限をいいます。

その内容をわかりやすく説明すると、「個人に資金を融資する場合には、原則その本人の年収等の3分の1の金額までしか貸し付けてはいけない」という内容になります。

一部の除外はあるのですが、この総量規制では年収が0円である専業主婦には、お金を貸すことができないことになってしまうわけですね。
こういった総量規制が行われた背景には、1980年代後半に借金を抱える人が増え、悪質な貸金業者の高い金利や過酷な取り立てが社会問題になったという事情があります。

総量規制が実施されたときに一番困ったのは、どうしてもお金が必要だという専業主婦や学生さん達ですが、こういった収入のない人達こそ悪質業者の被害にあいやすいので、そのぶんお金の借り方が安全になったと考えて下さいね。

主婦は消費者金融のカードローンは使えないってホント!?

自分の財政状態が厳しくなってしまったとき、多くの専業主婦の皆さんが、「サラ金なら、収入が無くてもお金を貸してくれるかしら…」と考えるのではないでしょうか?

確かに消費者金融の営業所やATMは町中にたくさんありますし、お堅い銀行よりも簡単にお金を貸してくれるようなイメージを抱いてしまいがちですよね。

ですが、消費者金融は貸金業法という法律に基づいた規制を受けている貸金業者で、専業主婦の場合は総量規制の対象となってしまうため、消費者金融は専業主婦とカードローンの契約を結ぶことができません。

ただし、正規職員やパートとはいかなくても、不定期のアルバイトや在宅ワークなどで一定の収入がある場合には、消費者金融のカードローンが使える可能性はあります。

収入額や勤続年数、職種などによってカードローンが使えるかどうかが変わってきますから、専業主婦でも何らかの収入があるという場合には、お金を借りる幅が広がるかもしれません。

専業主婦は信販会社のカードローンも利用できない!

では、クレジットカードを発行している信販会社のカードローンなら、専業主婦でもカードローンが使えるのでしょうか?
今の時代、誰でも1枚はクレジットカードを持っているので、「審査をへてクレジットカードを持っているんだから、ローンも大丈夫よね」なんて考えてしまいがちですが、信販会社も貸金業法の規制を受けている貸金業者です。

総量規制の制限がありますので、信販会社も専業主婦がカードローンでお金を借りることはできません。
ただし、キャッシング機能のついたクレジットカードを持っているのであれば、専業主婦でも信販会社からクレジットカードのキャッシング枠のなかで現金を引き出すことはできます。

ですが、一般的に収入のない専業主婦の場合はキャッシング枠がそれほど大きくはありませんし、カードローンと比べて金利ははるかに高いです。
返済も基本的に一括返済なので、クレジットカードのキャッシングを安易に利用していると首が回らなくなってしまうことも…。

定期的な収入がないからこそ、専業主婦がクレジットカードを安易に利用するのは危険です。
専業主婦は安全に、かつ無理なくまとまったお金を借りる方法を考えていきましょう。

「配偶者貸付」とは?

専業主婦の場合は、総量規制があるために専業主婦は消費者金融や信販会社のカードローンを利用できないということはお話ししましたが、実はこの総量規制には、いくつかの除外規定があります。

その一つが、「配偶者貸付」と呼ばれるもので、生計を共にする夫婦に対しては、配偶者と併せた年収の3分の1以下の金額であれば、収入のない専業主婦にてもお金を貸付けても良いとされています。

この配偶者貸付を利用すれば専業主婦でも夫の年収を基準にカードローンの申し込みができるのですが、この配偶者貸付を利用する場合には、

  • 配偶者(夫の)の同意書
  • 配偶者の収入証明
  • 配偶者関係を証明する戸籍抄本などの書面

などの書面が必要です。
つまり、妻が夫に内緒でお金を借りるというわけにはいかないのです。

配偶者貸付を利用するくらいなら、むしろ夫本人にカードローンを組ませた方が早いので、専業主婦にとってはあまり魅力を感じませんよね。

さいごに

専業主婦の人で自分で借りれるカードローンがあるのか?という疑問を解消するのに少しでもお役に立てたでしょうか?

ここまでに、銀行カードローンでないと借りれるない理由や、知っておいてほしい金融業界の豆知識までご案内してきました。

ご紹介した内容は、どれも知っておいて損はない情報です。ぜひ、なぜ専業主婦でも借りれるカードローンとがあるのかをご自身だけではなく、ご家族、ご友人にもシェアしていただければ幸いです。